宇宙の法則の研究と実践

ブログをご覧頂きありがとうございます。 このブログは管理人satsが様々な「宇宙の法則」を研究し、実践していくブログになります。 現代科学では証明されていない、でもたしかに存在する様々な法則(宇宙の法則)について、 日本人や人類のルーツ、古代史の謎、仮想通貨に関する話題を交えつつ発信していきます。

龍神

 

 

 

 

東の六芒星ネットワーク神社

10月17日
神奈川県の箱根神社・九頭龍神社へ。
これで以前記事に書いた、「東の六芒星ネットワーク神社」完全制覇です。

 

 
 
 
 
さすが龍神の中でも別格の九頭龍大神を祀る、龍神系の神社の総本山とも言われるだけあって(?)
この日の8ゾロ目もゾロ目合計も最多記録を更新。
 
 

浅草寺 金龍の舞

10月18日
浅草寺の金龍の舞について、
このツイートの記事が気になって以前から行ってみようと思っていた。
 
 

パーマカルチャー

10月19日
ハイエースのキャンピングカーを見る。
しかもよく見たら8888ナンバーです。
次の日にキャンピングカーショーに行く予定があったので面白いシンクロ。

 

 
 
10月20日
そして翌日、キャンピングカーショーに行ってきた。
9月に行こうと思ってたのに行けなかったのでようやく。
 
何度も紹介してるけど、
自分が好きな本の一つでもある、
ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。
の中に、
“好きなことの周りをうろつく”というものがある。
ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

 

 

 
 
例えば高価で手に入らなそうなものでも、
お金がないから見ても無駄だと最初から行動せずにいるより、
パンフレットを取り寄せて見たり、店に行ってみたり、
店に入らなくても店の前を通るだけなどでも、
日常でできる範囲で一歩を踏み出すと、
不思議な縁ができたりヒントを得られたりすることがあると紹介されている。
 
 
以前YouTubeのKEN’sキャンプTVさんの動画でシンクロがあった、キャンピングカーシリウスも展示されていた。
 
 
 
シリウスは1700万円もする。
国内のキャンピングカーでは最高級クラスらしい。
 
ボンゴがベースのだと400万円くらい。
もう少し頑張ってカムロードがベースのだと600万円台。
これだとシャワー室が付いてるものが多かった。
 
乗ってみたけど、そこまででかい必要もないのかなという感じ。
燃費や取り回し、駐車場所を考えたらデメリットの方が大きそう。
 
 
やっぱキャッピングカーは数百万する。
中古だともっと安くはなるんだろうけど、いい方法はないものか。
 
そういえば、最近車中泊やキャンピングカーブームなようで、
キャンピングカー系YouTuberも何人かチェックしている。
埼玉の仙人さん
らんたいむさん
KEN'SキャンプTVさん
ATキャンパーの秘密基地さん
プロスノーボーダーの内山みえさん
etc...
 
中には自分でキャンピングカー作っちゃってる人もいる。
 
例えばこれなんか、
製作期間2ヶ月、15万円で自作したそうです。
 
 
 
車の荷台に、居室部分の積み下ろしができるタイプなので、
居室部分を置いたまま車だけで出掛けることもできる。
モバイルハウスですね。
実際住んでる人もいるらしく、実用性が高そうです。
 
アーリーさんこと、有村博勝さんという方らしいですが、
自作キャンピングカー界の中では有名な方のようです。
パーマカルチャーというものを広めるために、日本中を移動しながら講演してるとか。
 
10/27(土)にも早稲田大学で「お金のいらない暮らし」をテーマに講演会をされたそうです。
絶対行きたかったけど、丁度青森に行く予定が入っていて東京にいなかったので行けず。
それがなんと、この数日後に急遽参加した長野のキャンパーフェスにいらしてました。
タイミングなかなか合わずに直接話せなかったけど、ステージで話してるのを聞くことができた。
 
 
パーマカルチャーというのは初めて聞いた言葉。
 
パーマカルチャーとは、
パーマネント(永久の)と、
アグリカルチャ-(農業)あるいはカルチャー(文化)
を組み合わせた造語だそうです。
 
①自然そのものを観察し、
②世界中の伝統的文化の知恵を学び、
③現代の知識を融合させ、
全ての人に適応可能なようにまとめられたライフスタイルのデザインシステム
 
 
 
