宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

大神様=シューマン共振波?

 

※この記事は未知との遭遇からの分離記事になります。

トピックが多かったので分けました。

一気に読みたい方は↑のリンクから飛んでください

 

 

 
以前記事にも書いたとおり、
2020年に何か大きなことが起きるという話しは色々なところで言われてるけど、
さらに聖徳太子の『未来記』にも、
『2020年に世の中が全部ひっくり返って、ミロクの世になる』と書かれているのだという。
 
 
 
やはり2020年に何らかの出来事があるんだろうか。
 
 
 
神人さんの大日月地神示を読んでいたら、
神の定義について次のように書かれていた。
 
神とは何か?
人神信仰に洗脳されてきた歴史ゆえに受け入れ難い方々、靈人も多いことでしょうが、
本来の神とは、多重次元宇宙(無有)であり、日月地星(銀河)であり、
自然(火/水/木/岩/土/山/川/海/湖)、森羅万象(雨/風/雷/地震/水の循環)であります。
生命を育む司る仕組み、エネルギーの顕れを八百万の神と申します。

 

【日月地神示/抜粋解説】『と』の巻 より 7/11号 | 真実

 
 
 
ここもやはり思い浮かぶのは、ミロク氏も話していたシューマン共振波のこと。
 

 

 
これが急激に上昇することにより、地球上の生命体の遺伝子に何らかの影響を及ぼす…
 
=一人ひとりの魂そのものが問われる
 
ということなんだろうか。
 
 
 
 
 
次の記事