宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

未知との遭遇

 
 
この記事を書き出して2週間も経ってることにびっくりしている。
動画を分割したり経緯をまとめるのがなかなか難しく、かなり時間が掛かってしまった。
今回もかなりのボリュームです。 
これまでのおさらいも踏まえた上で書いています。
 

 

 

未知との遭遇

ミロク氏と繋がった経緯

 
フォロー&リツイート企画で、
「究極の開運法&本当の人間選別に生き残る方法」として開運動画を配っていたら、
以前からフォローしてもらっていた沖縄出身のフォロワさんから
「内容的に人間選別関連で面白かった」ということで、
沖縄のシャーマンのミロク氏の動画を紹介された。 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304172116j:plain

 
そのことについては先月ブログ記事を書いたところ。
 
 
 
そしたら上の記事を、同じく自分のTwitterのフォロワで、
さらに記事に載せていた笑上ミロク氏の著書も購入して読んだらしい。
※ちなみに自分はブログ記事についでに載せただけで、この時点では本は読んでいない。
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304172255j:plain

 
Y氏との江ノ島シンクロ
 
江ノ島ツイート

 

直後にY氏が前日に江ノ島参拝していたシンクロ
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304172408j:plain

 
 
本を読んだY氏は、速攻でミロク氏の運営するFacebookグループへ突撃したらしい。
しかも自分のことを紹介したらしく、ミロク氏本人が繋がりたいと言ってるとか…
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304172439j:plain

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304172510j:plain

 
いつの間にか話しが進んで自分も入る流れになっている💧
 
 
 
 

Facebookは相互監視システム?

Facebookか~と思いながら、とりあえず承諾。
 
職業柄SNSで繋がるのもトラブルの元になると思ってたし、オン・オフはっきり付けたかったから、
今まで仕事とプライベートは意識して分けてた。
カスタムバイクで大勢で走ったり、趣味と職業との親和性低かったし。
 
だからFacebookも極力使わず連絡先もアップせず。
たまにアカウント聞かれるときも登録だけして放置していた。
 
 
Facebook創始者のマークザッカーバーグはロックフェラーの孫で、
利用者を監視や世論誘導に利用されてるという話しがある。
 
 
検索非表示の設定にしていても、なぜかgoogle検索にヒットする

 

 
 
 
 

IASA

Y氏経由で、ミロク氏が運営するサイトに載ってるホワイトペーパーというものを見せてもらった。
Inter Astral Shamanism Association、通称IASAという宗教法人を運営しているらしい。
 
※ホワイトペーパーは、自分が最初に見た2019年1月29日時点でバージョン1.1だったけど、
この記事を書いてる2019年2月末時点ではバージョン2.0にアップデートされている。
 
バージョン1はA4版で14枚と、ボリュームのあるものだったが、
バージョン2はよりシンプルになっている。
 
バージョン1.1は聞き慣れない語彙もあるので多少難しくも感じたけど、
ざっくり言えば、古代ムーの霊統(※1)を引き継ぎながら、祭祀とかして、
ブロックチェーン技術によるベーシックインカムも用いながら、
地球と共生していく循環型社会を目指す、
 
という、壮大な理念を抱えた団体ということのようです。
 
そして、活動では宇宙人とのコンタクトも行われ、サポートを受けているとか…。
 
 
さらに、活動内では古代ムーから続くという秘教儀式も行っているようで、
特に着目すべきは、先月記事にも書いたアヤワスカなど、シャーマニズムの薬草(※2)を扱っている点。
 
このアヤワスカを使った儀式に参加することで、霊的に覚醒し、
自分自身の天命を認識するようになるとか。
これらをサポートするコースプログラムを提供しているようです。
 
 
※1
血統と霊統
 
※2
使用しているメディスンは、現時点では宗教法人として法的に使用可能なものだそうです
 
 
 
 

笑龍ミロク氏

笑龍ミロク氏の自己紹介ページ。
(最初見た時、笑上だったのが改名されたようです。)
 
UFOに吸い込まれて宇宙人とコンタクト経験もあるそうで、
シャーマンとして様々な活動をされているようです。
主にコンタクトしているのはアルクトゥルス星人だとか。
 
以前の記事にも書いたけど、
ミロク氏がFacebookYouTubeにアップしている動画を見ていたら、
自分自身がこの1年でブログ記事に書いてきたことと内容がかなり被る点が多い。
話してる内容がかなりシンクロしている。
 
前世?がムーの神官だったような話しもしており、
丁度同月にYAP遺伝子とムーについての記事を書いたばかりだったのでタイムリーだった。
 
 
 

宇宙人の儀式

今年はUFOを見るか乗るかしたいなと思ってたけど、
本当に乗ったことある人と話す機会が出てくるとは…

 

 
でも5往復して吐きまくったという体験談は壮絶だし、
吐くのは苦手だからちょっと引く。
奇跡のリンゴの木村さんはそんな感じじゃなかったと思うけど、宇宙人の種類にもよるんだろうか?
 
坂本廣志さんの場合なんて、美女系の宇宙人に抱きしめられて色々とオトナの儀式を受けたらしい。
嘔吐拷問系よりそっち系の方がいい気もする。
 
 
 
 
 
 

アルクトゥルス人から地球人へ

アルクトゥルス星人と言えば、アルクトゥルス人より地球人へ という本を、度々このブログやTwitterでも紹介している。
 
2018年2月に買ったけど、
その前の月からゾロ目が頻発するようになって、
333のゾロ目が続いた後に購入した本だった。
 
 
1ドル111.111111円の瞬間。

 

真夜中に目が覚めて333

 

 
333のゾロ目は、“アセンデットマスター”に守られてるという意味らしい

 

 
代表的なアセンデッドマスターには、
イエス・キリスト聖母マリアブッダ、観音などがいるらしい。
 
 

 

Twitterでよくチェックしてたアカウントが、 

アルクトゥルス人より地球人へを紹介していた。

 

 
数日後、少し前から注目していたhappyちゃんもこの本について言及

 

 

 
この音源を聞いた時、かなり不気味な音だったので背筋がゾクゾクした。
次の日頭痛くなったし。
 
 
人間選別が目に入る(リツイートした元のツイートは消されてしまって詳細は思い出せず)

 

 
(下記リツイート=上のツイートのこと)

 

 
ライトワーカーとは

 

 
忘れてたけど、このメッセージを機にこのブログを始めた部分もあると思う。
 
 

 

 

 

 
 
ここまでが去年2018年1月~2月の流れ
 
 
369という数字については、2017年終盤頃からシンクロが続いていた。
 
 
読了

 

 
 
振り返ってみると、直観的に333や999に込められたメッセージを確信してるし、
369という数字も続いていたので妙に気になっていた。
 
1年後、アルクトゥルス人とコンタクトを取っているというミロク氏と知り合うことになったのも偶然とは思えない(369=ミロクだし)。
 
 
ミロク氏が言うには、
このアルクトゥルス人から宇宙人へにも、
同様にキリストとマグダラのマリアアルクトゥルス人だったという記述があった。
 
 
 
 
 

Re MU Rearth:レムリアース

 
1/31
そんな流れで、ミロク氏がFacebookで運営するオンラインコミュニティ
「Re MU Rearth:レムリアース」に潜入。
 
自己紹介を書くコーナーがあったのでとりあえず書いた。
 
 
 
ミロク氏は、この宇宙の法則の研究と実践ブログを読んだらしく、
自分(sats)のことを“重要人物”ととらえているらしい…
 
どう重要なのかとても気になる。
 
初っ端からインタビュー企画を提案された。
宇宙人らしい。

 

 
 
インタビューとかしたことがなかったし、
するにしてもまだミロク氏の全体像を把握していなかったので、
とりあえずミロク氏がAmazonで出している電子著書を読むことにした(読み放題0円だったし)。
 
 
 
1/27
この数日前にAmazonから、“あなたへのオススメ”として、
願望実現最速化という本の案内がきていた。
 
内容がシャーマンで369円。
 
パッと見ミロク氏の名前は書いてなかったが、これも後で確認したらミロク氏のことについて書かれた本だった。
(ミロク氏が書いたものではなく、ミロク氏とやりとりをしていた人が書いたものだった)
 
この直後に、YouTubeでミロク氏との対談記録を配信しているKinji NewStyleさんより、TwitterでDMを頂いた。
 

 

 
 
翌日には車のナンバープレートなどに369を観測
 
 
369シンクロが続く。
 
 
 

