宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

ミロクの世

 

 

 

 

 

 

客が鳥になったのかな ~Twitterの可能性


3/14
Twitterのタイムラインに、塩谷舞さんという方のツイートが流れてきた。
自分は直接フォローはしていないものの、フォローしてる人の誰かが“いいね”をしてタイムラインに流れてきたらしい。
メヒコというレストランの中庭らしく、何匹ものフラミンゴが集結していた。

そのツイートについて引用リツイートで言及したら、
それが塩谷舞さん本人にリツイートされることになった。

フォロワ数が6万8000人くらいのアカウントだったこともあり、
自分のツイートも併せてTwitterの“モーメント”※というものに載ったようで、
通知が止まらなくなった。

※モーメント…Twitter上で話題のニュースをまとめる機能。

 

  

 

 

去年の夏にトレーダーのKAZMAX氏について勝手に占ってたら、本人から直接リプもらって軽くバズり気味になったけど、ここまで通知が来たのは初めて。
(KAZMAX氏に引用リツイートされた際は、1万7000インプレッション(広告が表示された回数)くらいだった。
今でも「KAZMAX 生年月日」で検索すると自分のツイートが出てくる)

 

「客が鳥になったのかな」ツイートへのいいね&RTの通知が鳴りやまず呆然としていたが、
徳積みチャンスとして活かすべく、リプ欄に例の開運動画を貼り付けて拡散を目論んだ。

 

 


塩谷さんは6万6000人くらいフォロワがいたということもあって、
元のツイートはあっという間に10万以上ものリツイートがされていた。

自分の「客が鳥になったのかな」ツイートは、最終的に86万人以上もの人の目に触れることになった。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409163011j:plain

 

 

こんな思い付きで書いた13文字が、86万人もの人の目に触れるとは…
年始のZOZO前澤氏の1億円お年玉リツイート企画に続いて、
改めてTwitterの拡散力・可能性を感じた出来事だった。

 

utyuu-no-housoku.hateblo.jp


 

↑この元記事を書いたのが1月中旬だけど、
思えば自分からほとんどフォローして無いにも関わらず、
2、3ヶ月でフォロワが300人から430人くらいに結構増えてる。


個人的にはTwitterくらいの緩やかな群れみたいなハッキリとした括りがない感じは自然発生的な縁ができやすい環境でいいと思う。

これが人為的に作ったグループとかになると主催の一存次第で不利益被ることもあるし、
個人的なつぶやきから派生して色々な繋がりができていく感じは気楽で丁度いい。
そういう意味でも個性が問われる。

2月以降、やり取りが急に増えて一時返信が追い付かなくなったけど、
ある意味“自分を生きる”にはいいプラットフォームだと思った。

 

 

 

あなたはシャーマン

 

YouTubeを見ていたら、あなたへのオススメに、
やたらシャーマンに関する動画が上がってきた。

 

3/15
実はあなたがシャーマンという可能性

 

3/16
もしかしてあなたはシャーマン?

 

 

3/17
あなたは既にシャーマン

 

 


3日連続で出てきて、いつの間にかシャーマンと決めつけられている。
自分はシャーマンなんだろうか?


昔、美容院に行った時に無神経な美容師に当たってしまい、
美容師から頭の形が良くないようなことを言われた。
そんなに直で言わなくてもいいんじゃないかと思った。
だから頭を剃ることには抵抗があるし、下手すればピーマンになってしまうかもしれない。
(シャーマン=坊主じゃないとダメかは知らないけど)

ピーマンヘッドを晒すのはなるべく避けたい。




試しに、「毛の生えたピーマン」で検索してみたら、
登録者1人つき毛が1本生えるピーマンというチャンネルをYouTubeで見つけた。

 

www.youtube.com

 

 

20日後

f:id:utyuu_no_housoku:20190409165033j:plain

 

36日後

f:id:utyuu_no_housoku:20190409165106j:plain

 

82日後

f:id:utyuu_no_housoku:20190409165134j:plain

 

 


この記事の執筆時点で登録者が1600人以上になってやばい感じになってるけど、
毛の生えたピーマンあるかなと思って、探してすぐ見つかるのも、
思考が現実化しやすい時代だからとも言えるかもしれない。

ネットで探せば大体見つかる便利な時代になった。

 


シャーマンについて考えていたら、
シーマンというゲームがあったのを思い出した。

 

シーマンも探せばすぐ出てくる。

 

middle-edge.jp

 

 

毛の生えたピーマンやシーマンの話しはさておき、
自分があったらいいなと思うものは、他の人も思っているということは多い。


逆に今まで誰も考え付いていないことを探す方が難しいかもしれない。

 

求めよさらば与えられんとも言う言葉もあるように、
あったらいいなと思うものを自分から求めることも必要なのかもしれない。

 

 

銀座まるかん創業者の斎藤一人さんもこれに通じる話しをしている。

 

 

この話しを聞いていると、ある意味自分たちが見えない集合意識のようなもので繋がっていて、波長を合わせることでそれらにアクセスしているとも感じられる。

 

100匹目の猿現象」という話しもよく言われている。

 

 

 

 

陰陽師

 

どっちかと言えばシャーマンというより、陰陽師の方が興味がある。

 


上のツイートに書いたサイトによると、霊能者と陰陽師の違いとして、

 

霊能者が、
「霊や霊的な現象に対して、波長を合わせられるようになった人」
であるのに対して、

 

陰陽師は、
「霊能力も持っているが、陰陽道に基づいた「理論」と「術」があり、それを実践できる人」
としている。

 

サイトより引用

陰陽道は、陰と陽、木・火・土・金・水の五行から、この世の中の森羅万象を読み解く理論体系です。
その理論の核となる陰陽五行論は中国で生まれ、1400年以上前に日本に入り、それから日本で独自の進化を遂げてきました。
陰陽師はそのような長い歴史に育まれた、理論と術をもっているのです

霊能者は各々が独自の世界観をもっており、多くの場合、理論的な体系はありません。
もちろん全ての方に当てはまるわけではなく、人によって特定の宗教や、スピリチュアリズムなどの理論体系に基づいたお話をする人もおられます。
また、複数の宗教を組み合わせて独自に構築した理論を語る方もおられます。
しかし日本では、多くの場合、霊能者は理論体系をもたずに、極めて感覚的に霊を語ることが多いようです。

また、霊能力やコミュニケーション能力にも個人ごとにバラつきがあるため、まったく同じ霊現象を感知して語る際にも、霊能者ごとに解釈や、相談者へのアドバイスが異なってきたりします。
私はそれを良いとか悪いとか言っているのではありません。
あくまで"そういう傾向がある"というお話です。

私たち陰陽師には、陰陽道という確固たる理論体系があるため、アドバイスは一貫しており、ブレがありません。
また、陰陽道に基づいた"術の実践者"であるため、目的をもって術を施すことができます。

その点が、霊能者と陰陽師の大きな違いだといえるでしょう。

 


坂本廣志さんの動画の影響もあって、今年に入ってから妙に“魔物”や“悪なるもの”の存在が気になって、
お祓い法に凝っていて、桃食べたり、九字切りをしていたり、真言を唱えたりしている。

また3年くらい前から部屋の東西南北には四神相応の置物を置いてたり、
方位術についても興味をもって実践しているし、
毎年易占で一年を占う。

振り返れば興味が湧く対象は陰陽道に関することが多かった。

 

 

自分の父親が京都出身で、ご先祖が菅原道真に関係していた人だったと度々書いているけど、
陰陽師早良親王菅原道真の怨霊を沈める役割を担った(後述)ことを考えると、
もしかしたら陰陽師にも関連していたのかもしれない。

名字由来.netで自分の苗字を調べると桓武平氏辺りにルーツがありそう)


