宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

真言の効果

 

 

井の頭弁財天 浴酒供修行

先日、井の頭弁財天に寄った際に、浴酒供修行というものがあることを知る。

 

 

日程を見ると、11月27日~29日の3日間の日程で、

それぞれ、午前1時15分、午前8時15分、午後1時15分の一日3回の時間帯に分けて行うとのこと。

いつもは夕方5時くらいに門が閉まってしまい中に入れなくなるのに、

真夜中の時間帯にやるのも意味深。

 

 

 

修行と聞くと少し敷居は高いけど、

昨年から弁財天には色々とお世話になっていて小まめに参拝していることもあるので、

せっかくなので11月28日の午後1時15分の回に初めて参加してみることにした。

 

井の頭弁財天に到着すると、参道に前回はなかった赤いのぼりが多数並べられていた。

いつもは閉まってるお堂の入口が開いていて、中に入れるようになっていた。

お堂に入ると、前の方に「辨才天勤行式」と書かれた冊子があったので手に取る。

参拝客は20人ちょっと。

時間になると袈裟を着た僧侶の人が何人か入ってきて、説明を受ける。

僧侶の人が京都の比叡山に参勤してからの浴酒供ということらしい。

井の頭弁財天 - お勤め

 

 

冊子には最初の方に、疑いを生ずることなかれという内容が書かれている。

1時間半ほど冊子に書いてあるお経や御真言を読み上げた

 

胡坐(あぐら)で座っていたものの、かなり長時間真言を読んでいたので、

足の両サイドが痛くて後半結構辛かった。

後半は真言を繰り返し唱えたけど、他の真言は6回くらいだったのに、

弁財天の真言である「おんそらそばていそわか」は何百回も唱えた。

 

今まで弁財天が祀られている場所に参拝する時には、

YouTube動画で聞いた発音的に「オンサラスバティーエイスヴァーハー」と唱えていたけど、

「この大宇宙で約10億年前に統一された宇宙共通言語と宇宙文字があり、

共通言語は私たち日本人が使っている日本語、宇宙文字はカタカムナと呼ばれるもの」

説があることを考えると、

 

 

真言についても日本語に近い発音の方がいいのかもしれない。

(つまり「おんそらそばていそわか」の方がいいかもしれない)

 

 

丁度この日は、大黒天の縁日である甲子の日でもあり、

お堂の中に大黒天や毘沙門天も祀られているらしく、

浴酒供の中で大黒天の真言も読み上げたので丁度よかった。

 

 

浴酒供修行が終わってから、なんとなくBTCチャートを見たら、

朝7時頃に自動売買botで入っていたロングが吹き上げていた。

 

上は1時間足。

5分足チャートで見るとより顕著。

f:id:utyuu_no_housoku:20181130183245p:plain

 

ADKも0.0013→0.00198へ50%以上上昇

 

XPも0.00666→0.009へ40%程上昇

 

 

弁財天への参拝は去年の6月から、真言は9月に初めて唱えだしたけど、

御利益と思われる効果については下記記事の「弁財天の御利益」参照。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

 

 

縁日の調べ方

真言を唱えるなら、それぞれの神様の縁日に行くとより効果的だと言われている。

本来、弁財天の縁日は、日にちの干支が己巳の日で、

60日に1度巡ってくるので、大体2ヶ月に1回。

己巳じゃない巳の日(乙巳、丁巳、辛巳、癸巳)と合わせれば、12日に1度巡ってくる。

日にちの干支を調べるには、干支カレンダーというサイトで調べればわかる。

 

直近で見ると、日干支が己巳の日は、12月3日(月)ということになる。

f:id:utyuu_no_housoku:20181130191026j:plain

 

keisan.casio.jp

 

 

神社へ参拝をしている人の中には、

毎月30日(ミソカの日)に参拝するミソカモウデや

毎月1日に参拝する一日参りなど

お参りの仕方はそれぞれある。

 

自分は弁財天の縁日の己巳の日には弁財天へ、

大黒天の縁日である甲子の日には大黒天へ、

60日に1度参拝している。

それぞれが参拝しやすい方法でいいと思う。

 