伊平屋島シンクロ

2/1
ミロク氏のFacebookグループに入ったものの、Facebookをあまり使い慣れてなくて、
部屋もたくさんある?みたいで操作がよくわからず。
 
1年くらい前に、Twitterベーシックインカム沖縄さんのアカウントを見て、WEB署名したんだけど、
期待も込めてベーシックインカムの必要性をことあるごとにツイートしてたこともあり、
ベーシックインカム沖縄さんのアカウントの中の方からメッセージを頂いて少しやりとりした。
 
その経緯もあって、その中の方とFacebookで友だち登録をしていた。
 
 
ミロク氏のグループに入ったところ、その中の方も参加しているようだった。
Facebookは友だち登録してる人が同じグループに入ってるとすぐ分かる仕様らしい)
 
 
それを見て、その方からFacebookのメッセージをもらっていたのに、
1年も放置して返していなかったことに気付く。
 
気まずいな~と思ってメッセージしてみたら、ミロク氏とは友人らしいことが判明。
 
さらに話しを聞いていると、和歌山県熊野三山に来ているらしく、
これから沖縄の伊平屋島というところへ行くらしい。
 
 
丁度そのメッセージで伊平屋島の文字を見たと同時に、
Twitterで少し前に書いていた、伊平屋島のことに関するツイートに“いいね”が付いた。
(ミロク氏の動画を見ていて、重要そうなところを抽出してツイートしている中で、伊平屋島のことについても書いていた。)

 
 
 
こういう同じタイミングでシンクロするのは、何かのメッセージかなと思ったので、
伊平島について調べてみた。
 
すぐに伊平屋島に関して書かれている天下泰平ブログの記事を発見。
(天下泰平ブログは、ネットで気になることを調べるとかなりの確率で先回りして書いてあるのがすごい)
 
 
 
伊平屋島にあるくまや洞窟の儀式を録音した「くまのよあけ」というCDがあるらしい。
曲目を見たら、光明真言、般若心経、ディジュリドゥ、あわのうたなど、気になって記事に書いたことのあるフレーズが並ぶ。
 
 
 
 
特に光明真言と般若心経は、セットで唱えると最強だと聞いて、
先月この2つを唱えてみた数時間後に、
フォロワさんからミロク氏のYouTube動画を紹介されたという経緯がある。
 
 
光明真言と般若心経には浄化の作用があるらしい
 
 

 

 
 
ディジュリドゥについても以前記事に書いている。
 
 
 
ミロク氏のグループの投稿を見ていたら、
ミロク氏も熊野三山伊平屋島へ行くような話しをしていて、
よくよく話しを聞いてみたら、
なんと丁度その時、ミロク氏とベーシックインカム沖縄の中の人が、
同じグループとして一緒に行っていることが判明。
 
 
そういえば1年前ベーシックインカム沖縄の中の人とTwitterでメッセージのやり取りをしていた内容を思い出したけど、
話しの流れで縄文時代や人類の起源の話しになって、
丁度自分が瀬織津姫とムー大陸再浮上アルクトゥルス人より地球人への本を読んだばかりだったので、
その流れもあって、かなり長文でそれらの内容について紹介していた。
 
そんなベーシックインカム沖縄の中の人が、アルクトゥルス人と主にコンタクトを取っているというミロク氏と一緒に行動していて、
お互いベーシックインカムを実現しようとしている…世間狭すぎるシンクロ。
 
ベーシックインカム沖縄UBI3000さんは、
この前の沖縄県知事選でも候補者を立てられていたようで、
現在ミロク氏含め仲間たちと次の手を練っているらしい。
そのメンバーの一人が、先月新たな政治団体「おきなわ ひの丸」を立ち上げたそうです。
 
 
なんか一気に沖縄の政策にも関わる現実味を帯びた話しになってきた。
下記公式サイトからWEB署名もできます。
 
 
 
 
 
 

願望実現最速化

願望実現最速化の本は、ミロク氏の発言を「Re MU Rearth:レムリアース」のメンバーがまとめたものらしく、
この時点で出ていた3冊全部読んでみた(Kindle Unlimitedに入っていれば0円)。

 

 
聞きなれない横文字の語彙もあって、量子の話しなど理解しづらい部分もあったが、
やはりこのブログで1年間書いてきたこととも被る部分が多く、
特にシンクロニシティーの定義や、チャネリング、仮想現実、超意識の使い方などについて、
より詳細に解説されている本だった。
 
このシリーズはまだまだ続くようです。
 
 

11時11分11人目

ミロク氏のFacebookの投稿を見ていたら、
2月5日の新月の日の夜に、Facebookでオンラインセレモニーというものをやるという告知をしていた。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304190519j:plain


 
 
 
 
当日、オンラインセレモニーって何するんだろう?と思いながら銭湯でいい湯につかっていた。
ちょっと開始の23時も超えそうだったので、帰りまでに369の数字を見たら参加しようと考えていた。
 
 
そしたらドンピシャで3・6・9の数字を見てしまう。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304190601j:plain

 
 
(その時撮った画像じゃないけど、同じバスの同じ広告の写真)
 
 
ということで、遅刻気味だけどオンラインセレモニーというやつに突撃!
 
動画の54:38~
 
 
自分が参加したのが、丁度11時11分で11人目だったらしい。
参加のタイミングまでゾロ目がそろう。
 
※ちなみに自分は音声だけの参加で、画面右側に映ってる髭ロン毛の外国の方は別人
 
 
 

未知との遭遇~宇宙人インタビュー

 
2/9 
ミロク氏関連の著書も4冊読み終わり、聞きたいこともまとまったので、
早速「Re MU Rearth:レムリアース」のFacebookグループでのトークライブ。
 
3時間20分とかなりボリュームが大きくなってしまったので、
トピックごとに30個に分割した。
 
 
1月にYouTubeでドラコニアン(宇宙人の種族)の属性運気の動画を見て、
それが運気の考え方で、運気=徳-業(カルマ)という計算式が成り立つという内容だった。
魂的に良い行いをすると徳が積めて、悪い行いをすると業としてマイナスになる。
徳分から業分を引いたものが、その人の運気だという内容。
 
その動画を見た日の数時間後に、東京の国立にある谷保天満宮という神社(菅原道真が祀られている)へなんとなく参拝した。
丁度ZOZOの前澤さんがリツイート&フォローで総額1億円プレゼント企画をやっていたが、
あんまりお金ばかり配ってるアカウントばっかフォロワが増えるのも何か嫌だなと思って、
それに便乗して、その運気の考え方の動画を拡散したら良い感じになるかなと(循環するという意味で)、
それがアイデアとしてインスピレーションとして降りてきた。
それでTwitterで開運ツイートを作った。
 
「このツイートをリツイートしてくれた人は【究極の開運法&本当の人間選別に生き残る方法】を教えます。」という形で。
いかにお金を使わずにフォロワを増やせるか(そういう考え方を広げられるか)と思ってやってみた。
 
その開運ツイート企画をした後に、以前Amazonでドラコニアンに関する本があったのを思い出して見返したら、
著者が宇多天皇の何代目かの末裔だった。
 
宇多天皇菅原道真が出世するきっかけになった天皇
菅原道真宇多天皇に気に入られて、抜擢されてどんどん出世していった。
 
ドラコニアンの動画を見た後に、何もそんなことを全然知らないで谷保天満宮に行ったら、菅原道真が祀られてる神社だったというシンクロだった。
 
開運ツイートをリツイートしてくれた人の中に、ミロク氏のFacebookグループ(Re MU Rearth:レムリアース)に入ってる方がいて、
その方からミロクさんの動画を紹介された。
 
経緯を書いた記事
 
 
※全部この調子で文字起こししようと思ったけど、さすがに長過ぎて時間が掛かりそうだったので断念。
以下は動画のみでご覧下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トータルで3時間20分にも及ぶトークライブだったけど、
色々な話しが出てきて、かなり濃い内容だった。
 
本当はもっと聞きたいこともあったけど、さすがに長くなってしまったので消化できず。
突然神事が始まったり。宇宙語も出てくるなど、
動画では見ていたとはいえ経験したことのない場面で、
どういう顔をしていいか少し戸惑った(微妙な表情で伝わると思う)。
 
宇宙人とのチャネリングをしながら喋ってるということらしい。
23:00~40:00 動画の3~8にザーザー雑音が聞こえるのは降りてきてるからだろうか(特に5、6の後半や8が顕著)。
 
まさに未知との遭遇
 
 
これまで書いてきた記事の内容と被る部分も多いけど、
それでも天皇とか新しい文明とかすごい話しなので、まだ半信半疑な部分がある。
見る人によっては認識にアップデートが掛かるらしい。
 
実際にこの動画をTwitterでシェアしたところ、フォロワさんの中には一気に見たという人もいて、かなり興味を引く内容だったようです。
(ちなみにY氏はこの長い動画を3回も見たとか…)
 
誰かの役に立つかもしれないので、分割してYouTubeにアップしてみます。
naokimanへの情報提供にもなるのかな?
 
