宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、陰陽五行開運方位鑑定に関する話題を交えつつ発信していきます。

デリバリー特需

 

※この記事は2020年の学び(開運方位鑑定をやる理由)からの分離記事になります。

トピックが多かったので分けました。

目次へは↑のリンクから飛んでください

 




2019年6月の己巳の日に、弁財天へ参拝した直後に知った配送のシェアリングエコノミーだったが、前から車が欲しいと思っていたことと、マスターした方位理論の実践のため、方位取り先で車中泊がしたかったこともあって、2019年夏に軽バンを購入した。


Amazon宅配、Uber Eatsなど、AIを駆使したマッチングアプリでの配送事業を開始した。

 

 

それまで自宅のある国分寺Uber Eatsの対象エリア外だったものの、11月より自宅もエリア対象内になった。
さらに、自宅から15分のところにAmazon倉庫ができるなど、まるで自分が始めたのに合わせるかのように、周りの環境も整っていって仕事の選択肢が増えた。
他にも個人からの引っ越しやフリマ商品の配送代行などもたまにある。


世界最先端のテクノロジー企業の配車アプリも使いやすく、元いた職場の旧態依然なシステムの煩わしさを感じていた身からすると、その合理性に驚く。
シフトなど無く、働くも働かないも、休憩時間も自由(需要が多いのは昼とディナーに多いというのはある)、
さらに後述するコロナの影響で、置き配がデフォルトになり、非対面で配達できるケースが大半になった。
対面だと、ストレスが溜まってるお客さんに当たって身に覚えのないBad評価に繋がったりすることもあるので、これは意外に大きい。

対象エリア内であれば、アプリをオンラインにすればすぐに仕事が始められるので、これまでの仕事の感覚からするとかなり気軽に始められる。
対象エリア内ならどこでも働けるので、例えば旅行先で少し働きたければ、そのエリアでオンラインにすればすぐに始められる。
振り込みは翌週の水曜日で、週1回ある(アンケートが行われていたので、もう少し短いスパンになる可能性もあるかもしれない)。
実際に長野へ車中泊旅行へ行った際にやってみたが、エリア拡大初月にも関わらず結構オファーの鳴りも良かった。

 

 

UberEats加盟店マップ

 

 

暖かい時期は配達員も多くて、オファーの鳴りも鈍くなる傾向があるが、夏冬や雨天時はチャリやバイクでは過酷で、需給のバランスが崩れて結構鳴る。

そして何より、春前から始まったコロナ渦による自粛・ステイホームムードによって、デリバリー需要が爆増したことは大きかった。
提携レストラン数も、2019年9月で1万4000店だったのが、2020年には3万店を超えているという(登録だけでなく、実際に受注しているアクティブなレストラン数)。

緊急事態宣言中に月100万円稼ぐ人も出てきた。
月収100万円のUberEats配達員に稼ぎ方を聞いてみた | TABI LABO

 

記事にはウソみたいなとあるが、100万は結構稼いでるとは思うけど、
時期によっては40〜60万円は結構ザラにいる。
都心部ほど需要が多い。
やってみると普段入れないような色んなところへ行けて、ゲーム感覚なので面白い。

自分も、丁度3月に取ったサービス精神向上&働き者になる方位の効果がかなり出たこともあり、つい68連勤して荒稼ぎしてしまった。

 


参考:ウーバーイーツ売り上げランキング

 

 

ちなみにAmazonは時給だと2000円ちょっとがデフォルトで、繁忙期だと割増料金で2600円〜3500円もあったりする。


Uber Eatsは、2020年の新語・流行語大賞にもノミネートされた。

 

仕事が無くなってしまった芸能人もやっているとか
ウーバーイーツは稼げるのか? コロナ禍で実際に配達を始めた舞台俳優に聞いてみた(ENCOUNT) - Yahoo!ニュース

 

落合陽一氏

 

 

また、飲食店が苦しいと言われている中でも、時流を読んでデリバリーに特化した店舗の中には、かなり繁盛してるところもあるようだった。
自粛で食材が余ってるようで、海鮮丼屋などはかなり繁盛だった。

 

 