このコンセプトはまさにムーや縄文的な価値観とも一致するものでめちゃくちゃ興味深い。
 
アーリーさんはテレビでも紹介されたみたいです。
 
 
パーマカルチャーについて色々調べてみると、
以前、ATキャンパーの秘密基地さんの動画の中で、
「Tarutaru号」という軽トラキャンパーを自作してる臼井健二さんという方がいて、
その方もパーマカルチャーの活動をされてるようです。
 
 
 
 
この動画を見た時はパーマカルチャーのことは知らず、本当にその通りだなと思って思わずツイートしたけど、
背景にパーマカルチャーの理念があるようです。
全てのものを和する、融合するという生き方を発信できる国というのは、重要なキーワード。
 
 
特に資本主義を瓦に例えた話しはうまいなと思った。
現実は商業優先で、環境問題はどちらかというとサブ的な扱いなっているようにも感じますが、
原発の問題もそうですが、昨今の異常気象など目に見えて環境の変化を誰もが感じている中、人類として地球軸を最も優先して考えないといけない段階にきている気がしてなりません。
スピリチュアル界隈でしきりに言われている縄文の女神の復活、女性性の復活、精神文明の復活は、こうした人たちの取り組みとしても具体的に表れてきてるような気もします。
 
 
臼井さんのパーマカルチャー塾は長野県の安曇野というところでやっているらしく、キャンピングカー作りも教えているみたいです。
 
現在も携わっているかは不明ですが、
以前記事にも書いた、完全オフグリッドを実現されている環境活動家の田中優さんも講師として参加されていたことがあるみたいです。

 

この、ワクワクというキーワードは後にも出てきます。

 
 
20万円でできる動くタイニーハウス。
実際にこれに住んで生活してる人もいるとか。
 
動くタイニーハウス「Tarutarugo」
 
 
 
自分自身、マツダのボンゴは仕事で運転していたことがある。
昔児童館に配属された時に、一番最初の仕事が公園で月1で開催する野外行事の担当で、
機材の運搬などに使っていた。
シートが対応していれば前に3人乗れるくらい横幅がある。
目線が高いから運転がしやすい。
 
 
廃油で動くバイオディーゼルエンジンを積んだキャンピングカーは、大麻で走るヘンプカーの記事でも触れたけど、
自作キャンパーで実践しようとしている人がいるとは!
麻の実を絞って、家賃0、燃料費0の自作モバイルハウス。
 
 
なんかブログ記事で書いたことが現実化してきているような…
思考が現実化してきている。
パーマカルチャー安曇野塾のHP

パーマカルチャー安曇野

 
 
 
 
後日、安曇野で開催されているという軽トラキャンパー製作のワークショップや、ミーティングを主催してる方の名前が、
“龍”本」さんという方だということが判明。

 

 
しかも上で紹介したディーゼルエンジンの廃油トラックキャンパー作ろうとしてる人。
 
そしてなんと、これに気付いた2日後に安曇野でキャンパーフェスが開催されるらしい。
これは行くしかない!
 
 
ちなみに安曇野のある長野県には、 戸隠神社がある。
箱根神社と同じ九頭竜大神が祀られてるらしい (箱根神社に行ったから呼ばれた?)。

 

 
キャンピングカーについて調べてるうちにまたひとつ扉が開いた。
 
 
 
 
 

青森の龍神

青森は霊界に一番近い?

本州の一番北側にある青森。
霊界に一番近い説があるらしい。
 
 
自分自身は住んだことはないけど、青森には祖父母の家があるので、子どもの頃から数年に1回行ってる。
母親が青森出身で、昔から霊感があって色々視えた体験談を聞いていた。
実際に青森にはそういう感性のある人が多いらしい。
あとUFOを目撃した人とか、誘拐された人もいるとか。
 
 
 

龍神のサインと大国主

10月22日
そんな青森へ、今回は3年ぶり行った。
 
2016年1月から金函玉鏡・奇門遁甲で方位を取って色んなところに出掛けるようになってから、 今までで最長距離の移動。
 
 
東京から新青森までおよそ3時間半。
日本海側の田畑や山々を見ながらの新幹線は気持ちがいい。
 
 
新幹線に乗ってから気付いたけど、乗車した車両は“8” 号車。
 
 
 
この8や虹は、去年から頻繁に見るようになって、
特にここ半年間はほぼ毎日8ゾロ目を見てるけど、
シリウス龍神に関係があるらしい。
 
 
青森でもこの8や虹に多く遭遇して、しっかり記録としても残せたのでそれについても書こうと思う。
 
 
出雲大社で御祭神として祀られている大国主は、龍神と深く関わりがあると言われている。
 
旧暦10月は神無月と呼ぶけど、神々が集まる出雲だけでは神在月と呼び、
神々が集まる最初のサインは、浜辺に海蛇が打ち上げられることで判断する。
龍蛇を信仰しています。
 
つまり、出雲大社で祀られている大国主龍神は深く関わりがあるということ。
 
古事記に出てくる大国主の話し
 
 
 
大国主龍神は虹色?
 