 
 

アヤワスカ・ビジョン

動画の中でミロク氏から、アヤワスカを摂取するというマスタコースを勧められたけど、
人から誘われてグループに入って1週間くらいしか経ってないので、よく概要がわかっていなかった。
 
なのでアヤワスカについて情報収集。

 
 
アヤワスカを飲んだ時のビジョンらしい

 

 
 
Twitterアヤワスカについてツイートしてたせいか、
とあるLINEグループを運営しているという方からメッセージをもらってお誘いを受けた。
そのグループでは、サイケデリクスを主として、スピリチュアルな雑談、情報交換をしているという。
 
グループに参加してみると、人数は60人くらい。
入って早々に、病歴とOD歴を交えて自己紹介をお願いされた。
 
病歴とOD歴…(って何?)
 
何か誤解されて誘われた…?
 
 
グループ内にはアヤワスカ※を飲んだことある人も何人かいるようだった。
 
※厳密には、アヤワスカに使われる植物を、
別の植物で置き換えて作られた「アヤワスカ・アナログ」というものがあるらしい。
 
 
グループの中の会話は何の話しをしてるのかわからなかったが、
幻覚剤の影響下にある時に、
幾何学模様(フラクタル=自己相似形)の視覚パターンが見えような話しが目に付いた。
 
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190306001459g:plain

wikipediaから引用。
弁財天の三つ鱗のマークそのもの。
 

 

 
 
弁財天と言えば龍や蛇だし、
アヤワスカなどの幻覚で蛇のようなものが見えているのも関係があるのかもしれない。
 
 
また、グループではサイケピラミッドと次元に関する画像がシェアされていて興味深かった。

 

 
アヤワスカに含まれるDMTがピラミッドの頂点にある。
色々調べてみたら幻覚最強とか、世界観、人生観すべてが覆るとか、
かなり強い作用があるものらしいことがわかった。
 
そんなすごいものだったとは…
 
 
LINEグループで、自分のブログ記事を見た方より、
自分(sats)なら「あの体験をうまく言語化できると思うから期待してる」というようなことを言われた。
 
 
自分自身タバコすら吸わないし、酒も飲まない。
まして幻覚とかに興味を持ったこともない。
気持ち悪くなるのも吐くのも嫌いだし、アヤワスカを飲む動機がなかなか見つからない。
 
 
しばらくアヤワスカのことについて考えていたら、
ふとチラシの電話番号が目に入る。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304200008j:plain

 
 
50-5555
 
ゴーーゴーゴーゴーゴーって…(丁寧にフリガナまで…)
 
 
ミロク氏とのやりとりをまとめた 願望実現最速化Vol.3に載っていたシンクロパターンそのものだった。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304200303j:plain


 
 
…完全に飲めって言われているようにしか思えない💧
 
 
 
いくらこれまでシンクロを追い掛けてきたとは言え、今回ばかりは幻覚最強だしさすがにハードルが高い。
この時点で、まだミロク氏やグループを紹介されて1週間ちょっとだったし、
自分がこれを飲むことでどういう状況になるのか想像もできないし、まだ判断がつかない。
 
“リセッター”の角田さんから瞑想し過ぎで危険と言われたばかりだし、
人によって霊感を開いて良い人と開いて悪い人、個人差などもないのか気になる。
 
シューマン共振波が上がっていて、自然に霊能力が上がるらしいけど、
それでもあえて薬草に頼る理由は何なんだろう?
とにかく飲めと言われてもなかなかね。
 
 
本当にシャーマンに縁があるなら“補正現象”とやらで導かれるみたいなので、
それまでのんびり過ごしたい気もする。
 
 
ふと思ったけど、幻覚作用と宇宙の次元が関連するということは、
宇宙の次元の概念は=幻覚作用ということなんだろうか?
この認識に立って、宇宙はそれぞれの人間が作り出している仮想現実説について考えると、辻褄が合ってくる。
 
 
 

警鐘

スピリチュアルに関する警鐘 

そんなことを考えていたら、
Twitterで妙に不安を煽るようなツイートがやけに目に付き出した。
 
第三の目は悪魔のポータル(第三の目=松果体

 

 
チャネリングの危険性

 

バシャールに関して

 

 
 
一方で、松果体については前向きとも取れるツイートもある
上のツイートから3年くらい経ってるけど、中の人が変わった?

 

精神のバランスを保つには、頭脳と感情のバランスを整えることが大事らしい

 

善の主人が思考であり、悪の主人が感情。
感情に従うことの重要性が言われることの多い、一般的なスピリチュアルとは逆のことを言ってるように見える。

 暗闇からの悪魔のささやきって…

 
 
悪魔が計画する「アセンション

 

 
 
 
プレアデスにも色々な勢力がいて結構複雑らしい。
騙されて他の惑星に持っていかれるって…

 

 
 
COBRAコブラ)について

 

プレアデス高等評議会、コブラ、PFC-JAPANは偽物?

 

 コブラ情報は、たまにYouTubeとかで動画を見ることがあるから真偽が気になる。

 
 
 
 
このIMO10さんのツイートは、フォロワさんに“いいね”されて、
結構タイムラインに流れてくる。
ツイート内容は他では聞かない内容が多く、宇宙人事情に関する詳細な記述が特徴。
 
適当に気になるキーワードで検索を掛けて抽出して見たけど、
ツイート内容は非常に濃く、まだまだ挙げればキリがない。
 
スピリチュアルや宇宙人に対する警鐘的なツイートが多いから気になっている。
 
 
 

大日月地神示と神人

IMO10さんのプロフィールを見ると、
「神人霊媒日記」~大日月地神示~というサイトのURLが貼ってある。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304203441j:plain

 
 
 
「神示をスマホの朗読機能で、霊に読み聞かせると浄化されます」とある。
 
最近自分の中でお祓いブームなので、
早速「大日月地神示」というやつを全部コピペして、
パソコンの読み上げツールで流してみた。
 
 
大日月地神示で、「おおひつくしんじ」と読むらしい(地は発音しないんだろうか?)

 

 
 
内容は至極真っ当なことが書かれているような印象を受けた。
 
 
 
 
「神人霊媒日記」は、
神人(かみひと)という青森出身、京都在住のシャーマンの方の発信を、
承認を受けた上で転載したものらしい。
Twitterのアカウントの人とはまた別の人のようで、どういう関係なのかは不明)
 
神人氏は、シンガー・ソング・ライター&スピリチュアル・メッセンジャー&講師&脚本・演出家などもされていて、
地球を愛(いつく)しむ人が増えることを願い開催されているチャリティーイベント
『地球愛祭り』の発起人でもあるという。
「大日月地神示」は、
神人氏を通じて、異次元世界より降ろされ続けている地球人類に対しての神示らしい。 
 
 
PV映像の一つ。
 
 
 
CDのジャケットの画像がシンクロ

f:id:utyuu_no_housoku:20190306151433j:plain

 

PV映像にはライブの様子がアップされているけど、

ヒーリング演奏による浄音ライブなど独特で、

単純に音楽性という観点からも非常に高いものを感じた。

神人/PV映像

 
 
IMO10さんのツイートを見ていると、
どうやらチャネラーには善良な存在と邪悪な存在がいるとしているようで、
IMO10さん的には神人さんは日本神界公認のシャーマンらしい。

 

 
何が公認・非公認か、善良・邪悪なのか、
見えない世界の話しなので、なおさら判断が付きづらい。
スピリチュアルや宇宙ブームで色んなことを言う人が増えてきている分、情報の整理は必要そうです。
 
 
 

地球外知性体との関わり方

 

 
 
 
確かに何かすごい知識を持っていたりすると、尊敬や情的な部分から、
「その人の言うことはすべて正しい」となってしまい、
冷静な判断を失っているとも取れるような状況はあるかもしれない。
 