元々、昔流行った「動物占い」のメカニズムや理論が知りたくて、
それについて調べたことが陰陽五行説に触れるきっかけになった。
西洋占星術の本なども読んで一時興味もあったけど、
陰陽五行説が元になっている四柱推命の方がしっくりきた。

干支は年、月、日、時間に割り当てられていて、古代から連綿と続いているわけだし、
何らかのエネルギーの流れを表している宇宙の法則だと思っている。

方位術である奇門遁甲についても陰陽五行を使ったもので、普段から使っているけど、
作盤の方法などがかなり複雑で、数千年前の古代の人間が0から考え出したとは到底思えない。

そうしたものを人間に伝えた何らかの人智を超えた存在がいたのかもしれない。



陰陽太極図は宇宙背景放射に見える説

 


サイキック的な能力でそのまま答えが分かるのは羨ましいけど、
こんな風に陰陽五行で見ることも、見えないものと見えるものを結ぶ見取り図としての意味があるのかなと思う。

五行的解釈 - 宇宙の法則の研究と実践

 

 


陰陽師と言えば、やっぱり思い浮かぶのは安倍晴明

www.youtube.com


動画消されてしまったけど以下引用

陰陽師は国家の機関である陰陽寮の役人で、当時は陰陽寮の役人以外が占う事は禁じられていた。

安倍晴明は40歳を過ぎて天文道の研究生になった。

星の異変は神からの警告と考えられていた。

早良親王(さわらしんのう)の祟り以来、対処するために陰陽師が重用されるようになった。

鎌倉時代室町時代には関東に下って将軍家に重用された。

江戸時代にも名字を変えて徳川家に仕えた。

明治維新で新政府が陰陽道を禁止し衰退した。 

 

 


陰陽師のバイブルとも言われる秘伝書に「簠簋内伝(ほきないでん)」というものがある。

安倍晴明『簠簋内伝』現代語訳総解説

安倍晴明『簠簋内伝』現代語訳総解説

 

 

既に持ってる安倍晴明占術大全と内容がほぼ同じ(+宿曜道を加筆らしい)とのこと。
(概ね内容は同じで、上の方が新しいバージョンのようです。)

 

 

簠簋内伝(ほきないでん)と聞いてピンと来なかったけど、
たしかに安倍晴明占術大全をよく見ると簠簋内伝(ほきないでん)と書いてあった。
(漢字読めなかった)


ちなみに坂本廣志さんの動画の中で、安倍晴明の母親は朝鮮人だったとする話があったけど真偽は不明。
色々調べてみると、安倍晴明の母親は、人間に化身した狐だったとする説などもあった。

 

陰陽師は、早良親王の祟り以来、対処するために重用されるようになったとあったけど、
この早良親王については、坂本廣志さんが「大魔王」だとして興味深い話をしていた。

 

 


陰謀で罪を着せて流刑って、菅原道真大宰府への左遷もそうだったし、
地球の霊界を作り、天照大神の元となったとされる高等生命体も、
大管理者に責任を押し付けられて地球に「星流しの刑」になった科学者たちだったとする話しもあった(これも坂本廣志さん情報)。

 

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 


宇宙でも地球でも同じようなことが起きているらしい。

 

 


安倍晴明の動画を見ていたら、
実は菅原道真の怨霊を沈めたのも安倍晴明だったことが判明。

 


陰陽師八咫烏には深い関係があるらしい。

 

 

 

菅原道真自身も悪魔祓いの神事をしたり、神仏とのチャネリングをしていたとも思われる伝説や逸話がある

 

 

 

 

 

 

 

算命学

 

陰陽五行と言えば、四柱推命や算命学もそれらを使った占術だけど、
先日、Twitterのフォロワさんで占い師をされている水木レイさん(@mizukireifuku) に、
算命学での公開鑑定をやってもらった。

 


四柱推命は生まれた年・月・日・時間の干支から占うものだけど、
算命学では時間は見ないで、年・月・日の干支から判断するものという認識があった

四柱推命は時間も見る分、細かく見れるんじゃないのかな?と思って、
算命学の本より四柱推命の本の方が読んでたけど、
そういうわけでもないらしい。


算命学と四柱推命の違い

uranai-nagno.com


算命学では1日という時間を宇宙の時間の最小単位として捉えている…
生まれた日に宇宙から与えられたエネルギー、その「空間の範囲」を明らかにしていく…
なるほど。


算命学と四柱推命の違いについて

ameblo.jp

 

四柱推命は算命学から発展したものだと言われていることは知らなかった。
生時など分からない人も多いことを考えると、年・月・日で占う算命学は事例も多く独自の発展を遂げているのかもしれない。

算命学は ロジックな占法
四柱推命は イマジネーションを使える占法

というのも面白い見方だと思った。

 


それで、今回鑑定してもらった内容だけど、
周りをほっとさせてるかは自分ではわからないけど、
自分の興味の湧くことを最優先している自分にとっては、
「興味を持つことにはとことん探求心を発揮する」というのはかなり当たっている。

父親は子どもの頃から仕事で忙しく、あまり話しをしなかったこともあり、
関係は良くはなかったと思う(自分が22歳の時に他界している)。

確かに年上よりも年下の方が関係はよく、
基本的に誰かの下で活動するような環境には身を置かない傾向はある。
(主催するかソロでやる方)

2年前くらいから仕事の環境がガラッと変わったので、ドンピシャですごいと思った。

いま婚期が来ていて来年再来年がチャンス大らしい。
これは四柱推命でいうところの財星と同じかな?
司禄星の大運を調べたら2025年頃まで続くようだった。
モテ期だったとは 笑


伝達本能が強くて、マスコミ関係や物作り、芸術関係、ライター等創造性や思考をアピール出来る仕事がいいということだけど、
ここは特に気になったので掘り下げて調べてみた。




五本能の一つ~伝達本能について

sanmei-eiko.hatenablog.com

 

伝達本能というのは、自分で学んだことや習得したものなど
伝えていく、伝えていきたい、という本能です。

十大主星だったら、鳳閣星(ほうかくせい)と調舒星(ちょうじょせい)。 

 


確かに算命学の命式が算出できるサイトで見てみたら、
陽占図は、
中央:鳳閣星、西:鳳閣星、東:調舒星
になっていた。

 

鳳閣星は陽の星でのんびりとした、万人受けする伝達。
調舒星は陰の星で神経質で、万人受けしない、個人向けの伝達。

鳳閣星が皆に当り障りのない伝達をするとしたら、
調舒星を持つ人は、賛否両論ある様な個性的な伝達になるようです。

そして

前者はのんびりしているのに対し、
後者は神経質、繊細。

前者は急かされるのが嫌いで、
後者は傷つきやすいのが特徴。

 

これは発信してる内容を見ても、
万人受けしそうなものとマニアックで伝わらないものが混在してる感じだと思うので割と納得できると思う。

 

伝達するということは、何かを継承していく事なので、
子孫や未来を意味します。

また、食べ物や健康などもこの分野。

伝達の星を持っているなら、芸術は勿論のこと、
子供に携わる事や食、グルメ、健康にこだわる傾向があります。

逆に、この星を持っていないのに、こだわっている場合は
本来、別の目的、、、

お金、名誉、ビジネス、人気などが モチベーションになっている可能性が高い!、、、と思う!