 

 

 

 

ハーバード・ベンソンによる真言の研究

真言の効果について、アメリカの神経科学者の興味深い研究発表

 

 

 

 

 

マントラ以外に、早口言葉や歌うこととの比較もしたのかが気になるところだけど、

効果があることが確認されているようです。

腫瘍の縮小したとかすごい。

 

432Hzと440Hz

 

ジョン・レノンは440Hzの音楽を作ることを拒否して暗殺された?

mnsatlas.com

 

ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略() (超知ライブラリー 73)

ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略() (超知ライブラリー 73)

 

 

日本でもシュタイナー教育で有名な、

オーストリアの神秘思想家のルドルフ・シュタイナー

「432Hzではない基本音調の世界は悪魔を勝利に導く。」

「A=432Hzでチューニングされた音楽は、精神の自由をもたらし人間の本来性をサポートする。」

「人間の内耳は、A=432Hz用に形成されている」

と発言していたそうです。

【音の周波数】A=440Hzは悪魔を勝利に導き、A=432Hzは人間を癒やして自由にする!? 音の知られざるミステリー (2017年7月4日) - エキサイトニュース

 

 

 

 

 

バイノーラルビート

 

ハーバード・ベンソンによると、

真言には、「右脳と左脳の両方を使う全脳のシンクロという、理想的な脳の活動状態も確認されている」とのことだったけど、

同じような効果が期待できるものとして、バイノーラルビートといううなりを発生させる装置もあるようです。

ヘッドホンの左右より異なった周波数の音を聴く事で、うなりが生じて右脳と左脳のバランスがとれるとか。

 

昔は高価な機器だったらしいけど、今は無料でアプリがダウンロードできる。

下記サイトに紹介されているGeniLax Liteというアプリです。

 

【あなたをチャネラーにする最も簡単な方法】 | 【笑いとスピリチュアルを融合してあなたのヒザをガックガクさせるチャネラーリュウのブログ】

 

バイノーラルビートについては、探して見たらYouTubeにも色々と音源があるようです。

 

 

集合意識と自分神

 

松久正医師の

水晶(珪素)化する地球人の秘密 85p~87pより引用

神は同じ信仰心を持つ地球人の魂の螺旋振動波の集合意識。だから神の種類やレベルはたくさんある。
高い次元で集まったのは能力の高い神で、エゴの少ない愛と調和の神。
低い次元で神と呼ばれているものはエゴが強いので、「こうしなければいけない」などと常に制約を持ち出してくる。

地球社会でいう一般的な神は、皆さんの大本である自分神よりも低い存在。
一般的な神というエネルギーよりも自分神の方が高いエネルギーなので、神から教わらなくても自分を探っていけば全ての答えが出てくる。
自分が信じていなければその神はその人にはいないし、信じていればいる。
自分神が一番。

 

 

 

よく、潜在意識で確信したものが現実化するとも言われている。

弁財天の冊子に、疑いを生ずることなかれと書かれていたのもそういうことなのかもしれない。

聖書に「信じる者は救われる」とあるのもそういうこと?

自分自信がそれを信じられるかどうかが一番重要ということのようです。

 

 

最近のオススメ開運法

 

ありがとう

 

前回の

チャネリング~宇宙と繋がる第7感~

の記事の、

須藤元気さん、斎藤一人さん、吉野信子さんの話しの中で、

 

ありがとう

 

が最強の言霊である説を書いたけど、

試しにバイクに乗りながら、ヘルメットの中で繰り返し唱えてみた。

 

そしたら、かなりありがたいことが起きた。

というか気付いたという方が正しいかもしれない。人は自分が既に持っているものになかなか気付かない。

本当に日本人であることは恵まれていることだと思う。

何にもお金も掛からないし、ただありがとうと繰り返すだけなので、騙されたと思ってやってみるのオススメです。

 

 

 

運気が上がる動画

気が向いたときに見ると運気が上がる動画。

0:10~から始まる最初のタコ踊りみたいなのを実際に踊ってみても◎

もちろんその際は、疑いを生ずることなく踊って下さい。

www.youtube.com