でも普通に考えたらすべての言動が正しい人間などいないし、
それは見えない存在についても同じということなのかもしれない。
 
宇宙の叡智は大いに活用しつつも、正しい距離感を持って関わるのが良いようです。
 
 
 低級霊の判別と対処方法

 
低級霊の道具にされないように、日頃から自分自身の魂を磨いておくことが大切なようです。
 
この辺りは
にも繋がってくる。
 
 
ただ、“上の低級霊の判別と対処方法”からしたら、
「前世の身元、未来の予知、古代大陸文明、UFO、宇宙人、原罪、サタンなどについて述べるようなことがあった場合にも、低級霊」
としているため、
昨今の宇宙ブームが全部当てはまってしまって、
これはこれでかなり極端な判別方法にも感じられてしまう。
 
夢の無い話しだし、ここに書かれているからというだけで判断するのもつまらない気もする。
 
やはり一つのことを鵜呑みにするのではなく、強要などからは適度な距離を保ちつつも、
個別に見極める必要はありそうです。 
 
 
それにしても、まさか宇宙人の情報を追っていて、
それが霊的な世界と関連があるとは思ってなかった(霊的な方はあまり興味がなかった)。
 
 
 
神人さんのサイトのライブ情報を見てみたら、全国をまわって講演会やライブをされているようだった。
直近の予定を見てみたら、丁度週末にすぐ近くの東京の国立で講演会があるらしい(シンクロ)。

 

 
その国立の講演会は既に満員御礼だったけど、
CDのジャケット画像といい、ツイート直後に近くで講演会が開催されることといい、
シンクロが重なるのも何か縁があるのかなと思って、
 
 
 
特に第一部の「神人がシャーマンになるまでの経緯」は、
突然シャーマンのマスターコースを勧められるという、
予期せぬ展開になってる自分にとってもタイムリーな内容。
 
 
 
 

般若心経とモーツァルト魔笛は魔物に効果あり

 

低級霊の判別と対処方法に、

「私達は常に、未熟な霊・低級な霊・凶悪な霊に取り囲まれている」とあった。

これについては以前誰でもできるお祓い法の記事にも、

オーバーシャドウ現象として同様の内容を書いた。

 

GAIA FORCE TVがこの魔笛フリーメイソンイルミナティや日本人との関連について動画をアップしていた。

また坂本廣志さんも魔物に効果があるとして、
般若心経モーツァルト魔笛の話しをしていたので紹介する。
 


 
モーツァルト魔笛YouTubeで検索するといくつか出てくる(結構長い)
般若心経については以前記事を書いてます。
※光明真言の方は現在検証中 
 

 

 
 

アルクトゥルスは大魔王?

坂本廣志さんが、京都の鞍馬山で大魔王と戦った時の話しをしていた。

 

この鞍馬山の魔王殿というのが、アルクトゥルス人とされているサナトクマラが、
650万年前に宇宙船で降臨した地らしい(時間軸がすごい)。
 
この部分は推測になってしまうけど、
この話を聞いて、坂本さんが言っている大魔王というのは、
同じ鞍馬山という場所からして、
アルクトゥルス人なのかなとも取れる。
 
 
ただ、坂本廣志さんはレプティリアンという宇宙人の血が入ってることも公言している。

 

 
レプティリアンは3次元→5次元へのアセンションができない?

f:id:utyuu_no_housoku:20190304205628j:plain

 
 
 
日本人にもレプティリアンタイプは普通にいるらしいけど。 

 
 
 
指紋のタイプから見るレプティリアン判別法

 

ここでいうご先祖族はどの種族を言っているかは不明 (ドラコニアン?)
ただアメリカ人だから良いとか悪いとか言わないように、
レプティリアンでも、いい人も悪い人もいそうな気がしないでもない。 
 
 
大魔王と聞くとヤバそうな感じだし、
坂本さんの別の動画では、鞍馬山に近づくと祟られると話しているものもあった。
 
戦ったのがアルクトゥルスの勢力となのかは分からないけど、とりあえず鞍馬山にいる何らかの存在とはある種の敵対関係にあることは確かなようです。
 
 
見方を変えれば、坂本さんがガンで死にそうになってる妹の“お迎え”という自然の摂理?に反して逆らってるようにも見える?
 
こういう宇宙人のポジショントークは、それぞれの背景が違う以上、
一方の話しだけを鵜呑みにして結論は出せない。
検証が必要そうです。
 
 
 
 

理性と直観

一神教/多神教、悪意の大人/天然の子ども、左脳/右脳

日本神界という神様の世界があるというのも興味深いけど、
やはり神社に祀られている神々や、古事記に出てくる神々が所属しているんだろうか。
2、3年前に古事記の宇宙という本を読んだが、
当時は神々のこともよくわかってなかったので内容を覚えていない。
(今読んだら見えてくるものがあるかもしれない)
 
 
神様とか宗教に関連して、
一神教多神教についての面白い考え方があった。

 
 
 
 
この最初の記事を書いてる白石泰三氏も面白い経歴の持ち主。
 
2017年4月、交通事故により4日間意識不明となり、生死の境をさまようが奇跡的に生還。
体外離脱や臨死体験パラレルワールドを垣間見たことによって意識に大変革を起こす。
以降、トークイベント、セミナーを通じて「この世界のカラクリ」を伝える活動をしている。
 
 
一神教が左脳的、多神教が右脳的
というのは面白い見方だと思ったけど、
右脳、左脳と言えば、
ちょっと前に流行った「うさ脳診断」
 
 
 
自分は「さう脳」だった(インプットが左脳、アウトプットが右脳)。
簿記持ってるし、税計算とか文書の校正とかミスが許されない仕事もしてたから結構合ってる。
 
左脳=理性、右脳=直観とも言えると思うけど、
東大名誉教授で医師の矢作直樹さんも、
理性と直観について以下の動画で次のように話している。
 
 
38:09~
理性と直観の両方のバランスが重要なように思う。
直観と思ってることが単なる妄想ということもあるだろうし、
その時に今までの経験を踏まえた理性的なものが、
カウンターバランスとして重要だと感じている。

 

 
 
現代人は左脳が優位と言われていて、右脳や松果体の活性化の重要性などが言われている。
ただ、社会システムの変容が追い付いていない中で、
強力な薬草などによって、右脳や松果体を活性化させることについての懸念もある。
 
特に自分自身、この3年間人工の音源を使って1日10~20分程度瞑想をしていたが、
そのことについて“リセッター”角田さんから、
「瞑想のし過ぎで危ないというのが出てる」
と言われて最近は控えている。
 
今の状態でも結構色んなものが降りてきてる感じはするし、
個々人に合ったバランスというものもあるのかもしれない。
 
 
 
 
 

Y氏、宇宙へ

2月9日の宇宙人とのトークライブ「未知との遭遇」から間もなく、
「Re MU Rearth:レムリアース」のグループ内で、
「2日後に東京・吉祥寺の井の頭公園にて「Hape」というメディスンによる儀式を行う」
という告知があった。
 
ミロク氏によるシャーマニズムメディスン「Hape(Rapé)」の解説
 
 
松果体の石灰化を除去するものらしい。
 
この儀式に、なんとY氏が参加することになっているらしい。
 
しかも既にY氏は、いつの間にかIASAのマスターコースへの参加を決めていて、
2月末に予定されている沖縄でのアヤワスカのセレモニーにも直接出向いての参加も決めているとか…。
 
グループへ参加して1週間程しか経ってないのに、裏でそこまで話が進んでいたことに驚いた。
Y氏をそこまで駆り立てるものは何なんだろう?
 
自分も井の頭公園はよく行くし、井の頭弁財天への初詣もまだだったので、
勢いで参加表明。
 
 
ただ参加表明をしたはいいものの、その後に松果体について調べている中で、
前述のIMO10氏の松果体や宇宙人に関する警鐘的なツイートがやけに目に入ってきた。
 
直前に「松果体」で過去のツイート検索したら出てきたやつ(再掲)

第三の目は悪魔のポータル…
一般的なスピリチュアルを全否定するような内容
 
 
Twitterの別のフォロワさんで、グループに入っている人に参加するか聞いてみたら、
「行きたかったが、結婚記念日が被って行けない」という。
 
結婚記念日が被った…
そんな記念日が被るなんて、行ってはいけないというメッセージなんじゃ…
 
 
 
しかもY氏、前回“リセッター”の角田氏から、
「あまり調子に乗って突っ込んでいくと、後々後悔する」と言われていたような…
 
闇へと堕ちていくY氏…
 
 
見えない上に、分からない世界の話しなので、色々調べたり意見を聞いたりしてみた。
 
 
霊感を開くことについての危険性について
 
 
なるほど、魂というのは物理的にも入る場所があるらしい(鼻水やゲップが出たりするのは物理的に入ってきてるから?)。
というかリスクも結構ありそうだな…
 
というか、人にすら干渉されたくないのに、見えない存在からまで干渉されるのも面倒な気がする。
 
どんどんネガティブな憶測が頭をよぎってきた。
 
 
Y氏は、自分(sats)がブログ記事でミロク氏のことを書いたことがきっかけとなって、グループに参加したような部分もある。
だからちょっと責任を感じる部分もあり、その儀式の前日にY氏に直接電話をして、
念のため引き止めを試みた。
 
 
→あえなく失敗!
 