 

自分がここ最近Twitterやブログなどをやっている理由は、
自分が興味が湧いて学んだものを、何か一つの形にしたい、表現したいという欲求から来ていると思うので、
確かにそこにはお金、名誉、ビジネス、人気などの意図は薄いとは思う。

書くこと自体で満足で、後の要素はおまけみたいな感じかも。

意外にそれらが人の役に立つことがあることを知ったので、
情報提供という意味でボランティアもできて一石二鳥でいい。

汚れないピュアさが伝わったと思う。


これ前も書いた気がする。

 

 

算命学の宇宙盤というのも面白かった

 

 

 


自分の干支で宇宙盤を作ってみると、習得・知恵、守備・安定寄りだけど、
これは行動面に出る部分らしい。

ここに伝達本能が合わさるとバランスが良さそう。

こうやって記事を書くようになったのも、本能の部分が出てきてるのかもしれない。
本能のままの情報発信を受け取ってほしい。

 


四柱推命も面白いけど、算命学の見方も面白いと思った。
今度算命学の本も買ってみようかな。

 


水木レイさんはcoconalaという占いサイトでもサービスを出品されていて、
福岡で対面鑑定もされているようです。
きっと自分を知る手掛かりにもなると思うので、興味のある方は是非占ってもらってみてはどうでしょう。

 

profile.coconala.com

 

funlife-plan.com

 

 

 

 

 

 

不動明王真言


映画「陰陽師II」の1シーン。
真言を唱えている(映画用に作った真言らしい)。

 

三種の神器のひとつでもある勾玉が光ってるのも意味深。

 


陰陽師も、道教密教修験道に由来した呪文や真言を唱えていたらしい。

 

serendipity-japan.com

 

 

3/16
開運動画の便乗拡散・徳積み効果の好転反応かはわからないが、
Twitterでバズった直後に1年半ぶりくらいの結構重めの風邪をひいてしまった。

2日半も鼻水が止まらず、週末外に出ることができなかった。
こんなに鼻水が出たのは初めてかもしれない。

同じタイミングで体調を崩してる人も多いようだった。
naokimanも風邪をひいたようで完全にタイミングが被っていた。

スピリチュアル的には3月21日の春分の日が「宇宙元旦」と言われてるようだったけど、それに向けての禊(みそぎ)なんだろうか?

まあ、単に急激に寒くなったもせいかもしれないけど、
スピ的にはエネルギーが変化することでそのような浄化反応が起きることがあるらしい。

 

自分も1年半前くらいから真言を唱えてみてるけど、
唱えるとすぐに効果と思われる現象が出てくる。

 


3/19
大国魂神社谷保天満宮参拝

 

 

不動明王が銭湯に

 

 

こんな感じのやつ

f:id:utyuu_no_housoku:20190409184412j:plain

 


風邪の病み上がりで結構体がしんどかったけど、真言唱えたらみなぎる感じで元気になった。

syukatsulabo.jp

 


不動明王は人々の煩悩を除く役割をしっかりと担っているらしい。


これを聞く限り、不動明王はいいやつそうに見える。

 


坂本さんが反抗してる?

 

 

3/23
その後、不動明王の画像の人にフォローされる。


f:id:utyuu_no_housoku:20190409185148j:plain

 

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409185219j:plain



 

 

3/30
道端に不動明王が出てくる。

f:id:utyuu_no_housoku:20190409185315j:plain



 

 

4/5
平成狸合戦ぽんぽこ不動明王が出てくる

 

 


4/7
フォロワのレイキぶどうさんの守護霊がシヴァ(=不動明王)なことが発覚

 


レイキぶどうさんは先月ブログ記事の中で自らの怒りについて「激おこぷんぷん丸」と書いていた。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409185446j:plain

 

 

不動明王について、ツイートしてたかなと思って過去ツイートを辿ったら、
2年前に不動明王に対して「激おこぷんぷん丸かよ」とツッコミを入れていたことが判明。

(使ったのこれが最初で最後)。

 

という感じで、不動明王に関するシンクロがやけに続いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 地球を救う者

神人氏の講演会

 

3/21
この前シンクロもあった青森出身京都在住のシャーマンの神人(かみひと)氏。

 


開運ツイートの画像とのシンクロもそうだけど、
青森出身京都在住と言えば、
自分の親の出身地が、父が京都、母が青森だったので、その点でも縁を感じた。 

 

 

神人氏は、北は北海道、南は沖縄まで全国を飛び回って講演会やライブを行ってるらしく、
ライブ情報を見ると週末は毎週、平日にも一部行うなど、精力的に活動しているようだった。

神人氏を知った直後に近くであった講演会は満員御礼だったけど、
その次の3/21春分の日にも、東京の新宿で講演会があるとのことだったので、満員御礼になる前に早めに申込んでみた。

YouTubeでスピ系の講演動画などはよく見てるけど、実際に参加するのは何気に初めて。

ということで当日。
会場は新宿区にあるヒカルランドパーク。
ヒカルランドはスピリチュアル系の本の出版社で、松久正さんの本など何冊か読んだことがある。

参加者は約60人くらい+運営スタッフ数名。
セミナールームのような場所で満員だった。

年齢層は3~60代といったところで、年配の人の割合が多かった。

会場には浄化のためなのか透き通った鐘のようなBGMが流れていた(なんていう楽器なんだろう?)。

この音

神人-kamihito- 浄音ライブ 1部 - YouTube

 


ヒカルランドパークでは、
丁度直前に勧められていた健美茶というモリンガ(マルンガイ)も売っていた(たぶん神人氏の講演会とは別に)。
ソマチットが増やせるらしい。

このフィリピン産のやつがいいとか。

マルンガイ(モリンガ) 『健美葉』 粒タイプ

マルンガイ(モリンガ) 『健美葉』 粒タイプ

 

 


動画はDreamers TVというニコラス君というらしいけど、
LA在住でソファといいnaokiman風(naokimanリスペクトしてるらしい)。

少ししか動画見てないけど、クオリティ高くて勢い感じる。
若い世代からも都市伝説系YouTuberがきてる。

他の動画も合ってるかはわからないけど独自の視点からの考察もあって興味深かった。




神人氏の今回の講演会のテーマは、
「神人がシャーマンになるまでの経緯」、「悪の改心と内部崩壊の加速化」、「質疑応答」で、

休憩を挟んで3部構成。


前回の記事にも書いたけど、
突然シャーマンのマスターコースを勧められるという、予期せぬ展開になった自分にとってタイムリーなテーマだった。

シャーマンなんて身近にいないし、前回沖縄シャーマンと対談するまで、ゲームの中出てくる職業くらいしか知らなかった。
人はどうしてシャーマンになるのか?

 

 

神人氏はシャーマン歴20年くらいらしい。
上京した当時は六本木で夜の仕事をしていて、女性やお金に対する欲求が強かったようだった。

サイトに載ってたハイパフォーマンスなライブの様子や、本当の意味で神掛かった大日月地神示の字面から、
真面目で品行方正なイメージだっただけに、これには意外だった。

ただ色々行き詰っていく中で子どもの頃にあった霊感が復活して、
体が勝手に動くなど不思議なことがどんどん起き出して、
誘導されるように「日月神示ひふみ神示)」を買うに至ったとか…。

その後意味も分からず日本中の神社を巡るなどしていたらしい。
(自分も体は勝手には動いてないけど3年前から神社巡ってるので動線がかぶる💧誘導されていたのか?)