 

1500円、重量1キロの”メガ盛り丼”がバカ売れしてるらしい。

 

 

チップや差し入れをもらうことも結構ある。

 

 

Uber Eatsを始めて1年間で、大体4000配達くらいした。
その他Amazonの宅配や配送マッチングアプリからの引っ越し手伝い、合間に緊急の配送案件などもやった。

 

こちらの招待コード付きリンクから登録するとボーナスなど時期によって特典が受けられる可能性があります。

 ※Uber Eatsで初回注文時に使えるお得な紹介コードはこちら↓

お腹が空きませんか? Uber Eats で初回のご注文額が ¥1,500 以上の場合に ¥1,800 の割引を受けることができます。規約が適用されます。この紹介コードを会計時にお使いください: eats-0yezmq
https://ubereats.app.link/y12FCg5sEdb

 

今回、デリバリー特需に絶好のタイミングで乗ることになったが、投資でもビジネスでも、自分が参入した直後に爆伸びすることが多い。
注目したYouTuberがその後にブレイクしたりもよくあるし、学生の時は試験直前に見直した問題がそのまま出てくるなど、実用性のあるプチ予知能力的なものが昔からあったりする。

特に瞑想などで意識的に直観を鍛えるようになってからそれが加速してきていて、このブログでも書いてあるとおり、いわゆるシンクロ現象が多発している。

前述の斎藤一人さんの話しのように、自分はこれを「真我から閃きといういい方向に導いてくれるお知らせ」と考えているため、
シンクロが起きている限りは、自分にとって正しい道を進んでいると前向きに捉えている。
シンクロが起きた時はGOサインと見て、多少ハードルがあってもやってみることにしている。


これからの時代は、その真偽に関わらず様々な情報が溢れ、選択肢も多くなっていくため、頭で考えると進むべき方向性がわかりづらくなくなっていくと思う。
それぞれ直観を高めて、自分の内側と向き合う、一人一人が天(自分自身)と繋がることが求められると思う。
保江氏も、「ふっとした感覚は、あの世からの呼びかけなので、頭でいろいろ考えたり常識的な価値判断にとらわれたりしないで、その呼びかけに従うことが大事」と話していた。



SNS経由で方位鑑定の御依頼を受けた方がいたけど、発信を見てたからなのか、配送の仕事に興味を持っているようで、どうやら話しを聞く限り、地方から上京して配送の仕事を始めようとしているようだった。

様々な職業がある中で、中にはカルマを増やすようなものもあると思うけど、物流は生活を支える社会インフラだし、その一端を担う配送の仕事は、霊的な意味でも対価と徳積みのバランスがいいのではないかと思う。


ただ、なんでもそうだと思うけど、やはり適性というものはあるように思う。
占術的に言えば、運送、配送の仕事は、水気に分類されることがあり、水気の象意としては臨機応変さなどがある。
イレギュラーなケースでその場での対応を求められる場面も多い。
また、公道を走ることになり、それなりのリスクを伴うため、金気の状況判断能力も必要になってくると思う。


その配送の仕事に興味を持っていた人の命式を見てみると、事故体質の傾向があり、さらに忌神(悪い作用をする)の水気が強かった。

もちろん本人の自由ではあるけど、このことは「今トレンドだから」とか、「お金が稼げるから」という外側からの情報は、時としてその人にとって最適でない選択になり得る可能性があるということだと思う。
(特に意識しないと、その人にとっての喜忌(良し悪し)に関わらず、職業でも、方位でも、対人関係でも、強い五行に引っ張られやすくなる傾向がある。)

Uberも、都内で配達員が、高速道路を走ったというニュースが報道されるなど、交通マナーも問題視されているし、配達員による死亡事故なども起きている。

自分もUberについては、軽貨物車を所有していて、もっと単価の良い仕事はあったものの、コロナ禍でお金の工面に苦労してる人も多いようだったことや、飲食店支援のため、また、このような誰でも気軽に始められる仕事があるという前提があれば、経済的な心配から自分のやりたいことをやることへの一歩も踏み出すくなるとも思ったので、SNSを通じても積極的に紹介していた。
こういう緊急事態の際には、ある程度の自助努力や、時には助け合いも必要だと思った。
(もちろん、コロナが、テレビなどメディアで、実態とは駆け離れた内容で取り上げられていることを踏まえた上で。虎ノ門ニュースの毎週金曜日の武田教授の話しなどは特に参考になった。)