 
今は直観に従うモードらしい。
 
井の頭公園でY氏が泡を吹いて倒れている場面が頭に浮かんだ(警察24時とかでよく見る確保されるやつ)。
 
 
そんなことを考えていたせいかはわからないが、段々頭痛が出てきた。
当日は朝9時集合だったものの、
朝起きたら普通に朝9時だったこともあり当日キャンセル。
 
 
グループでは、Y氏が儀式を受けている様子の動画がアップされていた。
特に泡を吹いている様子はなく、意外に普通に座っている。
これには少しホッとした(と、同時に心のどこかにガッカリした気持ちもあった)。
 
その後のグループへの投稿を見る限り、Y氏はやけに上機嫌そうで、
取引先にミロク氏のことを紹介するなど、熱心に布教活動を行っているようだった。
 
 
 
 
 
そのわずか4日後、Y氏あっさりアヤワスカ摂取開始
 
 
 
 
数時間後、いつものようにY氏から怒涛の“いいね”が来たことで生存を確認
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304211347j:plain

 
 
Y氏は周囲に、「これからおかしなことにならないか俺の様子を見てて」と言ってまわってるらしい。
 
自分としては知り合ったばかりなので、おかしくなってるのか、元々おかしいのか判断がつかない気もする。
 
 
今後も止められないY氏の動向に注目です。
 
 
 
 

易占とシンクロ

YouTubeだったり、Twitterのアカウントだったり、
ここ3年くらい自分が注目した人とはシンクロしまくるという現象がよく起きる。
 
易占も直観が求められる占術。
 
 
2/19
去年を占った易占について振り返ってツイート。

 
 
その2時間半後にミロク氏の動画をKinji New Styleさんがアップしていて、
内容がまったく同じというシンクロ。

 

 
ちなみに今年2019年を占った易占

 

 
開運ツイート企画を機に色んな方面から声が掛かって、
2月に入って一気にコミュニケーションを取る場面が増えてるし(若干混乱中)、
既に事象として表れている。
 
 
自分が持ってるコインで占える易占の本 3冊紹介(オススメは黄色いやつ)
黄小娥の易入門

黄小娥の易入門

 
最高の人生教科書 易経 「陽転易学」で道をひらく

最高の人生教科書 易経 「陽転易学」で道をひらく

 
マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

マーフィー博士の易占い 運命が不思議なほどわかる本 (王様文庫)

 

 

 
 
 
さらに、2月21日にスーパーでの会計が2222円で、
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304211827j:plain

 
 
その翌日、ミロク氏がゾロ目に掛けてか、
2月22日22時22分の瞑想会をやるとアナウンスしていた。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304211912j:plain

 
 
2222って何か意味あるのかなと思って調べてみたら、
「信じる心と信じる勇気が道を切り開きます」
 
 
疑心暗鬼なのバレてる 笑
 
 
 
というか、特に宣伝してるつもりはないのに、
自分がミロク氏のことについてツイートする度に興味を持つ人が増えて、
いつの間にかグループに引き込んでしまっているような気もするけど大丈夫なんだろうか。
 
2月はスピリチュアルとか、宇宙系とか、都市伝説系のアカウントのフォロワさんが一気に増えた。
またフォロワさん同士も繋がっているようで、たまにタイムライン見るとにぎやかだった気がする。
 
 
2月のフォロワ推移

 

 影響力が出てくると今までのように人の目を気にせずともいかなくなってきそう。
あえてバランス取るためにも、スピリチュアルに関する懐疑的な視点も踏まえて発信していく必要もあるかもしれない。

 

サビア占星術~吊るされた男

 
Twitterで新あんみんさんという精神世界研究家の方がいて、フォロー頂いたことをきっかけに最近絡んでいる。
 
精神世界について30年以上研究されているとあって、
記事内容やTwitterのリプを見ているととても博識な方のようです。
うさ脳診断では「うう脳」のかなり右脳的・直観派の方らしい) 
 
新あんみんさんのサイトにサビア占星術というものがあったのでやってみた。
 
神秘のあんみんさんのサイト
 
その中に、あなたのサビアンシンボルというのがある。
 
 
自分は太陽が蟹座2度だったんだけど、
その解釈が面白かった。
 
蟹座2度「広く平らな場所の上につるされた男性」
 
 
これについて、他の人の解釈の比較が載っていて、その中に、
「魔法のカーペットに乗った人が 足下の広大な土地を眺める」というのがあった。
 
 
 
 
宙吊りにされたような不自由な状況に身を置くというような解釈と、
他方で、魔法のカーペットて自由に飛び回るような広いビジョンを手に入れるというような解釈みたいだけど、
注目を集めて悪目立ちしやすいとか(だからなるべく目立たないようにしている)、
俯瞰した位置から物事を見る傾向がある部分とか、
個人的にピンと来るものがあって面白かった。
 
記事にもあるように、新あんみんさんによると、
サビアンシンボルは地上に届く宇宙エネルギーをそのまま読み込んだもの”
と解釈されているようです。
 
そのため解釈自体も見る人によって異なるらしい。
直観力が問われそうです。 
 
 
これは他の占いについても言えることだと思うけど、
例えば易占の64掛などを見ても、本によって解釈が微妙に違ったりするのとも共通している。
 
 
 
 
あと、四柱推命なんかでも五行のバランスや配置を見て占うわけだけど、
例えば、日干の五行(比劫)が並び、財星を剋す形は、
「比劫争財」として、「兄弟姉妹、友人が財を奪い合う命式」と言われたりもするけど、
他方では、「相手の心情の本質の射抜く」と見る人もいる。
 
天才将棋棋士羽生善治さんの命式です。
 
 
それ自体に良し悪しなどの意味付けをするのは、人間の解釈に過ぎないようにも思える。
人生のシナリオは、自分の魂が選んできているという説もあるようなので、
持って生まれた宇宙エネルギーをどう生かすかは自分次第…
魂的に何を学ぶのかも自分自身ということなのかもしれない。
 
 

 

 
 
 

霊媒師の命式と“自分を生きる”

自分以外の勢いに従う

丁度ミロク氏のプロフィールに生年月日が載っていたので、五行的に見てみた。
 
(載せるかどうか迷ったけど、宇宙人とコンタクトを取るシャーマンというタレント性や、
大々的にPRしてほしそうな雰囲気を感じたこと、
また、他の教祖の命式との共通点もあって、見出した見解も占術的な価値にもなりそうだったので載せてみます。)
 
毎度のことだけど、占術の専門的な話しなので、伝わらない部分もあるだろうけど、
なんとなくの雰囲気が伝わればいいかなと。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190304212751j:plain

 
日干己土で、水が旺じる亥月生まれ。
まず先に目に付くのが月柱、年柱ともに癸亥と、天地ともに水の財星で団結している。
 
財星といえば、
「自身の置かれた外部環境を察知する能力、センサーのような能力に関与する」
とされるけど、
 
これが日干に隣接すると、
「目標を設定して、その目標に向けて努力する」
というような性状・行動面の事象が伴うことになる。
この財星の力量がかなり大きい。
 
大運を見ると13歳から金が旺じて、
17歳から36歳まで辛酉、庚申と、天地ともに金の食傷。
 
食傷は、
「自分の意思を、他人が認識可能である形や状態にするための行動すべてに関与する」
とされるので、
表現したり、発信するような事象に繋がる。
 
Facebookでは毎日のように情報発信をしていることにも表れている。
 
財と食傷は、日干から外向きに働くエネルギーなので、外向的傾向が強くなる。
 
水は五徳(五常)では「智」。
変化性、適応能力。
水が強いと気分が変わりやすく、時に朝令暮改と評されることもある。
 
金は状況判断能力であり、果断可決※な傾向がある。
 
(※果断可決…迷うことなく方針を決定するのに時間をかけないこと)
 
 
水金が強く、五行的には合理的な傾向。
一見シャーマンという職業とは逆なイメージの性質なのも面白いところです。
 
 
 