話しを聞いてると悪いものに憑依された体験など壮絶で、霊媒というのは結構リスクがあるように感じた。


調理師が調理師学校出たら一人前ではないのと同じように、
霊媒、霊感者もそういう能力があるからといって一人前ではないらしい。
審神者のできない霊能者はいいように弄ばれたり、人集めの足場にされるという。


昨年、やりすぎ都市伝説でチャネリングが取り上げられたり、
都市伝説系YouTuberの間でもそれらをテーマにした動画がアップされるなど、
(自分も記事書いたし)
ある種のチャネリングブームと言ってもいいかもしれない。

ただ実はチャネリング霊媒という認識はまだ一般的でないし、
自分も今年に入ってシャーマンという職業の実態を知るまでは、
霊的なものとは別に考えていた。

まして、凶悪なものに憑依されるリスクなども十分に理解されていないように思う。
横文字でカモフラージュされてる気がしないでもない。

チャネリング = 霊媒 - ルーン魔女KAZ★実用ルーン占い



スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんが言ってたけど、
天使→菩薩
聖母マリア→観音
らしい。

確かに日本語にすると渋いし女性ウケはしなそう 笑

 


神人氏は、事実でないことを喧伝し、金儲けに走っている宗教やスピリチュアル業界の現状へ批判的な意見を強く持っているようだった。

ameblo.jp



ちょっとその辺りは本を読んだりYouTubeで動画を見るくらいだし、
宗教も成り立ちが気になって研究はしていても、活動には直接関わってないので(この前誘われたけど)業界のことは詳しくは知らないけど、
たしかに人によってはすごく良いこと言ってるのに、サロン代として結構な高額を提示してるのを見ることはある。

皆生きていくためにしょうがない部分もありそうだし、
お金を払う人がいるから成り立ってるとも言えるかもしれないけど、
弱いメンタルに漬け込んだり、見えない力によって洗脳などが行われた結果だとしたら、それはちょっと問題がある気がする。

その辺りの正しい認識を持つことはを大切だと思った。


坂本廣志さんの話し。

youtu.be

 

5:08~
禅宗でも真言宗でも、唱えてるお経の中みんな良いことばっかり言ってるように思うけど違う。
早く金持ってこいとちゃんと書かれてる。
皆分からないでお経上げてる。
一座の成すものは全て財を投げうってでも、そこのお寺に寄進せい寄与せいと。
知らず知らずのうちに洗脳されてる。

ちゃんとした禅宗真言宗でもやる。密教でも。みんなある。
その家にある財産全部を投げうって出すのがお布施。
心でこれだけ差し出すのはいいけど、早よ持ってこい、そら持ってこいと。
全て出したら一座の功を成す(お金を出す)者は救われると。
それを分からないで上げてるからつい出してしまう。

 

霊的な能力に目覚めると、自分が特別な者になったとか選ばれし者なんじゃないかとか、
世界を変えるんじゃないかとか勘違いして、
巡礼めぐりとかやり出して知らない人たちがぞろぞろくっついていくのは、
霊媒初期あるあるだとか…。
スピ系のツアーでよくあるかも。

ただ、この現実の社会システム自体、1%の富裕層が世界の富の80%以上を独占していたり、
利権のために何千もの封殺された発明や特許がある(映画「シリウス」より)ようなイカサマとも言っていい前提の中で、
お金のために仕事に追われているような部分も多い状況だし、
現実もスピリチュアルも嘘、偽りが多いというのも地球人もなかなか大変だと思う。


ただ、地球を支配しているピラミッドの天辺の強力な悪魔霊団はいなくなり、
今その下の中間層の霊団の洗脳を解くことが急速に行われていて、改心したり吸収合併しているようだった。
(ちなみにその悪魔システムの底辺にいるのが俺たち)

だから現実世界もこれからどんどん変わっていくようで期待ができそう。

その前に日月神示で預言されてる世の立て替えが起きるという説もネットを見ると結構あるので、その辺りは気になる。

tocana.jp

 


2018年は過ぎたけど、子の年は2020年だし、
前後10年が正念場ということは2030年頃までが要注意ということになる。
(この記事によると人々は一度全滅って書いてるからとりあえず全員死ぬっぽい)

 


神人氏の講演会は、丁度自分が聞きたかったことをタイムリーにそのまま話してくれて、
終始目が離せず、非常に濃く面白い講演会だった。


相変わらず、シンクロで導かれて気になって、注目する人とはさらにシンクロするというような現象が続いている。

すべてのことは必然で起こっていて、出会う人も出会うべくして出会っているという話しもよく聞くけど、
神人氏も講演会の参加者に対して同じようなことを言っていたし、自分自身もそれを実感した。

講演会用の教本テキストとして、会場で1500円で売っている「真実の扉」という冊子に、
宇宙や霊、神といった存在や死後の世界などについて、
シャーマンとしてあらゆる異次元存在との交流・対話の中で学んできた実体験を元にした話しがまとまっていて、とても参考になった。

ただ補足が必要なものらしく、講演会毎にテーマを分けて詳しく話しているらしい。
ワークショップやライブなどもやっているようです。

個人的にはお祓いブームなので、浄霊・浄化がテーマになっている回に是非また行ってみたいと思った(ネット配信があればいいんだけど)。

予定を見ると盛況なようで、翌月の東京での予定(この時点で4月の予定)はほぼ満員御礼だった。

もし参加される場合は、前もって申し込んだ方がよいようです。


詳細はホームページ参照

神人公式サイト

 

 

著書のご紹介

シャーマン神人による「しあわせになるための本」

  

しあわせ手帳

しあわせ手帳

 

 

一陽来福

一陽来福

 

  

 

 

 

すべての者を救う書「大日月地神示」

 

神人氏は、日月神示の現代版とも言われている「大日月地神示」を、自動筆記で書いたことで知られている。

神示をスマホの朗読機能で読み上げると霊が浄化されると聞いたので、サイトに掲載されているものをたまに流している。



神人氏の講演会に参加する数日前に、自分のブログの「666」の記事へコメントがあり、
「予言書」と題して、大日月地神示を取り上げた記事へのリンクが貼られていた。

 

大日月地神示調べてみると、自動筆記が始まったのが2006年6月6日らしい。
666…

 


 

日月神示は、2017年12月27日の神示が最後の教えということで、
2018年5月に前巻・後巻が発売されている。

大日月地神示【前巻】

大日月地神示【前巻】

 

 

大日月地神示【後巻】

大日月地神示【後巻】

 

 

 


大日月地神示の最後には


「読んでいるだけで、「大日月地大神御霊」の大霊団から気が流れ、
読んでいる人、その人に関わる霊団が改心できるようになる」

「読んでいるだけで、改心でき、いい気を発するようになり、
その周りの人々も改心され、やがて病気も癒えていく」


と書いてあるらしい。



本の概要はこの記事によくまとまっていた

kakuyomu.jp



まだ少ししか読んでないけど、肉食の禁止などが書かれているらしい。
神人氏もビーガンで知られる。
試しにsats人(さつひと)になってみるべく、いま2週間くらい肉を食べていない。




この神示を降ろしたのは、
大日月地大神御魂(おおひつくおおかみおんたま)という大霊団で、
銀河を全部見てる大銀河霊団だとか。

スピリチュアル界隈で言われてる「宇宙連合」と同じものだろうか?


かなり強そう&浄化作用が強そう。


 

買ってみた。

 



帯に、
「この神示、世界中の民に読ませてくだされ。すべての者 救う書となりますぞ。」
と書いてある。

 

 

 

 

救世主の条件



神人氏といえば青森出身みたいだけど、
坂本廣志さんがYouTubeの動画の中で、
これから地球を救う救世主が、キリストの末裔がいる青森から出てくるんじゃないかという話しをしていた。



キリストは天皇と中等生命体グレイとの混血で、
青森に末裔がいる説(坂本廣志さんの話し)

 

このツイートしたら、
フォロワさんより、ポールソロモンの予言の中に出てくる救世主のヒントとも一致するという返信があった。

 

 

 


<ポールソロモンの予言での救世主のヒント>

日本人男性
北から現れる
1991年次点でまだ若い
武道をやっている
青木先生という師がいる
宗教を無くす
愛の法則を説く

 

 

丁度この返信をもらう直前に、ネットで神人氏のことについて色々と調べていて、
返信を頂いたハナリンさんのブログを見ていたシンクロだった。



記事には神人氏の講演会に参加した時のことが書かれていた。

神人さんの守護霊団はアルシオーネという地球のある銀河系以外からも応援が入っているらしい。
琴座との縁があるとか。

 

 

