宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

運気=徳ー業(カルマ)

 


 

※この記事はミロクの世からの分離記事になります。

トピックが多かったので分けました。

一気に読みたい方は↑のリンクから飛んでください

 

 

 

 

 

 

問われるのは一人ひとりの魂そのもの

以前書いた八咫烏と菅原道真の記事の中で、チャネリング系ブログ記事を引用したけど、
読み直したら人間選別にも関連する気になる記述があった。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305015555j:plain

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305015639j:plain

 
八咫烏について記事を書いた時は、違った視点からの引用だったので一部しか読んでなかったけど、
これから3年(2017年時点の記事なので2020年頃を指していると思われる)で昭和天皇がこの世界に帰ってきて、
同時に大神様の大掃除が始まるという。
 
その際には、一人ひとりの魂そのものが問われるとある。
 
そして、全ての組織は支配の道具だったとして、
カラスも解散するべき組織、
組織を守って魂の消滅を招く事がないように
と強調されている。
 
 
ピンポイントに八咫烏に向けての警告?的な記事なのが謎だけど、
発信者のプロフィールを見る限り、チャネリングを受けながら記事を書いているように見える。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020209j:plain

 
“とある存在”とはどういう存在なんだろう?
 
最近、八咫烏に関わる人も出てきているようだし、
このタイミングで妙に目に付いたのも意味があることのような気もするので、
こういう考えもあるということで一応ピックアップしてみた。
 
 
 
さらに、開運ツイート企画で配った動画の中にも、同じような内容があった。
 
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020431j:plain

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020504j:plain

  
 
確かに一番大切なのは、自分自身が救われること(=徳を積んで運気を上げること)なのかもしれない。
 
 
“組織が不要”ということに関しては、
宗教に関するものとして似たような話しがあった。
 (一人ひとりの病気については個別のアドバイスが必要という文脈)

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020715j:plain

 
 
 
よく「これからは個の時代」と言われるけど、
色んな組織がどんどんダメになっていく傾向はあると思う。
持って生まれたものが違う以上、画一化される環境だとどうしても合わせる必要性が出てきて、それぞれの特性を生かしきれない気もする。
 
 
考え方が好きで、
何度も引用している松久正さんの言葉

 
 
お互いの個性化をサポートする時代

 

 

youtu.be

動画の8:09~

中部大学の武田教授は、元々原子力派に関わっていたが、
危険性を感じて安全委員会で発言したり、材料や資源の方に転向していた。
福島原発の事故を機に、本格的に反原発に転向したら、
原子力学会で受けていた待遇なども全部無くなり、
原子力の関係者や友だちだった人との関係も全部終わったらしい。
レッテルを貼ってグループに属してないとダメ(なのが日本の社会)

と話している。

 

人それぞれ意見もあるだろうし、何かをきっかけに考えが変わることもある。

やっぱりそれぞれ意見は違うことを前提に、お互いを尊重できるなら組織は必要ない気もする。

個人による情報発信でも、それに価値が認められれば十分に影響力を持てる時代になってきている。

言向け和す - 宇宙の法則の研究と実践

 
 
ベーシックインカムやテクノロジーなどを使って個人の生き方の選択肢を広げられるような環境を整備して、
個が尊重されながら、一人ひとりがその特性を発揮できて、
縄文時代がそうであったとされるような権力者のいない社会がいいと思う。
 
そもそもそれらの理念は憲法に規定されていることでもある。

商法は憲法違反 - 宇宙の法則の研究と実践

 
 
集まってなんかしたい人は、組織というか、
目的に応じて、その都度ゆるやかに群れるくらいの感じでいいんじゃないかな。
そこには上下関係や強制もない。
そう考えると世の中の構造も今とは全然変わっていくように思う。
 
 
 
 
 

大神様=シューマン共振波?