状況に合わせて臨機応変に対応し、どんどん方針を決めていく様が見て取れます。
(グループへの投稿のスピードが速くて付いていけてない)
 
 
 
 
 
命式の強い財星と、大運で巡ってくる食傷は、いずれも日干を弱めるけど、
四柱推命では、日干の五行以外が極端に強い場合、
従格という特殊な命式(外格という)の形になる(ただし完全に成立するのは僅か)。
 
通常、五行的には日干の五行が、
強ければ弱め、弱ければ強めてバランスを取ることが良しとされるけど、
従格などは極端に偏っているため、その偏りをあえて生かす…
すなわち、強ければさらに強め、弱ければさらに弱めることを良しとするといったように、
喜忌(良し悪し)が逆転することになる(格というのは、麻雀の上がりやすい役のようなもの)。
 
命式だけなら強い財に従う従財格だけど(日支に比劫があるので完全な形ではないけど)、
大運の食傷と併せて考えるなら、従勢格が一番近い形(ただし時柱に比劫などが無い場合)。 
 
 
従勢格というのは「自分以外の勢いに従って生きる」という意味で名付けられている。
 
霊媒というのは、霊的存在という自分以外のものに体を明け渡すものらしいので、
自分以外の勢いに従ってる生きるというのは、ある意味当てはまっているようにも思える。
 
 
上の従勢格のサイトに、自我を強めると運気が悪くなるとあるけど、
日支に比劫があって自我の支えあり。
この辺りは命式のカギとも言えるかもしれない。
 
従格は日干の五行の力量に比して、影響を受ける対象が大きいので、
時にすごい力を発揮する。
それだけ外部の対象にエネルギーを向けて(もしくはエネルギーを受けて)、
時にとんでもない結果を出すことがある。
以前、ともに従格の例として、那須川天心とマイケルジョーダンについての記事を書いた。
 
 
37歳からは、大運も金の食傷運から土の比劫運(自我が強まる)にガラっと変わるので、従勢格からは外れて五行的には大きな変化になりそうですが、
2つの己未の土と、2つの癸亥の水の戦い…
 
2つの五行が拮抗するのは、両神成象格というらしいけど、
バランスしているが故に、生時と年運に巡ってくる五行によって喜忌(良し悪し)は変わってきそうです。
 
自我(比劫)が強まり、目的意識(財星)が自我の力量に見合った、より現実的なものになるとも読めるかも。
 
 
 
 
霊媒師(シャーマン)の命式も研究の余地がある。
 
試しに大本教出口なおの命式を見てみたら、生まれ時間無しで見る限り同じく従格だった。
 
さらに天理教中山みきは、ミロク氏と同様に、日支に根はあるものの、大運食傷と併せて従勢格が一番近い形(これも時柱に比劫無ければだけど)。
 
 
  

f:id:utyuu_no_housoku:20190304213156j:plain

 
天理教中山みきの憑依の記述はもはや脅迫 
 
 
IASAの構想が降りてきた体験をしているようなので、 通ずるものがあるかもしれない。
 
というか、大運が途中で比劫運に入るところなどもかなり似てる。
 
 
 
こんな分析を勝手にしていたら、
1週間後くらいにKinjiNewStyleさんがミロク氏との動画をアップしていて、
その中で上の解釈を表しているような話しが出てきた。
 
動画の2:17~
 
 
行き詰ってガイドスピリットに尋ねたら、
「明け渡しなさい」と言われて、
次に「伝えなさい」と降りてきた。
 
それでYouTubeに動画を上げていったら物事がどんどん進んで行った
 
という主旨の話しをしている。
 
 
この辺りは従勢格の特性がそのまま出てるように見える。
 
 
 

“自分を生きる”=“自分の宿命を生きる”

 
前回の記事にも書いたけど、
憑依で思い出すのは、自分の中学生の頃の体験。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305125838j:plain

 
 
 
必死の抵抗の甲斐もあってか難を逃れたけど(目も開けなかったし)、
自分の場合は日干の五行が強い身旺なので、
「自分以外の勢いに従って生きる」というより、「自分のペースで生きる」方のタイプではあるとは思う。
(日干の強弱により、相対的に外部に対する反応度合いも変わってくる) 
ただ、日干が官殺から剋されているので、外部からの干渉も受けている。
 
最近スピリチュアルで、“自分を生きる”ということが言われているけど、
振り返ってみると、元々自分を生きている方ではあるのかなとも思う。
 
ただ、徐々に大運による干渉が大きくなって、強い日干を調整するような運気なので、
自ずと周りからの影響が徐々に強くなっていく。
 
特に今年、来年、再来年の前半は年運的にも外部から受ける影響が大きくなりそう。
色々干渉があったり、責任とか役割に縁がありそう。
(既に今年に入って大きな変化を感じている)
 
コラム:占いやスピリチュアルの好き嫌いを、火・水の作用から見る

 

 
 
「自分を生きる」について考えた時に、 
例えば従格など「自分以外の勢いに従って生きる」命式の人にとっては、
「自分を生きる」を、=「自分中心で生きる」と捉えるなら合わないだろうし、
 
本当の意味の「自分を生きる」というのは、
自分の魂が選んだ人生のシナリオを生きて、そこから何を学ぶかということ…
それが“自分の宿命を生きる”ということなんじゃないかな?
 
と、個人的には思ったりする。
 
 
“リセッター”角田さんの著書にも宿命と運命について同様の記述があった。
 
松久正さんも、
病気や問題が起きても、そこから何を得られるかにフォーカスして気付きや学びを得れば、それらが解決するというような話をしている。
 
 
病気や困難は、魂や意識エネルギーの進化、成長のためにある説

 
 
 
 
 

運気=徳ー業(カルマ)

問われるのは一人ひとりの魂そのもの

以前書いた八咫烏と菅原道真の記事の中で、チャネリング系ブログ記事を引用したけど、
読み直したら人間選別にも関連する気になる記述があった。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305015555j:plain

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305015639j:plain

 
八咫烏について記事を書いた時は、違った視点からの引用だったので一部しか読んでなかったけど、
これから3年(2017年時点の記事なので2020年頃を指していると思われる)で昭和天皇がこの世界に帰ってきて、
同時に大神様の大掃除が始まるという。
 
その際には、一人ひとりの魂そのものが問われるとある。
 
そして、全ての組織は支配の道具だったとして、
カラスも解散するべき組織、
組織を守って魂の消滅を招く事がないように
と強調されている。
 
 
ピンポイントに八咫烏に向けての警告?的な記事なのが謎だけど、
発信者のプロフィールを見る限り、チャネリングを受けながら記事を書いているように見える。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020209j:plain

 
“とある存在”とはどういう存在なんだろう?
 
最近、八咫烏に関わる人も出てきているようだし、
このタイミングで妙に目に付いたのも意味があることのような気もするので、
こういう考えもあるということで一応ピックアップしてみた。
 
 
 
さらに、開運ツイート企画で配った動画の中にも、同じような内容があった。
 
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020431j:plain

 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020504j:plain

  
 
確かに一番大切なのは、自分自身が救われること(=徳を積んで運気を上げること)なのかもしれない。
 
 
“組織が不要”ということに関しては、
宗教に関するものとして似たような話しがあった。
 (一人ひとりの病気については個別のアドバイスが必要という文脈)

f:id:utyuu_no_housoku:20190305020715j:plain

 
 
 
よく「これからは個の時代」と言われるけど、
色んな組織がどんどんダメになっていく傾向はあると思う。
持って生まれたものが違う以上、画一化される環境だとどうしても合わせる必要性が出てきて、それぞれの特性を生かしきれない気もする。
 
 
考え方が好きで、
何度も引用している松久正さんの言葉

 
 
お互いの個性化をサポートする時代

 

 

youtu.be

動画の8:09~

中部大学の武田教授は、元々原子力派に関わっていたが、
危険性を感じて安全委員会で発言したり、材料や資源の方に転向していた。
福島原発の事故を機に、本格的に反原発に転向したら、
原子力学会で受けていた待遇なども全部無くなり、
原子力の関係者や友だちだった人との関係も全部終わったらしい。
レッテルを貼ってグループに属してないとダメ(なのが日本の社会)

と話している。

 

人それぞれ意見もあるだろうし、何かをきっかけに考えが変わることもある。

やっぱりそれぞれ意見は違うことを前提に、お互いを尊重できるなら組織は必要ない気もする。

個人による情報発信でも、それに価値が認められれば十分に影響力を持てる時代になってきている。

言向け和す - 宇宙の法則の研究と実践

 
 
ベーシックインカムやテクノロジーなどを使って個人の生き方の選択肢を広げられるような環境を整備して、
個が尊重されながら、一人ひとりがその特性を発揮できて、
縄文時代がそうであったとされるような権力者のいない社会がいいと思う。
 
そもそもそれらの理念は憲法に規定されていることでもある。

商法は憲法違反 - 宇宙の法則の研究と実践

 
 
集まってなんかしたい人は、組織というか、
目的に応じて、その都度ゆるやかに群れるくらいの感じでいいんじゃないかな。
そこには上下関係や強制もない。
そう考えると世の中の構造も今とは全然変わっていくように思う。
 
 
 
 
 

大神様=シューマン共振波?