ポールソロモンの予言について気になったので調べたら、1991年当時の映像が出てきた。




確かに

神人氏は、「神人霊媒日記」の中で、宗教の在り方について問題提起をしていた。

ameblo.jp



また神人氏は、地球を愛(いつく)しむ人が増えることを願い開催されているチャリティーイベント『地球愛祭り』の発起人でもある。


青木先生のところだけちょっと怪しいけど、概ね救世主としての条件はクリアしているように見える。


“すべての者を救う書”大日月地神示は要チェックかもしれない。

 

大日月地神示【前巻】

大日月地神示【後巻】




ポールソロモンの予言に出てくる、
“救世主が「愛」と「全てのものが一つである」という法則を世の中の人たちに教えます”
というのは、

 

以前記事に書いた
「サナンダ意識(キリスト意識)」や「One for All,All for One」
と同じことを言っているように見える。

 

眠っているDNA

 

 

 

 

 

シリウス縄文意識の復活とミロクの世

アンドロメダからの指令~シリウス龍神と縄文スピリット




救世主と言えば、坂本廣志さんのYouTube動画のコメント欄に、
保江邦夫氏の名前も挙がっていた。

 


実際保江氏は、

愛の法則に関する本や

 

道家として合気の本も出している。

合気完結への旅: 透明な力は外力だった

合気完結への旅: 透明な力は外力だった

 

 

 

 

 

 

 

アンドロメダからの指令

 

 

保江さんと矢作さんは、アンドロメダ星雲で生まれて、シリウス経由で地球に来たらしい。




アラハバキ”の感性と龍神がきてる


アラハバキ」は縄文時代に信仰されていた神だとする説がある。

 

 

 
縄文時代では自然と調和した生活をしていて、
墓の配置から権力者がいない平等な社会だったと言われている。
そういう感性も戻ってくるということなのかもしれない。

s.webry.info

 

確かに最近のニュースなどを見ても、
ハラスメントなどが問題になったり、上下関係や権力に対する反発が目立ってきているようにも思える。




自分自身、去年2018年にシリウス龍神からサインを受信していた理由にも繋がる。

虹や8を頻繁に見るのは龍神が近くにいるサインらしい)



2018年8月8日にはSIRIUSという曲が発売

 



BUMP OF CHIKINの2018年の新曲も「シリウス」だった。

 


矢作直樹氏と言えば、元東大救命医で、東大名誉教授。

保江邦夫氏も、理学博士で、数理物理学、量子力学脳科学などを専攻し、ノートルダム清心女子大学の教授をしている。

社会的に立場のある人が、普通にアンドロメダとか、シリウスから来たと自称しているのも、スピリチュアル的にも大きい意味がある気がする。

最近、矢作直樹氏は、スピリチュアルカウンセラーの並木良和氏とも講演会を行ったりしている。
YouTubeで「矢作直樹、並木良和」で検索すると講演会の動画が見れます。


シリウス龍神の気配を感じていた自分自身が、同じくシリウスに関連があると話している保江氏や矢作氏と同じように、
“リセッター”の角田さんのお店へシンクロに導かれて行くことになったのも、偶然ではないのかもしれない。

この前フォロワさんたちと宇宙会議もしたし、行きつけの溜まり場になりそう。


 



カクミチオさんの動画はYouTubeにもあった。

www.youtube.com



アメリカ政府が公にUFOや宇宙人情報を発表する日も近いかもしれない。

 

 

 

アンドロメダシリウスと言えば、
インドのマハーバーラタという叙事詩に、
ムー、アトランティスの間で起こったとされる争いの様子の中に出てくるらしい。

核兵器を使ったとしか思えない記述だとか。

 

何度も紹介してるけど、

瀬織津姫とムー大陸再浮上

より抜粋

 

かつて自然と調和して生活しているムーと、調和から外れ高度なテクノロジーを駆使するアトランティスが存在した。
2つの文明の間で争い起こり、アトランティス側が核兵器を使用しムーは海中へ沈んだ。
アトランティスも地殻の大変動が起こり海中に沈んだ。

インドのマハーバーラタという叙事詩はその当時の様子を伝えていると言われている。

アトランティスが沈む際に、シリウス、プレアデス、アンドロメダを中心とした宇宙船が上空に現れ、
一部の光の心を持った人々を救出(旧約聖書ノアの方舟と大洪水?)。
世界各地や“地下都市”に移動させた。

当時生きてその体験をした人々がこの時代の地球に数多く転生しており、
アトランティス人は主にアメリカ、ヨーロッパに、
ムー人は日本や台湾、ハワイなどに転生している。
(ただし日本人の多くはどちらも体験)

ムー大陸シリウス人のエネルギーが強く影響している。

海中に沈む際に、地下都市、南米、インド、チベットポリネシア、日本へ人々を輸送したが、
その指揮を執りサポートをしたのが瀬織津姫(シリウス人)で、そのことが後に、古代日本における女神信仰に繋がった。


瀬織津姫シリウスを故郷とする縄文の女神と言われている。
シリウスとはギリシャ語で、光り輝くもの、という「セイリオス」から来ていて、

セイリオス→セリオス→セオリス→セオリツ とアナグラムできるらしい。

 

 

 

安倍晴明占術大全―『〓〓内伝金烏玉兎集』現代語訳総解説 (Esoterica selection)

の「神吉日」の説明P182より引用

 

己巳の日
辰狐王の三女子がこの国に飛来し、天女は厳島、赤女は竹生島、黒女は江ノ島の三州に垂迹※なさった日である。

垂迹…仏・菩薩(ぼさつ)が民衆を救うため、仮の姿をとって現れること。

 

 

己巳の日は弁財天の縁日でもある。

 


つまり、弁財天の縁日である己巳の日の伝承は、
ムー、アトランティスが沈む際に、シリウス、プレアデス、アンドロメダを中心とした宇宙船が上空に現れ、
民衆を救った時のことを表していたと考えることができる。

 


自分が2017年に江ノ島の弁財天へ参拝したことをきっかけに、様々な御利益があったことや、

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 


同じく弁財天信仰をしていて、江ノ島へ参拝によく行くというY氏と縁があったのも偶然ではないのかもしれない。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

 

 

 

 

シリウス秦氏陰陽道弥勒菩薩秦氏から?


シリウスの和名は秦星とも言われている。

シリウス冬至の深夜に「真北から西に20度の傾き」の位置に輝くが、
これを「シリウス聖方位」と言い、
秦氏の氏寺である広隆寺も、このシリウス聖方位に基づいて建造されているという。

秦氏は、日ユ同祖論では古代ユダヤからの渡来人であるとする説もあって、
陰陽道の祖】とも言われているらしい。

以上より、シリウス秦氏陰陽道と繋がる。



さらに、聖徳太子の側近が秦氏だったらしいが、
その聖徳太子
秦氏の家系から弥勒菩薩(救世主)が出る】
という預言を残していたという。

それで、聖徳太子秦氏弥勒菩薩を贈り、
広隆寺に、その弥勒菩薩が置かれているらしい。

 


参考サイト

【シリウス=秦星】卑弥呼はシリウス信仰だった・ | ~★photon★~

 

☆秦氏の家系から弥勒菩薩が・・・☆ | ☆moonangel☆




聖徳太子の『未来記』に、
『2020年に世の中が全部ひっくり返って、ミロクの世になる』と書かれているというが…

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 




Twitterのフォロワさんが、秋田の黒又山に行った写真をアップしていた。
黒又山と言えば、人口ピラミッド説やUFOの目撃情報も多い場所。

f:id:utyuu_no_housoku:20190409194738j:plain

f:id:utyuu_no_housoku:20190409194801j:plain





秋田、青森辺りに、秦氏の痕跡を感じる地名がたくさんあるらしい。
神人氏は青森県出身らしいけど果たして…



下記はYahoo!知恵袋だけど、ベストアンサーの回答がよくまとまっていたので参考に載せます。

メシア(救世主)信仰と弥勒菩薩信仰の類似性について解説してくだ... - Yahoo!知恵袋

 

 

現在の物質文明が終焉し、再び正神の神がお出ましになられる、
二十一世(聖)紀は、霊主文明、神十字文明の幕開けとなるのです。
一つの時代が終わり、新しい時代の幕開けとなるわけです。

 

 

 

 

 

ヴェシカパイシス

 



アンドロメダ銀河が2つの巨大な「泡」を噴出?