以前記事にも書いたとおり、
2020年に何か大きなことが起きるという話しは色々なところで言われてるけど、
さらに聖徳太子の『未来記』にも、
『2020年に世の中が全部ひっくり返って、ミロクの世になる』と書かれているのだという。
 
 
 
やはり2020年に何らかの出来事があるんだろうか。
 
 
 
神人さんの大日月地神示を読んでいたら、
神の定義について次のように書かれていた。
 
神とは何か?
人神信仰に洗脳されてきた歴史ゆえに受け入れ難い方々、靈人も多いことでしょうが、
本来の神とは、多重次元宇宙(無有)であり、日月地星(銀河)であり、
自然(火/水/木/岩/土/山/川/海/湖)、森羅万象(雨/風/雷/地震/水の循環)であります。
生命を育む司る仕組み、エネルギーの顕れを八百万の神と申します。

 

【日月地神示/抜粋解説】『と』の巻 より 7/11号 | 真実

 
 
 
ここもやはり思い浮かぶのは、ミロク氏も話していたシューマン共振波のこと。
 

 

 
これが急激に上昇することにより、地球上の生命体の遺伝子に何らかの影響を及ぼす…
 
=一人ひとりの魂そのものが問われる
 
ということなんだろうか。
 
 
 
 
 

徳積み効果

 
2020年に向けて一人ひとりの魂そのものが問われるなら、
なおさら運気=徳-業(カルマ)の方程式が重要になってくるように思える。
 
 
この前、道に100円玉が落ちていた。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305121811j:plain

 
これは自分も人から聞いた話だけど、
こういうのは宇宙の法則的には「神のテスト」というらしい。
 
 
これは開運チャンス!ということで、
早速すぐ近くの店にあった義援金と書かれた箱に、誰からもバレないようにイン(陰徳じゃないとダメらしい)。
 
店員:「ありがとうございま~す」(普通にバレた)
 
 
その数時間後スーパーのレジで並んでいて、
買い忘れたものを思い出して、並んでいた列から外れて取りに行った。
結構離れた場所。
 
戻ってきて列の後ろに並ぼうとしたら、さっき後ろに並んでた人がこっちを見てて、
わざわざ手招きまでして元の場所に並ばせてくれた(全然知らない男の人)。
 
普通なら前に詰めると思うんだけど親切過ぎた。
 
「神のテスト」の効果は即効性が高い。
 
 
 
よくよく振り返ってみると、これまでもこの「運気=徳ー業(カルマ)」の法則を感じることは多々あった。
以下いくつかのエピソードを紹介する。
 
 
1.
引っ越したばかりで中学に入る前の春休みに、妹と一緒に公園で遊んでいたらブランコのところにポーチが落ちていた。
 
それを交番に届けたら、その後に落とし主の女の子が、母親と一緒にわざわざお礼に来て図書券までくれた。
聞いたら同じ中学に入学するらしい。
 
その後にバスケ部に入ったら、その子も同じバスケ部に入部していた。
他の女子にも落とし物の話しをしたらしく、勝手にイイ人という噂が 笑
 
中3の夏の大会が終わった後に皆で花火をしていた時、その子から…
 
 
 
2.

 

 
 
3.

 

この後、投資で3000万くらい入ってきた。
色々開運法をやってたからこれだけの効果じゃないだろうけど。
(さすがにそこまでの徳は積んでないので即効しぼんだ)
 
 
「金の斧」の話し 

longago-hanashi.com

 
一見作り話と思える童話の中に真実は隠されているのかもしれない。
 
 
 
よく「お天道様が見てる」と言うけれど、お天道様=天照大神
 
 
 
なかなか「神のテスト」に遭遇しなくて、徳を積みたくてしょうがない人も多いと思うので、
ワンボタンで開運できる自動徳積みツイートを作った。
開運ツイート企画で配ってた動画5つをそのまま貼り付けたもの。
拡散されるほどに情報提供という意味で徳が積めます(動画参照)。
 
 
動画を見た人は、奪い合うことが業(カルマ)になることに気づき、
分け合う意識へ霊性向上(個人差あり)。
一人ひとりが魂を磨くことが最も重要。
損得より損徳の時代へ!