以前記事にも書いたとおり、
2020年に何か大きなことが起きるという話しは色々なところで言われてるけど、
さらに聖徳太子の『未来記』にも、
『2020年に世の中が全部ひっくり返って、ミロクの世になる』と書かれているのだという。
 
 
 
やはり2020年に何らかの出来事があるんだろうか。
 
 
 
神人さんの大日月地神示を読んでいたら、
神の定義について次のように書かれていた。
 
神とは何か?
人神信仰に洗脳されてきた歴史ゆえに受け入れ難い方々、靈人も多いことでしょうが、
本来の神とは、多重次元宇宙(無有)であり、日月地星(銀河)であり、
自然(火/水/木/岩/土/山/川/海/湖)、森羅万象(雨/風/雷/地震/水の循環)であります。
生命を育む司る仕組み、エネルギーの顕れを八百万の神と申します。

 

【日月地神示/抜粋解説】『と』の巻 より 7/11号 | 真実

 
 
 
ここもやはり思い浮かぶのは、ミロク氏も話していたシューマン共振波のこと。
 

 

 
これが急激に上昇することにより、地球上の生命体の遺伝子に何らかの影響を及ぼす…
 
=一人ひとりの魂そのものが問われる
 
ということなんだろうか。
 
 
 
 
 

徳積み効果

 
2020年に向けて一人ひとりの魂そのものが問われるなら、
なおさら運気=徳-業(カルマ)の方程式が重要になってくるように思える。
 
 
この前、道に100円玉が落ちていた。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305121811j:plain

 
これは自分も人から聞いた話だけど、
こういうのは宇宙の法則的には「神のテスト」というらしい。
 
 
これは開運チャンス!ということで、
早速すぐ近くの店にあった義援金と書かれた箱に、誰からもバレないようにイン(陰徳じゃないとダメらしい)。
 
店員:「ありがとうございま~す」(普通にバレた)
 
 
その数時間後スーパーのレジで並んでいて、
買い忘れたものを思い出して、並んでいた列から外れて取りに行った。
結構離れた場所。
 
戻ってきて列の後ろに並ぼうとしたら、さっき後ろに並んでた人がこっちを見てて、
わざわざ手招きまでして元の場所に並ばせてくれた(全然知らない男の人)。
 
普通なら前に詰めると思うんだけど親切過ぎた。
 
「神のテスト」の効果は即効性が高い。
 
 
 
よくよく振り返ってみると、これまでもこの「運気=徳ー業(カルマ)」の法則を感じることは多々あった。
以下いくつかのエピソードを紹介する。
 
 
1.
引っ越したばかりで中学に入る前の春休みに、妹と一緒に公園で遊んでいたらブランコのところにポーチが落ちていた。
 
それを交番に届けたら、その後に落とし主の女の子が、母親と一緒にわざわざお礼に来て図書券までくれた。
聞いたら同じ中学に入学するらしい。
 
その後にバスケ部に入ったら、その子も同じバスケ部に入部していた。
他の女子にも落とし物の話しをしたらしく、勝手にイイ人という噂が 笑
 
中3の夏の大会が終わった後に皆で花火をしていた時、その子から…
 
 
 
2.

 

 
 
3.

 

この後、投資で3000万くらい入ってきた。
色々開運法をやってたからこれだけの効果じゃないだろうけど。
(さすがにそこまでの徳は積んでないので即効しぼんだ)
 
 
「金の斧」の話し 

longago-hanashi.com

 
一見作り話と思える童話の中に真実は隠されているのかもしれない。
 
 
 
よく「お天道様が見てる」と言うけれど、お天道様=天照大神
 
 
 
なかなか「神のテスト」に遭遇しなくて、徳を積みたくてしょうがない人も多いと思うので、
ワンボタンで開運できる自動徳積みツイートを作った。
開運ツイート企画で配ってた動画5つをそのまま貼り付けたもの。
拡散されるほどに情報提供という意味で徳が積めます(動画参照)。
 
 
動画を見た人は、奪い合うことが業(カルマ)になることに気づき、
分け合う意識へ霊性向上(個人差あり)。
一人ひとりが魂を磨くことが最も重要。
損得より損徳の時代へ!
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

神仏宇宙人習合(統合)

世界平和に欠かせないテクノロジー

 
新あんみんさんのサイトにあった、蟹座2度(自分の太陽星)の占い解釈で、
「大きな普遍的な価値観に従うことで、広い視野を手に入れる」というのがあった。
 
 
これを見てふと思い出したけど、
3年前に神棚を家に祀るようになった時に、叶ったテイで感謝を伝えると良いと聞いたので、
毎朝「社会に貢献できました」というように伝えていた。
 
しばらくした後、「宇宙には規模は関係ない」というようなことを聞いたので、
思い付きで「地球に貢献できました」と伝えるようにした。
 
地球に貢献って、自分で言っててデカい話しだなと思ってたし、
最初は冗談半分で現実感は無かったけど、
言霊の力なのか、実際にそういう大きい視点からじゃないと見えてこないものが見えるようになってきた部分はある。
 
 
 
世の中の前提になってることの嘘だったり、
実はかなり深刻な地球環境の問題だったり、
さらには、世界で起きている様々な問題に、地球外、もしくは見えない次元の存在が関係しているとする説が出てきたり、
(それが作り話とは思えないくらい詳細で、様々な形で表現されている)
実際に宇宙人とコンタクトを取っているという人たちの情報に触れたり、
特にこの1年で今まで触れたことのない概念を知って、視野が広がったのを感じる。
 
 
その中で日本という国の特殊な価値観…
歴史の中において、あらゆる文化や価値観を受け入れ、他の宗教を排斥せず、
神すらも統合してきた神仏習合という概念を知った。
 
 
前述の白石泰三氏の言葉を借りるなら、
 
葬儀は寺で、結婚式はチャペルでやる。
新嘗祭なんてそっちのけでハロウィンは盛大にやる。
そしてクリスマスを祝った一週間後には寺で鐘ついて、
その足で神社に参拝。
気がついたら聖バレンタイン

 

 
あらゆるものを取り入れて、節操がないと言われても、
確かにこういう価値観こそが、世界の平和に欠かせないテクノロジーと言えるのかもしれない。
 
 
この特殊性と可能性に、当の日本人が気付いていく…
 
これを踏まえた上で、日本人は地球を統合するために創造された説を考えると妙に腑に落ちるものがある。
 
 
 
そしてリュウ博士こと八木龍平氏の著書

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

の中に出てくる、
 
神社インターネット
 
という概念。
 
 
神社は神様のネットワークになっており、八幡、天神、諏訪などのネットワークなどが形成。
今まで神様(を信仰する勢力)が対立関係にあることが多かったが、これからは統合の時代。
異なるネットワーク間のつながりを増し、神社インターネットを拡大させていく。
人間がそのネットワークを維持強化する役割をもっている。
長年対立関係だった伊勢神宮出雲大社もご縁組みにより協力関係になった。
神社インターネット時代は、神様同士がともに協力していく時代。 
成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

 

 

 

そんなことを頭の片隅に置きながら、この3年間様々な神社へ巡っていた。
よく考えたら、ここでいう神社インターネットって、
異なるネットワークを媒介して維持強化する、という意味では、
霊媒的な役割とも言えるかもしれない。
 
 
明け渡さない、地球人が主体の霊媒
 
 
よくスターシードとか、ライトワーカーの定義でも言われるように、
自分たちが宇宙のどこかから、何らかの目的をもって地球にやってきた魂で、
その目的が、地球を統合するためだとするならば、
一番多いマス層に働きかける役割も重要な気がする。
 
大部分の人たちの意識が追い付いていない中では、
軋轢や衝突はなるべく避けないといけないと思う。
 
 
 
宇宙からの叡智も大いに参考にしつつも、
地に足付けて中継ぎする役割も必要だと思った。
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20190305133329j:plain

(事件は宇宙で起きてるんじゃない、地球で起きてるんだ!)
 