 


この形、「8」や横に倒せば「∞」にも見えるけど、
この2つの円を一部重ねると、“ヴェシカパイシス”という神聖幾何学の図形になる。

 

 


アンドロメダから、
縄文スピリットを復活させて、
統合せよと指令が来てるんだろうか…。

 


ちなみにこのヴェシカパイシスは、いくつも集まることでフラワーオブライフにもなり、
生命の樹とも関連があるらしい。

 

 

フラワーオブライフ

f:id:utyuu_no_housoku:20190409195338j:plain



 

生命の樹

f:id:utyuu_no_housoku:20190409195406j:plain

 

 

 




 

ムー・縄文の神「アラハバキ



アラハバキ」は縄文時代に信仰されていた神だとする説があるみたいだけど、
この“アラハバキ”については、
神人氏のサイトで、それらの神霊とのチャネリングセッション曲だとするライブ映像がアップされていた。

古代日本のネイティブ達が祀った神々で、歴史から消されてしまった自然神だとか。

 

4万5千年前に巨星から飛来したムーの主神で、
遮光器土偶アラハバキを模したものらしい。



読みは東日流外三郡誌で「つがるそとさんぐんし」。

 


アラハバキは竜蛇と関連があるらしい。
縄文人にとってのスターシードだった説

 

 


安倍首相が父の晋太郎氏と画家の岡本太郎氏と共に、
五所川原アラハバキ神社に参拝していた。
東北には「あらはばき神」を祭る神社が百を下らない。

 




アラハバキについてTwitterでツイートしていたら、
偽書の研究をしていると思われる人から、


「『東日流外三郡誌』は和田喜八郎が作った偽書で、アラハバキは遮光器土偶とは無関係」
アラハバキを祭る社は東北ではなく、関東・中部地方に多い」
「分布の濃度からすれば関東・東海の神」
「朝廷の征夷軍の侵攻とともに北上したと考えられる」
五所川原アラハバキ神社は、和田喜八郎がユンボで整地して建てた」

というような、ネットに載っている情報とは異なる内容の主張を受けた。



偽書かどうかそこまで気にしてなかったけど、
一国の首相や有名画家をも動かすくらい影響力のある偽書を書きながら、
わざわざ整地してアラハバキを祀る神社まで建ててしまう喜八郎さんのモチベーションもすごくて逆に気になってくる。

たしかにネットで調べてみると、筆跡が喜八郎氏のものと一致することを理由に、偽書と結論付けられてるサイトもある。

『東日流外三郡誌』は古代東北の真の歴史を伝える古文書か? | 調査レポート | ASIOS



というか、このサイトの調査・執筆者をよく見たら、ツイートで偽書の主張をしてきたご本人だった…

Amazonでは偽書であることを綴ったような本もあった。

偽書「東日流外三郡誌」事件 (新人物文庫 さ 1-1)



一般的に偽書とされているものは勝者の理論である場合も多そうだけど、実際のところはどうなんだろう。

仮に偽書だとして、アラハバキが朝廷の軍の側が信仰する神だったとすれば、
神人氏が「古代日本のネイティブ達が祀った神々で、歴史から消されてしまった自然神」としてチャネリング曲を作ったという話しとも合わなくなってくる。

神人氏とは別の活動でも、毎年宮城でアラハバキをコンセプトにしたライブが行われている。

 


筆跡が喜八郎のものだけど、一人で偽作できる量ではないくらい膨大ということは、
もしかしたら和田喜八郎氏が何らか存在とチャネリングして書いた可能性もあるかも?



ちなみに神人氏は、同じく偽書とされている「竹内文書」について、
正しいところもあるが間違ってるところもあるので、これから直していく必要があるという旨の話しをしていた。


竹内文書にも青森のキリストの墓伝説についての記載があるらしい。

 



また、人の創造によって作り出されたキャラクターが生霊として霊界に存在するケースもあるという。

 


特に「神」や「宇宙人(高次元意識体)」などのように実体が見えないものの場合、
それを信じる人にとって本物なら、それもまた事実になり得るということなのかもしれない。


本物か偽物かは、その如何によって権威が左右されるような学者の間では重要な問題なのかもしれないけど、
そうではない自分や一般の人間にとってはあまり本質的ではないと思うし、
(「模倣品にご注意下さい」とたまに表記があるけど、利害関係がない人間からすれば模倣品でも使えればいい)

たとえ偽物でも、それを作った動機や背景を汲むことで得られるものもあると思う。

そこから何を学び、どう未来へ生かしていくかが重要な気もする。



縄文時代は権力者がいないにも関わらず、平和な時代が長く続いたということが注目されているようなので、
特に戦争の危機が高まっている現代においては それらの象徴とされているものからそれらのスピリットを学ぶことは大きな意義があることだと思う。

日本人が自分たちのルーツに興味を持って、そのあり方に価値を見出していくことは、
日本人のみならず、世界の平和にも大きな影響があることのように思う。

 

 

 

 

 

 

 

割り切らないことが統合の架け橋になる




 

 


以前フォロワのレイキぶどうさんに、「今のあなたに必要な前世」を見てもらった。

 



5、6、7、8

 

 



7についてはプレアデスの数字(※)とか、アルクトゥルスの数字と言われてるらしい。
前回記事にも書いたミロク氏によると、ウルトラマンアルクトゥルス星人だとか(ウルトラ7)。


※プレアデスは慈愛・受容性の象徴でもあるらしい。詳しくは後述

 

 



1~9の数字の中で、正円の360度を唯一綺麗に「割り切れない」のは7だけ。

数秘術 数字の象意・意味「 7 」 – Seek Truth – | ストーリーシンボル



アルクトゥルス 7」で調べてみた

 


5は日本、6はユダヤ、2つが統合して八芒星の時代へ

 



八芒星の新時代の始まり

tenkataihei.xxxblog.jp




そして弥勒菩薩は、
「釈迦(しゃか)入滅から56億7千万年後の未来の世に仏となってこの世にくだり、衆生を救済する」
と言われているが、


これは56億7千万年後という途方も無い未来のことを言っているわけではなく、

567は、数霊では「ミロク」を表し、


天神七代(神世七代) のうち、5、6、7代の神様のことを言い、

神様のご経綸を進める順番なども表されているという…



数遊びだけど、5、6、7の未来に8の統合→ミロクの世と解釈できるのは偶然とは思えない。

 

 


 

オリオン、プレアデス、シリウス



大日月地神示は、天理教金光教黒住教大本教岡本天明日月神示を自動書記によって降ろした人)によって伝えてきた霊団と同じらしい

 



この辺りが、大日月地神示が日月神示の現代版と言われる理由らしい。

過去の筆に執着するなとあるから、相違がある部分がもしあれば最新版を優先した方がいいということのようです。


何度も書いてるけど、自分の祖父の祖父が天理教の十和田支部をまとめていたと知ったこともあるし、
最近になって知ったことなので、自分自身は宗教とはまったく関係がない生活をしてきたけど、
こういうものに出会うのも必然なのかもしれない。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




Twitterのフォロワさんのスピ系アカウントの人にも天理教と関連がある人がちらほらいた気がする。
やっぱ霊的な次元で繋がりがあるのかも。


 


日月神示に中道という概念がある。

 



