宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

観世音菩薩の大呪

 

※この記事は観音様の最奥義からの分離記事になります。

トピックが多かったので分けました。

一気に読みたい方は↑のリンクから飛んでください

 

 

 

坂本廣志さんの動画の中で、観世音菩薩(観音様)について話しているものがあった。

 

www.youtube.com

 

なんでも、「観世音菩薩の大呪(マントラ)」というものをある方法で唱えると、
亜空間が開いて、観世音菩薩が出て来るらしい。

 

動画の要約。

・観世音菩薩の大呪を1日につき108回唱える(加治木と祈祷)。
・朝昼版おかゆに梅干し。
・肉を食べない。
・三厭五葷と呼ばれてるニンニクとかネギとか玉ねぎも食べない
・雑念を払うために頭をツルツルにして、着るものは白にする(雑念を払えればしなくてもいい)


(坂本さんの場合)これを3週間続けると、真っ暗がりの中に金色の光の筋で輝いた十字架が出てきて、
中心からまばゆい光で亜空間が開き、その向こう側の真っ暗がりの空間と空間の筋の間に、
ギリシャ風の服を着た男性が現れる。

 

※観世音菩薩の大呪については、動画の中で加持祈祷秘密大全という書名が出てきているけど、探したら同じ名前の本があった。

だいぶ古い本のようです。

加持祈祷秘密大全 (1936年)



他の動画の話しも含めて聞いていると、坂本さんは、末期癌になった知り合いを助けてもらうためにその術をやっていたみたいだけど、
いざ観世音菩薩に会うことができて願いを頼んだところ、

観世音菩薩から、
「あなたの願いを叶えるのは簡単だけど、その代わりあなた自身がその分の苦労を一生涯背負うことになる。あなたはそれを背負わないでもよろしい」
と言われて、結局願いは聞いてもらえなかったようです。

www.youtube.com

 


この動画の中で、

人の為を思っては絶対にいけない。自分の為を思う。
でも自分でやろうとすると止める。

と話してる。

 

一瞬、どういうことだろう?と思うけど、
学びのために自分で魂のシナリオを選んできた説が正しければ、
他人がどうこうしようとすること自体がよくないということなのかもしれない。

ただ、自分の為と人の為が同じ場合はどうなんだろう? 

例えば、自分の為にも平和な世界で過ごしたいと思った場合なら、他人の為にもなるだろうし。

「俺が平和な世界で過ごしたいんだから、世界平和になれよ」みたいな 笑

 

 

自分でやろうとすると止めるというのも意味深い。

結局のところ、拡張していく宇宙の流れにただ身を任せているのが一番いいのかもしれない。
この辺りは、引き寄せの法則実践編に出てきた「流れの中のカヌー」の話しにも通じる部分。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20181228195930j:plain

実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川

実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川"を下ろう (引き寄せの法則シリーズ)

 

 


通常、仏様は、偉い順に、如来、菩薩、明王、天という序列になっていて、
一般的には観音菩薩よりも薬師如来などの方が上に位置付けられている。

仏様にも階層がある。如来が一番偉い! | 投資を楽しむ♪

 

ところが、坂本さんの話しによると、実は観世音菩薩の方が上の存在だという(如来は中等生命体らしい)。

さらに、実感としては天照大神アマテラスオオミカミ)よりも位が高い存在のようだとしている。
この大宇宙の外にも大宇宙が2兆億個(それぞれの中心にいるのが大梵天)あって、
その上に神様として観世音菩薩がいるのだとか。

 

 

仏の位で言うと、如来は悟りを開いた最高位の仏であり、菩薩はまだ修行の身です。
その為、如来は基本的には人間界に降りて働くことはあまりしません。
しかし、阿弥陀如来は、衆生を救いたいと願う慈悲の涙を流し、
その涙から千手観音を生み出し、人間界に降りて人々を救えるように
わざわざ菩薩の位に下がってきたのです。


観音がついている方は、基本的に、
『わざわざ自分を下げて、人の為に犠牲になる』
というパターンを持っているのです。
そして、人の犠牲になったり、つらい思いをさせられた相手を
慈しみをもって許すこと、これが【慈悲の学び】だったりします。。。

 

、、、この学びをすると、結構、大変な人生を送る感じがしませんか?

 

慈悲の学びを選択している理由は様々です。
慈悲の学びを通して、成長をしたり、魂を磨いたり、
あるいは、過去生から持ち越したカルマを解消する為であったり。。。


『私、慈悲の学びをしているかも・・・』


こう思われる場合は、慈悲の学びを通して、本当は何を得たいのかを
深く自問して見つめていく。
そうすると、ある時、答えが気づきとともに出てきます。
すると、不思議と学びが次の段階へとシフトしたりします。

saintarrow/Elfin-Lord Blog:『後ろに観音がついてますよ』 - livedoor Blog(ブログ)

より引用

 


そう考えると、自分を生きてる結果、

色んなものを背負って、端から見たら不幸に見えても、

その人にとってはそのこと自体が魂の成長になっているという人もいるのかもしれない。

四柱推命で人の命式を見ていると、例えば官殺で囲まれているような命式だと表向き様々な困難に見舞われたり、大きな使命を抱えているケースが多い。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

この辺りも、自分の魂が、学びのためにそういうシナリオを選んでいると考えれば腑に落ちる。

まあ、自分の命式もまさにこの官殺に囲まれていて、徐々にそれが強まっていくような形になっているんだけど(ただ自分自身の五行の強さが結構あるので、どう事象として表れるか気になっている)。

度々ブログ記事でも取り上げてるhappyちゃんも同じような形だね。

そこから何を学べるかが重要なようです。

 

坂本さんの話しに戻って、

大宇宙が2兆個という意味では、前回も取り上げたこの話しにも通じる

 


そういえば、今年の7月にシンクロに導かれるまま、

浅草寺で観音様の縁日「四万六千日」の祈祷を受けた。

 

 

 

次の記事

utyuu-no-housoku.hateblo.jp