実際、コロナの影響で失業した人のセーフティーネットになる側面もあると思う。
特にこれからコロナの影響で経営が立ち行かなくなるところが増え、失業者や自殺者も増えていくことが予想されている。


ただSNSでは、そうした実益があるようなものや人助けになるようなものより、不安や畏れなどに繋がるような情報、真偽不明な情報が安易に拡散される傾向があるようにも見えた。
Twitterのトレンドで流れてくる情報も、明らかに不安を煽るようなものが意図的に流されてるようにも感じた。



ネットで飛び交う情報については、保江氏も警鐘を慣らしていた。

 

 

配送の話に戻って、自分の状況について整理すると、


①配送の仕事を始める前から別の事業をしていて、他にも収入の目処があったこと
②当初は、車中泊として使いたいなど趣味の目的で、たまたま車を使ってできる都合のいい仕事の募集があって始めたなど、仕事がメインの動機ではなかったこと
③それまでパソコン仕事が多かったので、健康のためにもある程度身体を動かす仕事をしたかったこと。
④一般的な配送業特有の単価の安い仕事(宅配1個当たり180円など)はやっていないこと。
⑤同じく真夏など労働環境が悪い時期は仕事を入れていないこと。
⑥そもそも単身でお金もそこまで使う方ではなく、貯金もあるので、毎月決まって稼がないといけない状況ではないこと(長期的なスパンで考えられる)。
⑦駅前の需要がかなりあるエリアで、かつ交通量的にも仕事がしやすいという、バランスが絶妙な地域的なアドバンテージがあったこと
⑧上記のとおり、自分のやりたいことと需要が合致したからやっているだけで、長期的に続ける仕事としては考えていないこと

などなど、単に配送の仕事をやってるから満足に稼げていて、自由度の高い生活ができているというわけではなく、
特にお金のことなど考えずに、自分のやりたいことを選択してみたことに加えて、
事業主として自分の状況に合わせてコントロールしてきたことの結果である面が大きい。
(ちなみに今現在自分はUberはほとんどやっていなくて、単価2000円×10件程度の配送のみで2万円以上、待機時間や休憩が多く、合間に色々やりたい作業ができるなど、Uberと比べるとより条件の良い仕事に恵まれている。)


しかし、こういうことをSNSなど(特にTwitterなど)で発信しても、表面的、断片的な情報を都合良く解釈される傾向があり、結果的に受け手が本来向き合うべき時間を損なうことにも繋がるのではないかと感じることがある。

相互コミュニケーションというより、フォロワ属性の分からない状態での発信になり、そうした一般的、画一的な情報は、自分にとって最適でない選択にもなり得る。
ネットに限らずとも、世に出回っていて一般的に信じられているものや、トレンドなどもそうした傾向はあるように思う。

世間で言われていること、ネットの情報に関わらず、その人自身が自分の内面、自分の人生に向き合うことが重要だと思う。
逆に言えば、極端な話し、そこから目を逸らすようなものは、必要ない情報と考えてもいいかもしれない。

自分軸で生きるということにも繋がるけど、そうしたことに惑わされることなく、一人一人が天と繋がることが重要だと思う。

そのため、いつの間にか1000人に達しようとしていたTwitterのフォロワーも、こうしたご時世の中で流れてくるタイムラインも荒れていたし、ただの個人的なつぶやきを何百人もの人に見られるのにも窮屈さを感じたため、一旦ほとんど解除した。
外向きの発信は、こうしたブログとして整理された形で発信していこうと思う。


自分はそれらのことを踏まえた上で、縁あって習得した方位鑑定のスキルを用いて、個々人の命式が表す「魂の記憶」、「因縁因果」を解明し、その改善と個性化をサポートしていきたいと考えている。

 

 

 

次の記事

utyuu-no-housoku.hateblo.jp