何事も偏ってはいけないという意味のようだけど、
以前書いた理性と直観に関する記事にも繋がる話しだと思った。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




日月神示の日と月は
=太陽と月でもある。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




読んでると、

太陽と月


アマテラスとツキヨミ


オリオンとシリウス
(※半田広宣さんのヌーソロジーでは、ツキヨミはシリウスと対応するらしい。下記参照)


火と水



日月のそれぞれの意識を、地球で統合させる

=大日月地神示

ということなのかもしれない。
(まだ読んでないから推測だけど。)

 


以前記事に書いたけど、
(半田広宣さんの)ヌーソロジーでは、
「オリオン:アマテラス」
シリウス:ツキヨミ」
「プレアデス:スサノオ
という対応関係があるらしい。

 




また日本神話では、
「太陽:アマテラス」
「月:ツキヨミ」
「地球:スサノオ
とに対応するという。


整理すると、
「太陽、アマテラス、オリオン」
「月、ツクヨミシリウス
「地球、スサノオ、プレアデス」
となる。

 

オリオン、プレアデス、シリウスについての話し

 


上のツイートで貼ったサイトに書いてることはちょっと難しいけど、
神人氏が言っている、「時の神、宇宙の季節の変化、浄化システムに入った」というのは、
これと同じことを言ってるようにも見える。

 

 



上のサイトによると、
プレアデスは「7」や「慈愛・受容性」の象徴でもあるらしい。

プレアデスの象徴である7は「割り切らない」という意味であると同時に、
慈愛・受容性を持つことの必要性も表しているとも言えるかもしれない。
 

 

 

 

 

スターウォーズは、オリオンとシリウスAなどの宇宙戦争を描いた映画

 ↑

このオリオンの説明は言い得て妙だと思う。

やたら他人と比べたりマウント取りたがったり、人の悪口で盛り上がってるのはオリオン系(もしくはその洗脳を受けた人)だと思ってる。

このサイトのスピリチュアル用語にある各宇宙種族の説明はとても詳細で、

それぞれの特性がよく理解できるのでオススメです。

スピリチュアル用語辞典|Tanちゃんの気まぐれスピリチュアル日記


 

 

オリオンVSシリウスについては、 篠崎崇さんという人が2ヶ月連続で本を出していた。

 

 


この本の内容紹介にも、オリオン、プレアデス、シリウスに関する表記がある。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409202500j:plain

 



宇都宮には小学生の頃まで8年間住んでたけど、そういえばオリオン通りってあった。

 

 

 

シリウスからきた魂だと自称しているドクタードルフィン松久正さんが、
去年、壱岐島スサノオとツキヨミの復活に立ち会う神事を行っていた。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp



その一方で、
坂本廣志さんの話す「地球再生計画」では、
靖国神社スサノオの魂と、伊勢神宮のアマテラスを融合させて、新たな生命体を作っており、
それが地球再生後の新たな神的生命体となるという話しをしていた。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp



この2つの話しを比べて見ても、
ツキヨミ、シリウス派とアマテラス、オリオン派の
相反する動きのようなものが見えてくる。

実際、坂本廣志さんの動画のコメント欄に、
動画をアップしてる坂本さんに近い人が
シリウス系の人達とのお付き合いはしてない」と言っていた。

 


 
これまでの話しからすれば、
今後はオリオン側にあったプレアデスが、シリウス側に入ってきて、
ユダヤ的な金融支配、アングロサクソン白人文明の戦争・競争社会から、
日本的な調和の共生社会へシフトする流れになる、
そしてそれらをプレアデス的慈愛・受容性によって統合する。
とも言えるかもしれない。

 

競争社会から共生社会へ
われわれ地球人は、心身共に健全化し、競争社会を卒業して、
共生社会へと移行することが可能な時代に入ったのです。

ameblo.jp


 

シリウス、オリオン、プレアデスの3つの意識が人類に与えた影響&闇のもつ意味

plaza.rakuten.co.jp



上のサイトから引用

シリウス、オリオン、プレアデスが協力して今の人類に力を貸した最大の理由は、人類に「神の意識を体現させること」にあった。
進化には、善と悪、闇と光といった二元性が必要です。
闇だけでは進化しませんし、光だけでも進化しません。
闇の中で光を発して初めて爆発的な進化に結び付いていきます。

 

 

 

シリウスと桜


春となり、桜も見頃を迎えている。


国立の桜

 



桜はシリウス星系から降ろされてきた植物らしい

 



大学生の時に森山直太朗のさくらをコピーしていた。

 



桜、五芒星は調和の象徴

 



ちなみに、国立にある谷保天満宮のシンボルも梅の花を表す梅紋だから五芒星
天理教も梅紋

 



梅、桜、桃はバラ科で、シリウスが起源

 


 


白い鳩もシリウス

 

utyuu-no-housoku.hateblo.jp



utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

 

 

3周年と8888ツイート目



3/24
このアカウントでTwitterを初めて「3」周年

 


3/26
8888ツイート目がこのツイートだった。



度々記事にも書いてきたけど、
8は統合の象徴だと思っている(下記記事参照)。

 

八紘為宇 - 宇宙の法則の研究と実践

 

八紘一宇 - 宇宙の法則の研究と実践

 

八咫烏と菅原道真 - 宇宙の法則の研究と実践




8888ツイート目のサイトの記事の中のURLリンクにある
「宇宙神イエス・キリストの正体を暴く」
より抜粋

 

キリストは唯一絶対の宇宙神
宇宙神キリストの正体は「言」「光」、つまり「光透波」である。
透波とは、宇宙に充満している物質の最小構成材料である超微粒子の波動である。
お分かりだろうか……これが「キリスト」の本質なのだ。

キリストの正体は絶対三神であり、宇宙に偏在するエネルギーである。
宇宙は、この宇宙エネルギーによって破壊と再生を繰り返して進化している。
これが大本や日月神示でいう「立替え・立直し」であり、
エスはその予型として「死と復活」の雛型神劇(神芝居)を行ったのだ。

エスの「磔刑 → 死 → 復活」は、そのまま人類の未来に移写拡大され、
グランドクロス → カタストロフィー → アセンション」となる。
また、素戔嗚尊、つまり「出雲族の封印と復活」、
そして「天照大神の岩戸隠れと岩戸開き」の予型でもある。

エスが生まれた時代のように、もう一度、悪の勢力を蔓延させるために
出雲族の封印」と「天照大神の岩戸隠れ」が必要だった。
人類と宇宙の進化の為。

 

この辺りも、
「時の神、宇宙の季節の変化」
「浄化システムに入った」

とか、

 

半田広宣さんのヌーソロジーでいうところの
「アマウツシからカムウツシに変わった」
ということと同じことを表しているように見える。

 

再掲


人類と宇宙の進化のために、陰陽交代を繰り返して、
2012年が体主霊従から霊主体従に変わる転換点だった。

この均衡したタイミングが統合→進化(アセンション?)のチャンス。

ただ、6500年周期の変化だから、
まだ体主霊従の意識が強いので、霊意識も強めながら、
理性・直観のバランスを保ち、
自分良し・他人良し、神良し・人民良しを心掛けて、
次の進化のために中道を心掛ける…

自分の中ではこんな感じの解釈になったけどどうだろう。

 

 

日本人が地球を統合させるために創造された説が正しくて、
自分たちがわざわざ今という時を選んで生まれてきたのだとすれば、
どちらの意識にも偏ることなく統合させていくことは重要なように思う。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

utyuu-no-housoku.hateblo.jp






2000年前にイエス・キリストが辿り着いた『とんでもない境地』

www.youtube.com


引用

利他=利己

他人に良くしようと思う利他が反射してきて利己になるというのは
長い動物学、植物学、哲学の研究の結論。

 