 
 
前回の記事にも書いたけど、同じく大国主が祀られている大國魂神社で見た虹

 

 

ちなみに大国主と言えば、七福神のひとつでもある大黒天と習合した神であることが知られている。
去年から弁財天と併せて、2ヶ月に1回大黒天の縁日である甲子の日に、
参拝して真言を唱えるということをやっている。
 
大黒天の真言は、「オン マカキャラヤ ソワカ
 
 
 
今回の青森の旅でも、大国主龍神に関連する岩木山神社十和田神社に加えて、
同じく龍神を信仰していた縄文時代の遺跡である三内丸山遺跡へ行ってきた。
 
 
 
新青森駅で到着してすぐに8ゾロ目ナンバーを2台、
夕飯買いに行ったスーパーの駐車場でも2台発見。
いきなり初日から4連続。
 
 
 
家の台所に貼ってあったお札
 
 
 
この札は近所の神社でもらったらしい。
ミヅハノメは日本神話に登場する神だけど、
調べてみると漢字表記が、弥都波能売神。罔象女神、水波能売命など、
異なるものがいくつか見られる。
 
日本における代表的な水の神(水神)だそうです。
で、水神を調べてみると=龍神とする説もあるらしい。
 
映画「君の名は。」のヒロインである宮水三葉(みやみずみつは)は、
このミヅハノメから命名したとも言われている。
 
 
君の名は。」シンクロ

 

f:id:utyuu_no_housoku:20181122013710j:plain

 
 
 

十和田神社

10月23日
翌日、十和田神社へ参拝するために十和田湖方面へ。
十和田湖へ行くのは20年以上前に家族で休屋に泊まって以来。
夜キャンプ場から温泉までの道が月明かりもない本当の真っ暗闇で、
唯一辛うじで見えた道路の白線を頼りにして歩いた記憶がある。
 
十和田神社には来たことがなかったので初です。
龍大権現が祀られてる。
坂上田村麻呂平安時代に創建したという説があるそうです。サカノウエタムラマロ…聞いたことある名前。
青森市内から向かったけど、観光地として有名な奥入瀬(おいらせ)付近で路駐が多くてなかなか進めず、結局3時間掛かった。
 
 
 
本殿から右へ進むと、崖地を上る階段があって、10分ほど上ると2つの社殿や大きい岩があった。
奥の方の鉄のはしごをつたって降りたところが占場があるらしいけど、立ち入り禁止のテープが張ってあり降りられず。
 
占う方法は、
お金やお米を白紙にひねったものや、おより紙を湖に投げ入れ、
願いが叶う時には、水底に引き込まれるように沈み、
叶わない時に、は重いものでも浮いたまま波にさらわれ、沖へ流されるといわれているらしい。
 
 
 
十和田湖までの道は紅葉で色付いていた。
この辺りは冬は豪雪で通行止めになるそうです。
 

 

 
 
湖畔沿いの店できりたんぽとバラ焼き定食を食べる。
バラ焼きは東北B-1グランプリで優勝したこともあるらしい。
 
 
沿岸が浜のようになっていたから、せいぜい水深10mくらいなのかと思ったら、
なんと最大水深は326.8mもある。
 
これは、
支笏湖(北海道)の360.1m
に次いで、
日本の湖の中では3番目に深い湖だそうです。
 
 
1万3000年前の巨大噴火により形成されたカルデラで、
富士山のフルパワーを1とした場合、十和田は56
下記動画の3:50~
 
 
 
十和田神社の行き帰りも大量ゾロ目。
 
 
バグってたとはいえ、888円表示の自販機なんて初めて見た。
 
 
 
十和田からちょっと東に行った戸来(へらいと読む。ヘブライが起因となっている説がある)に、
キリストの墓があって寄ろうと思ったけど、
時間的に日も暮れそうだったので行けなくて残念。
一人だったら確実に行ってたんだけど。
 
