宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

アヤワスカと神人

 

 

※この記事は2020年アセンション~人間選別の先からの分離記事になります。

トピックが多かったので分けました。

一気に読みたい方は↑のリンクから飛んでください

 

 

笑上ミロクさんの話しも、ヒトラーの予言も、

アルクトゥルス人より地球人へに書いてあった、

大きな二極化と同じ意味を指しているように見える。

 

 


話している人は笑上ミロクさんという方で、Amazon電子書籍も出してるらしい。
クオンタムサイエンティスト兼シャーマン(密教僧侶)とある。

 

 

アヤワスカ」については、NHKスペシャル「脳と心」でも紹介されているとのこと。
動画の10:56~

youtu.be


この動画は全部見てみたけど、修験道の断食行による幻覚作用や、メキシコや沖縄のシャーマンの脳の動きについて、科学的な研究がされていて面白かった。
(研究機関として親父が勤めてた会社が出てきた)
脳の中にあるリミッターを外して覚醒してるらしい(沖縄ユタの神障りのシーンはちょっと怖い)。

 


少し調べてみたところ、
治安の悪い南米縦断など、体を張ったYouTuberで知られるジョーブログのジョーさんが、
現地でシャーマンのもとへ訪れ、アヤワスカを飲んだ時の様子をアップしていた。

www.youtube.com

 

アヤワスカを飲むと、トランス状態の中で感情やイメージが全て具現化されるらしい。
幽体離脱も余裕とか。
指揮者として自由になんでもできるというようなことを言ってるけど、
創造性がMAXになっている状態なんだろうか。

 

後日談

www.youtube.com

 

ブログ書き出し版

ameblo.jp

 

シリウスからやって来た《縄文の女神》 瀬織津姫とムー大陸再浮上 には、
超古代人が、実際にこれと同じようなことができたと思われる描写があった。


縄文人松果体が活性化していて、幽体離脱や肉体を持ったままのテレポーテーションもできて、
テレパシーによる会話や宇宙存在との交信もできたらしい(その際の感覚やビジョンを表したのが火焔土器とか)。
アトランティスでは、クリスタルのバイブレーションが人々の意図の力を増幅して、想像するだけで物事が現実化する世界だったという。

 

 

映画「ドクターストレンジ」の世界観に近いのかもしれない。

www.youtube.com

 

 

 


それが最近、地球の波動が上がってきていて、
“思考が現実化”しやすくなってるという話しもスピリチュアル界隈ではよく聞く。

 

 

カタカムナ 言霊の超法則を読んでいたら、
古事記の天石屋戸開きのエピソードについて、

思考の現実化にも関連する興味深い記述があった。

 

天照大御神とは私たちの命の中にいる最も尊い神。

「本当の自分が持つ神なる力」を表している。

この物語は、

「自分のすべての思いを実現させる神なる力」

を心のうちに秘めたまま、それに気づかない人間の状態を示している。

自分の中にある、すべてを実現させる神なる力に気づかず、

思い悩む私たち人間の状態を、

天照が石屋戸に隠れたストーリーとして描いている。

 

 


日本の神話にこうしたメッセージが隠されているのも、
日本人がムーの霊統として、自らが持っている力を思い出し、 
新しい文明の基点となる役割があることを表しているようにも思える。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

 

ジョーブログのジョーさんが、
自分が自分であるために、それを確かめるために南米縦断してると話しているのも印象的。

 

日本神話の三種の神器の一つで、伊勢神宮にある八咫鏡の裏面には、
ヘブル語で

אֶהְיֶה אֲשֶׁר אֶהְיֶה(エヘイェ・アシェル・エヘイェ)

「我は在りて有る者である」

 

つまり、
「私は私です」

とある。

 

英語では「I am that I am」

 

これの一文が、「全一の法則」…「全部が一つ、一つが全部」ということを余すことなく表現しているらしい。

kizuki.rainbow-school.info

 


これも以前の記事にも書いた「One for All, All for One.」に繋がる

 

眠っているDNA

自分を生きる

 

 


アヤワスカに含まれる成分であるジメチルトリプタミン(DMT)は、
国際的な向精神薬に関する条約により、スケジュールⅠに指定されていて、
あらゆる所持、使用を禁止されているらしい。
しかし、含有する植物の自生国における伝統的な宗教儀式への使用は、規制から除外されている。
日本においては、DMTは法規制されているが、植物自体の規制はないとのこと。

アヤワスカ - Wikipedia

 


ジメチルトリプタミン(DMT)については、ドクタードルフィン松久正医師も下記の動画の中で触れていた。

youtu.be

 

 

59:28~
セロトニン松果体を活性化させるとDMTという幻覚物質に変わる。
DMTが出てくると起きたまま半覚醒状態で宇宙人に会えたりUFOに誘拐されたり異次元宇宙を実際に体験する。
アメリカの論文によるとDMTを静脈注射したところ8割の人が宇宙人に遭遇したと証言した。


UFOや宇宙人との遭遇=幻覚作用?

 


ちなみに、松久正さんは著書の中で、下記の5つの言葉を唱えるセルフワークを紹介している。

今の私は大丈夫
今の私に感謝
今の私が大好き
今の私をよく知っている
今の私は宇宙のすべて


これらも「私は私である」や「自分を生きる」という意識を確認するためのトレーニングであるように見える。

 

 


以上のことを踏まえると、この辺りまでが
笑上ミロクさんの言う、ムーを霊統とする一部の日本人や、
ヒトラーの言う、人類から神の方へ進化する「神人(ゴッドメンシュ)」
に関連する流れのように思える。

 

 

 

次の記事

utyuu-no-housoku.hateblo.jp