これって他人のために徳を積めば、結果的に自分の運気も上がるとされている、
運気=徳-業(カルマ)の法則と同じことだ。


そして利己と利他は一見対照的なものに見えるけど、
上の次元で考えれば干渉しないとも言える。

それらを引き上げるのが、キリストが説いた「愛」だった。


 

個は全であり、全は個である
One for All、All for One. 
ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために

キリスト意識を持って、
自我と真我を融合させる

 




六芒星ネットワーク神社に参拝すると、
万世一系システムに繋がり、
DNAの暗号の封印を解除され、
神なる真我=サナンダ意識に繋がってゆく。

 



*東の六芒星ネットワーク神社

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 



*西の六芒星ネットワーク神社

f:id:utyuu_no_housoku:20190409204550j:plain


妙見信仰 瀬織津姫 封印 シリウス文明 ホルス神 | ☆青い空☆大好き①②③

より抜粋



昨年10月に東の六芒星ネットワーク神社制覇
眠っているDNA


 



 

丸十字



丸十字はムー(レムリア)のシンボル

 



大日月地神示にも正十字に〇

 


おさらい
大日月地神示は大本教と同じ霊団

 


666




ミロクの世

 

 


2006年6月6日(666=ミロク)に降ろされた大日月地神示の「祓い浄めの言靈」が正十字に〇で、
ムー(レムリア)のシンボルやカタカムナも同じ丸十字ということは、
これらは同じ霊団に由来するものなのかもしれない。

 

 


カタカムナの中央には丸十字がある。

 




十字には、こんな意味もあるらしい。

火と水を十字に組む

あらゆる相反するもの、火と水、日と月など、それらを十字に組んだところに生産力が生じます。

そして国祖・艮の金神と、その妻神の坤の金神は、かたや北東かたや南西と別々に隠遁あそばされていました。
その二神が共に岩戸を押し開きてお立ち上がりになり、十字に組まれます。

それは超太古の天地創造の時の状態の神様に戻ることになり、
こうして国祖・艮の金神・国万造主大神の厳霊(いづのみたま)と坤の金神・国万造美大神の瑞霊(みづのみたま)が十字に組まれれば、
そこに伊都能売の身魂が顕現してミロク大神となり、それでミロクの世へ一歩近づいたことになります。

正神の神々と副神の神々が神結びに結び給いて、霊主立体十字文明の暁を迎えるのです。

 

ameblo.jp

 

 

 

火と水で、火水(かみ)となり、神になる。

「火」は縦に上がる陽の働きがあり
「水」は横に広がる陰の働きがある。


火は五芒星
水は六芒星


ドームハウスは、三角形(3)のパネルが5枚で五角形、6枚で六角形となるが、
その五角形と六角形を割り切らず(7)、
統合(8)させて球になる

とも言える。

 

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409230318j:plain



f:id:utyuu_no_housoku:20190409230352j:plain





六角形だけでは、どこまでいっても平面で手をつないでいくだけで球にはならず、
球体を作るには1つかけた五角形の役割大事であり、
三位一体の三から始まり、
五と六の陰陽組み合わせ(統合)によって球となる完成形(宇宙)の「八」が生み出されます。

ただ、5を作るにも6を作るにも、8の完成形になるまでも、
1でも2でもなく「3」によって初めて安定化し、
人の世界も三次元世界もすべて3の組み合わせによって宇宙が始まります。


下記記事より抜粋

ameblo.jp

 

 

5、6、7、8から「慈愛をもって割り切らないことが統合の架け橋になる」ことに結びつき、
Twitter3周年の直後に8888ツイート目になったのも偶然とは思えない神仕組みを感じる。

 

 

ちなみに自分の名前はサトシだけど、

カタカムナ48音の思念(言霊)表
で使命を読み解くと

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409230640j:plain

 

となり、

 

その使命は、

「遮り・差を統合して示す」

となる。

 

 

 

 

 

元号「令和」


4月1日、新元号が「令和」に決まった。

由来は、万葉集の梅花の歌の序文、
「初春の令月にして気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」
からだという。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409230829j:plain



 

令和については色んな解釈があるようだった。

自分の前向きな解釈はこちら

 

 

 


令和はカタカムナでは369になるという。
 

 


梅の花」は大本教神諭の世の立替えに関する予告にも出てくる


 


ミロクの世の前に何か大きいことが起きるんだろうか…。

 

 

 

 

肉食と環境負荷

 

大日月地神示には肉食の禁止が書かれているらしい。


以前開運ツイート企画で配った動画の中にも、
「畜産業と漁業は持続不可能」
とあった。


試しに自分も2週間くらい肉も魚も食べないでみてる。


この動画の13:40~

youtu.be


こういうことは食肉や水産業界などの仕事に携わっている人たちがいるわけだから、
テレビでもやりづらいのかもしれない。

ベジタリアンやビーガンは、
「変わった人」とか「かなり意識が高い人」で、
自分には真似できないという印象を持ってる人が多い気がする。

ベジタリアンやビーガンの人の意見を見ると、
「動物がかわいそうだからやめろ」
というような感情的な部分が目立っていて、
植物も生きていることには変わりがないという反論があるなど、
肉を食べる人たちとの対立構造のようになっているのを見ることがある。


その一方で、肉食が地球環境にどのような影響が及ぼすのかについては、あまり認識されていないように思う。


肉食は地球環境に負荷を掛けるらしい。

気候変動対策に肉の消費減が不可欠、「欧米で9割減」提言 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

肉を食べると環境を汚染する?肉食と環境の関係

 

肉食と環境破壊の驚くべき意外な関係 | 国際環境NGOグリーンピース


 

このわずか40年で地球の生物多様性は半減していて、
資源の過剰消費により、50年で地球環境への負荷は2倍にもなっている。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




畜産や漁業に仕事で携わっている人もいるだろうし、
いきなり全員ベジタリアン、ビーガンになれと言われても受け入れがたいものがありそうだけど、
世界人口が急増していて、欧米で肉の消費量が9割減の必要性が提言されているなど、
かなり差し迫った状況であることは間違いなさそう。


やっぱベーシックインカムなどを導入したら、地球環境などに悪影響があるような仕事を、わざわざ生活やお金のために無理してやる必要がなくなるわけだし、そういう面でもメリットは大きいように思う。

 



アルカリ性食品/酸性食品の一覧表では、
肉類は酸性・強酸性に分類されている。

 



その他、スピリチュアリズムから見た肉食についてはこのサイトによくまとまっていた。

スピリチュアリズムから見た肉食と動物虐待の問題


 



 

「寄付」~正しい徳の積み方


神人氏の講演会の参加費の内、500円が募金に当てられるとのことだったが、
会場では年間の募金先の報告書が配られていた。

各募金先と募金額の内訳が載っていて、年間トータルで300万円もの募金をしているようだった。
(しかも毎年収支がぴったりプラスマイナス0円らしく、その奇跡に本人も驚いているという…)

やっぱり参加費に募金を含んだり、寄付を募るからには、こういった内訳が分かるようになっていると信頼ができる。

 

寄付・募金は徳を積むことにもなると思うので、募金先一覧を参考にして、
徳積みスポットリストを作って見た。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp



ある意味募金のプロフェッショナルとも言えるとも思うし、激選されてるだろうから、
大いに参考になると思う。
徳積み先に困ったら使ってみるといいと思う。

特に与える事より奪い合うことに慣れている地球人は、徳を積んで運気を向上させることが急務だと思う。
是非国境の垣根を越えて困ってる人を助けたり、環境問題に貢献して、自らの徳も積んでほしい。

参加費の一部を募金先に充てるチャリティー徳積み宇宙会議なんかをやってみたり、
また、そういう場があれば積極的に参加して、徳積み仲間の輪を広げてみるのもいいかもしれない。

そういう流れが色んなところで起きて、どんどん大きくなっていけば、
平和な世界に近づくと思う。