上で紹介したATキャンパーの秘密基地さんがキリストの墓に行ったらしく、
その際の動画がアップされていた。
 
 

チャネリング~宇宙と繋がる第7感~

 

半田広宣さんのヌーソロジー

10月24日
10月25日
家の車が家族の用事で使えなかったためあまり動けず。
 
シリウス関連の本を何冊か出されていて気になっていた、
半田広宣さんという方の講演をYouTubeで見まくった。
 
 
半田広宣さんは、オコツトという宇宙人(高次元意識体)との交信(チャネリング)を通じて、
ヌーソロジーという独自理論の研究をされているそうです。

ヌーソロジーって何? | 黄金の金玉を知らないか?

 
 
 
半田さんのチャネリングが始まった経緯がすごい
 
 
 
内容はアカデミックで結構難しい。
実際大学の客員研究員をされてるとか。
興味深い内容が多いです。
 
 
半田さんが交信したというオコツトという意識体は、一問一答形式の交信で、
特に神道に関する質問に対しては詳しく回答があったらしい。
半田さんが言うには、日本の神と言われる存在だったのではないかとのこと。
下記ツイートの、2013年以降の霊性の復活、日本人の意義についての話しも、
様々な方面で言われていることと一致していて興味深い。
 
金については、
前回の大麻の記事で書いた中山康直さんも金、銀の働きについて興味深い話をしていた。

 

 

チャネラー

半田広宣さんや中山康直さんのように、高次元意識体とのコンタクト体験(チャネリング)を話す人は探すと結構いる。
 
直接ではなくても、映画監督やミュージシャンなど、クリエイター系の職業の人で、
“アイデアが降りてきた”等、
一種のチャネリング現象ともとれるような話しをしていることがある。
 
青森のイタコの口寄せなども、意識体をダウンロードするという意味では同じようなものかもしれない。
 
 
最近では個人ブログなどでも同じ様な体験談を書いてる人がいるようです。
自分も著者がチャネリングを元にして書いたチャネリング本は何冊か読んだ。
普通に生活している中では、聞いたことないような概念が多い。
 
 
 
 
この間のやりすぎ都市伝説では、バシャールという高次元意識体とのチャネリングでお馴染みのダリル・アンカ氏が出演していた。
 
バシャール といえば、ワクワクがキーワード

 

色々な方との対談本も出されている。

 

この本もなかなか面白かったし、

未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。

未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。

 

 

 

また、パリコレ&30億ブランドを成功させたファッションデザイナーのLICAさんが、自分の直感やワクワクをどのように使ったかが詳細に描かれているマンガもあります。

 

 

 

上でも書いた、

ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

も、バシャールとは書いてないけど、
キーワードがワクワクなところや、内容を見てもバシャールが言ってることとほぼ同じで、それを教師であった著者が現実にどう活用して成功したのかが描かれている。
ワクワクを自分の人生にどう活用していけばいいのかヒントが豊富です。
 
個人的に、ワクワクや自分の興味をモチベーションに今まで生きてきたような自分にとっては、
バシャールの本で書かれている価値観はかなりマッチする内容だった。
 
 
バシャールのいる次元の振動数
人類よりかなり高い振動数であることがわかる。

f:id:utyuu_no_housoku:20181122194000j:plain

 
 
ワクワクしていると振動数が上がるそうです。
 
 

映画「美しき緑の星」

映画監督やミュージシャンなど、クリエイター系の仕事をしている人の中には、
本人は気付いていなくても、ある種のインスピレーションを得て作品として表現しているものが多いという。
 
美しき緑の星という、もう20年以上前のフランス映画があります。
監督・脚本・主演の女優さんをコリーヌ・セローさんという方がやっていて、
ある日彼女が、家にある木から通信が来て、ダウンロードした内容を元に作られた映画だそうです。
 
異星から地球へやって来た主人公ミラと会話したパリの人々が、
次々と「切断」されて本来の純粋な意識に目覚めるという内容ですが、
実際にこの映画を見ると“切断”されてしまうとか。されてしまわないとか。
 
 

スターウォーズはオリオンVSシリウスの戦い

スターウォーズも、古代宇宙文明の歴史に基づいて作られている映画だという説がある。

スターウォーズ」はオリオンとシリウスAなど、ポジティブとネガティブグループの宇宙戦争を描いた映画。
一見フィクションに見えるが、
ベースは古代宇宙文明の歴史に基づいて作られている。

