宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

人間やめますか ナメクジやめますか



色々家にあるものの断捨離をしていたら、しばらく使ってなかったダンベル(20kg×2セット)が出てきた。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190516184237j:plain



メルカリで出品したら即効売れた。

そのことで、あるエピソードを思い出した。

 



 



あれは忘れもしない10年程前。

自分は知り合いのツテでとあるバイクチームのツーリングイベントに潜り込んだ。

相模原の遊園地まで行って遊ぼうというもの。

夏の日差しが強く暑い日だった。

 

 

 


帰りの駐車場で30代のリーダーの一人が着替えるために目の前でTシャツを脱いだ。

その瞬間、自分は目を見張った。

目に飛び込んできたのは、凹凸のない、ヌルッとした、
重力に対してまったく抵抗感のない体…

 

お腹も出ていた。

割とイケメンな顔がそのギャップを引き立たせる。



その姿はまさしく









_人人人人人人_
> ナメクジ <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 








 



 





 

 

 

_人人人人人人人_
>       <
> ナメクジ  <
>       <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄











なめくじが!

服を着ている!!(失礼)

 

 

 

 

 

それ以来、人は重力に抗わずにいるとナメクジになるという恐怖感が、
定期的に筋トレをするモチベーションになっている。

 



特に肩が大事だと思う。

たいていのナメクジはなで肩だから。

いかにナメクジ型から離れるかを意識する必要がある。

腹筋も割っておいた方がなお◎。

 

 

誰しも加齢と重力という宇宙の法則には逆らえないと思う。

 

しかし抗いたい…人間でいたい…

そう思うのは人間の自然な願いではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

以下にヒトがヒト型であり続けるための簡単なトレーニングを紹介。

特にアウトラインや出っ張ったところを押さえておけばいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナメクジ化を防ぐトレーニン

f:id:utyuu_no_housoku:20190516175530p:plain

 


 

 

 

*脇を締めて腕立て

www.youtube.com

 

10回+10回を種類変えてやる→1分休憩→3セット繰り返す

を週2やるだけでも体のラインが変わります。

 

 

 

 

 

 

*アーノルドプレス

もっと肩幅が欲しいという人には、アーノルドプレスがオススメ。

toremo.jp

 

映画「ターミネーター」でお馴染みのアーノルドシュワルツェネッガーが好んで行っていたトレーニングのため、アーノルドプレスと名付けられた。

立体感のある肩になる。
でかくて丸い肩を作ってみてほしい。

 

 

例:NBAプレイヤーのドワイト・ハワード

f:id:utyuu_no_housoku:20190516114255j:plain

 

 

 

 

 

 

 

腹 

 

*色んな種類の腹筋

www.youtube.com

 

こういうサーキットトレーニングを週2くらいやるだけでもナメクジ化は防げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

*ドラゴンフラッグ

さらに腹筋を痛めつけたい人は、ドラゴンフラッグがいいかもしれない。

www.youtube.com

 

 

※腰を痛めないように注意 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルガリアンスクワット

お尻もその特性上、最もナメクジ化しやすい部位の一つです(独自調べ)。

特にブルガリアンスクワットはヒップアップ効果が高いです。

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人とナメクジは似ている

 

ナメクジの画像をじっと見つめた後、
お風呂に入る前にハダカの自分を薄目で眺めてみてほしい。

色合いといい、とても似ていることに焦りを感じるだろう。

まさしくヅラをかぶったナメクジ。


 

かの有名な尾崎豊の「僕が僕であるために」は、

ナメクジになりたくない想いを唄ったものだったとか、じゃなかったとか。