 
 
一人一人が魂を透明にし(禊をして徳を積んで)、
天と地を繋いで(統合させて)、
自らの王として生き輝きを放ち、
太陽の国へ人類を進化させるミッション

 

魂が選んだシナリオ - 宇宙の法則の研究と実践

 
  
 
視野をどのくらいの範囲に持つかということを考えるのは、
人間が何をして生きるべきかという、本質的なことに関わってくるようにも思う。
 
例えば「自分の家族を守る」という範囲だけで考えるなら、
家族を養うためにお金のために経済優先で競い合うことが、
それ以外の人があぶれて困ることより優先されるだろうし、
まして巡り巡ってその結果として、遠い他の国が貧しくなったり、
戦争による被害を受けているとしても、身近な問題として感じにくくなる。
宗教対立などもしかり。 
 
 
一見関係が無い大きな問題に見えても、
実はそれらの問題は、一人一人の意識と行動の積み重ねの結果なんじゃないかと思う。
 
そう考えると、仲間とか家族とか組織とか国家とか、
そういう限られた範囲を超えた視点も必要なのかなとも思う。
 
 
地球で起きている問題は、宇宙で起きていることの縮図で、
闇の支配下にある最後の星なんて話しもある(真偽は確かめようがないけど)。
この地球で起きている問題が解決するということは、宇宙全体に影響を及ぼすとか…

 

8は統合を表す

 
 
 
そして神や仏が、実は高次元意識体…つまり宇宙人だったとする説もあって、
さらに今、地球は重要な局面を迎えていて、様々な地球外生命体が訪れてきているらしい。
実際、魂が宇宙由来だと自称する人も多く、
YouTubeなどでも宇宙語(ライトランゲージ)を話す人が出てきている。
 
 
参考:宇宙語を喋る人たち
 
あまね理樺さん
 
akikoSpiritualさん
11:08~
 
 
 
ブログやTwitterでも、地球人や宇宙人たちが、
やれ神だ、悪魔だ、宇宙法違反だ、新しい文明だ、選ばれた人間しか助からない、などなど、
お互いレッテル貼りやポジショントークを繰り広げているようにも見える。
 
見えない次元で色々言われると何を信じればいいかわかりづらいし、
地球人も困惑する。
どれか一方の考え方だけが正しいとは思わないし、
自分たちと異なる立場や考えをもっと理解しようとすればいいのにとも思う。
 
 
でも色々話を聞いてると、それぞれ持っているものも違うみたいだし、
お互いが協力してそれらを生かし合えば、すごいことが起きそうな気もする。
 
 
「大日月地神示」より一部抜粋
叡智を人に与えたのは、神々ではなく、他の星の人々であり、
崇拝するべき存在ではなく、親しく関われれば良い存在であります。
但し、靈人、靈団、他星人も、靈性靈質は多種多様ゆえに良心的な存在と親しくすることが大切です。

【日月地神示/抜粋解説】『と』の巻 より 7/11号 | 真実

 
 
それらの問題を解決する普遍的な価値観…
やっぱり目指すべきは…
 
神仏宇宙人習合(統合)
 
 
さすが蟹座2度
ここまで広い視野を持ってる人はなかなかいないんじゃないかと思った。
 
 
 
それが実現できるかも自分の意識次第ということになる。
 
 
意識してなかったけど、3年前から神棚の中には伊勢と出雲のお札が入っていて、
去年の年末からは熊野神社で買ったお札も去年の年末から一緒に入ってる。
だから言ってみれば、その3つが統合しているような状態。
 
ちなみに、熊野神社の総本山である、和歌山県熊野本宮大社主祭神スサノオで、
そのお仕えが八咫烏らしい。
(翌月に八咫烏を自称するシャーマンが出てくるのも偶然とは思えない)
 
その他お守りなど多数。
 
 
 
ちなみに自分の祖父の祖父が天理教の十和田支部をまとめてたと書いたけど、
祖父の父は、その天理教の活動が嫌で、家を出て大工になったらしく、
葬式などは浄土真宗(母方も父方も)。
 
浄土真宗について調べてみると、教義の中に「他力本願」というものがある。
「他力本願」の語源は仏教にあって、
本来の意味は「阿弥陀如来の本願に頼って成仏すること」らしい。
 
この阿弥陀如来の本願とは、「すべての人を本当の幸せにしたい」という願い。
 
 
そして、この阿弥陀如来がわざわざ人間界に降りてきた姿なのが「観音様」なのだという。
 
 
これってやっぱ、観音様の観音力も使って、色々成仏させて、
時には宇宙人とたわむれながら、
神仏宇宙人習合(統合)するシナリオかな。
 
 
動画の16:09~
観音様は、太陽系の中心にある天照大神や、2兆億個の宇宙の中心にそれぞれある大梵天より更に上の存在

 

 
自分の中では菅原道真統合の象徴。
 
宇宙と地球神仏宇宙人習合(統合)いける気がしてきた。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 
 
 
 

神棚と仏壇の言霊

 
3年くらい、毎朝、神棚と仏壇(コーナー)に唱えている言霊を以下に載せる。
 
色々が混ざってこんな感じになったけど、
神仏宇宙人習合(統合)に貢献してみたい人は是非参考にしてみて下さい。
 
 
<神棚>
産土神様×3
いつもお守り頂きましてありがとうございます。
祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え
今日も一日無事幸せに過ごせましてありがとうございます。
天之御中主様 天照大御神様 猿田様 鹿島様 香取様
お助け頂きましてありがとうございます。
自分自身が大きく成長し自らの能力を最高最善の形で発揮して地球に貢献できました。
感謝申し上げます。
愛してます ツイてる 嬉しい 楽しい 感謝してます
幸せ ありがとう 許します。
南無観世音菩薩×7

 

 
<仏壇コーナー>
いつもお守り頂きありがとうございます。
〇〇家、〇〇家(父方母方の苗字)のご先祖様で、まだ成仏されていない方はひと時も早く成仏されてください。
〇〇家、〇〇家のご先祖様で、既に成仏されている方はどうかお守り下さい。
〇〇家、〇〇家の先祖により、無念な思いをして亡くなられた他人のご先祖様、どうかお許しくださいませ。
私が子孫を代表して代わりにお詫び申し上げます。
本当に申し訳ございませんでした。
〇〇家、〇〇家のご先祖様、今日も一日お守りください。
良い方向へ導いて下さい。
よろしくお願いします。

 

 
 
その他、弁財天や大黒天など、七福神へもよく縁日などに行って真言唱えたりしている。
 
明日から神棚への祈りを「宇宙に貢献できました」にグレードアップして、
自分の宇宙の中で、神仏宇宙人を習合(統合)してみようと思う。
 
 
 
 

ソウルカラー

前回ソウルカラー(魂の色)の記事にも書いた“リセッター”角田さんの本のカラーチャートを使って、自分のソウルカラーを見ようと何回か練習してみた。
 
カラーチャートを1分眺めた後に、目を閉じて頭に浮かんだ色がソウルカラーらしく、
一週間くらいで見えてくるとか。
 
何度かやってみた。
 
1月29日 緑
1月31日 緑
2月3日 緑
2月5日 緑
2月13日 緑
 
緑しか見えない気がするけど、半信半疑。
 

 
 
フォロワさんにカードリーディングというものをやってもらったんだけど、
その際もオーラが緑青系と言われた

 
 
著者の角田さん本人ならすぐにその人のソウルカラーが分かると書いてあった。
 
丁度またお店に行く機会があったので、その時絶対見てもらおうと思って、
緑の服を着ていきたい気持ちを抑えて、あえてグレーの服を着て向かった。
 

 
角田さん本人からも「緑でしょ」と直接言われたので、ようやく緑であることを確信できた。
 

 
 
Twitterでソウルカラー見れる人がいて、
そっちで見てもらったらターコイズ
やっぱ緑青系

 

 
 
楽しいイベントの写真とかを振り返ってみると、たしかに緑色の服を結構着ていた。
改めて見ると緑色がかなり多い。
そういえば昔、就職先の立地を選ぶ時も、「緑が多いから」って理由で都心部から少し離れた緑の多い場所を選んでたな。
 
緑色は、自然、平和、安全、安定、生命、希望を現わし、心に調和と安らぎをもたらすそうです。
 
 
神仏宇宙人習合(統合)にピッタリな色。
 
緑色を身に着けて、神仏宇宙人習合(統合)を祈りたいと思う。