宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

オリオン、プレアデス、シリウス

 

※この記事はミロクの世からの分離記事になります。

トピックが多かったので分けました。

一気に読みたい方は↑のリンクから飛んでください

 

 

 

 



大日月地神示は、天理教金光教黒住教大本教岡本天明日月神示を自動書記によって降ろした人)によって伝えてきた霊団と同じらしい

 



この辺りが、大日月地神示が日月神示の現代版と言われる理由らしい。

過去の筆に執着するなとあるから、相違がある部分がもしあれば最新版を優先した方がいいということのようです。


何度も書いてるけど、自分の祖父の祖父が天理教の十和田支部をまとめていたと知ったこともあるし、
最近になって知ったことなので、自分自身は宗教とはまったく関係がない生活をしてきたけど、
こういうものに出会うのも必然なのかもしれない。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




Twitterのフォロワさんのスピ系アカウントの人にも天理教と関連がある人がちらほらいた気がする。
やっぱ霊的な次元で繋がりがあるのかも。


 


日月神示に中道という概念がある。

 



何事も偏ってはいけないという意味のようだけど、
以前書いた理性と直観に関する記事にも繋がる話しだと思った。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




日月神示の日と月は
=太陽と月でもある。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp




読んでると、

太陽と月


アマテラスとツキヨミ


オリオンとシリウス
(※半田広宣さんのヌーソロジーでは、ツキヨミはシリウスと対応するらしい。下記参照)


火と水



日月のそれぞれの意識を、地球で統合させる

=大日月地神示

ということなのかもしれない。
(まだ読んでないから推測だけど。)

 


以前記事に書いたけど、
(半田広宣さんの)ヌーソロジーでは、
「オリオン:アマテラス」
シリウス:ツキヨミ」
「プレアデス:スサノオ
という対応関係があるらしい。

 




また日本神話では、
「太陽:アマテラス」
「月:ツキヨミ」
「地球:スサノオ
とに対応するという。


整理すると、
「太陽、アマテラス、オリオン」
「月、ツクヨミシリウス
「地球、スサノオ、プレアデス」
となる。

 

オリオン、プレアデス、シリウスについての話し

 


上のツイートで貼ったサイトに書いてることはちょっと難しいけど、
神人氏が言っている、「時の神、宇宙の季節の変化、浄化システムに入った」というのは、
これと同じことを言ってるようにも見える。

 

 



上のサイトによると、
プレアデスは「7」や「慈愛・受容性」の象徴でもあるらしい。

プレアデスの象徴である7は「割り切らない」という意味であると同時に、
慈愛・受容性を持つことの必要性も表しているとも言えるかもしれない。
 

 

 

 

 

スターウォーズは、オリオンとシリウスAなどの宇宙戦争を描いた映画

 ↑

このオリオンの説明は言い得て妙だと思う。

やたら他人と比べたりマウント取りたがったり、人の悪口で盛り上がってるのはオリオン系(もしくはその洗脳を受けた人)だと思ってる。

このサイトのスピリチュアル用語にある各宇宙種族の説明はとても詳細で、

それぞれの特性がよく理解できるのでオススメです。

スピリチュアル用語辞典|Tanちゃんの気まぐれスピリチュアル日記


 

 

オリオンVSシリウスについては、 篠崎崇さんという人が2ヶ月連続で本を出していた。

 

 


この本の内容紹介にも、オリオン、プレアデス、シリウスに関する表記がある。

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190409202500j:plain

 



宇都宮には小学生の頃まで8年間住んでたけど、そういえばオリオン通りってあった。

 

 

 

シリウスからきた魂だと自称しているドクタードルフィン松久正さんが、
去年、壱岐島スサノオとツキヨミの復活に立ち会う神事を行っていた。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp



その一方で、
坂本廣志さんの話す「地球再生計画」では、
靖国神社スサノオの魂と、伊勢神宮のアマテラスを融合させて、新たな生命体を作っており、
それが地球再生後の新たな神的生命体となるという話しをしていた。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp



この2つの話しを比べて見ても、
ツキヨミ、シリウス派とアマテラス、オリオン派の
相反する動きのようなものが見えてくる。

実際、坂本廣志さんの動画のコメント欄に、
動画をアップしてる坂本さんに近い人が
シリウス系の人達とのお付き合いはしてない」と言っていた。

 


 
これまでの話しからすれば、
今後はオリオン側にあったプレアデスが、シリウス側に入ってきて、
ユダヤ的な金融支配、アングロサクソン白人文明の戦争・競争社会から、
日本的な調和の共生社会へシフトする流れになる、
そしてそれらをプレアデス的慈愛・受容性によって統合する。
とも言えるかもしれない。

 

競争社会から共生社会へ
われわれ地球人は、心身共に健全化し、競争社会を卒業して、
共生社会へと移行することが可能な時代に入ったのです。

ameblo.jp


 

シリウス、オリオン、プレアデスの3つの意識が人類に与えた影響&闇のもつ意味

plaza.rakuten.co.jp



上のサイトから引用

シリウス、オリオン、プレアデスが協力して今の人類に力を貸した最大の理由は、人類に「神の意識を体現させること」にあった。
進化には、善と悪、闇と光といった二元性が必要です。
闇だけでは進化しませんし、光だけでも進化しません。
闇の中で光を発して初めて爆発的な進化に結び付いていきます。