ジョージルーカスはチャネリングか、魂の記憶に沿って製作をしていると思われる。

【スピリチュアル用語辞典】宇宙種族(オリオン) | Tanちゃんの気まぐれスピリチュアル日記

 

ちなみに上のサイトによると、

テレビはオリオンのテクノロジーで、

ネガティブグループとして地球の支配を目論むオリオン星人が提供する洗脳マシンだそうです。

テレビは数年家に無い状態なので丁度よかった 笑

 

 

シリウスVSオリオンについては、

篠崎崇さんという方が興味深い本を出すようです。

 

まだこの記事を書いてる時点では本が発売されておらず、中身を読んでないので何とも言えないけど、

テーマを見る限りではこの篠崎崇さんという方もチャネラーの雰囲気がある。

 

ネットで探したら篠崎崇さんのお話会に参加した人の記事があった。

ameblo.jp

 

 

ニコラ・テスラ

真言と宇宙の記事でも書いたけど、

ニコラ・テスラチャネリングにより宇宙人と交信していたと思われる

 

ニコラ・テスラはフリーエネルギーを発明していた

www.youtube.com

 

 

科学者や発明家の偉大なひらめきも、もしかしたら宇宙からの叡智の可能性も。

 

 

カタカムナ研究家の吉野信子さん

カタカムナという、一万二千年も前に存在したと言われている日本の古代の言葉がある。

f:id:utyuu_no_housoku:20181125215515j:plain

線と円のシンプルな要素で作られており、右回りの渦を描くように書かれている言葉。

 

カタカムナ ~神話の奇跡~

 

 

カタカムナ研究家の吉野信子さんは、カタカムナの研究をしながら、

ロンドンパラリンピックゴールボール日本選手団の通訳兼スタッフをされていた方。

(元々JAL国際線の客室乗務員もされていたようです。)

選手から集めた誓いの言葉を練習前に唱えるようにしたら、

そこまで強くなかった日本チームがメキメキ強くなって、金メダル取るまでになったとか。

 

しかもその後にカタカムナの研究が進んで、

その時に唱えていた誓いに秘められていた言霊の思念(意味)の通りに試合が展開していたという。

 

吉野さんの本を読んだり、講演動画を見ていると、

カタカムナの研究にあたってかなり直感的に解明していった部分があるようで、

チャネリングについてもヒントとなること話している。

 

 

 

吉野信子さんのカタカムナ 言霊の超法則の本。kindle対応しているようです。

 

カタカムナ 数霊の超叡智の方も気になります。こちらはまだkindle対応していない模様。

それぞれの語句や数字の思念を頭に入れておけば占術的にも応用が効きそう。

ずっと続いてるゾロ目の意味も解読できるかも?

 

 

カタカムナはこの大宇宙で約10億年前に統一された宇宙共通言語・宇宙文字説

 

SUGIZO

奈良県天河神社という神社がある。

天河大弁財天社とも呼ばれ、その名の通り弁財天(=市杵島姫命)が祀られている。

 

“神様から呼ばれた人しか行けない神社”と言われているらしい。

 

 

宮司さんがレイブみたいな音楽を流しながら護摩焚きするようなイベントを、

富士山などで20年くらいやっている…どんな感じなのかめちゃくちゃ気になる。

 

天河神社の場所を調べたら奈良の山奥で、たしかにかなり行きづらそうな場所。

芸能の神ということで、芸能人の参拝も多いそうです。

ご縁があれば是非行ってみたい。

モバイルハウスで関西方面の神社も是非攻めていきたい。

モバイルハウスやキャンピングカーへの興味も、そのための布石?

 


そんな謎のイベントで、LUNA SEASUGIZOが参加してライブをやっている…

自分も学生時代バンドでギターをやっていて、SUGIZOのギターの世界観が好きでコピーしたことがある。

 

SUGIZOはスターピープルというスピリチュアル系の雑誌に、スピリチュアルアクティビストとしてエッセイを連載している。

 

 

3.11よりも前から脱原発の活動をしていたらしい。

 

SUGIZOについてツイートし始めたのが11月13日。

 

その翌日の11月14日に、丁度SUGIZOのニュースが流れてくるシンクロ。

パレスチナでライブをしたらしい。

 

パレスチナは国際的には正式な国家として承認されておらず、イスラエルのなかに存在するため、旅行などで行くときはイスラエルに入国する必要がある。

 

イスラエルと言えば、

上で紹介した“青森は霊界に一番近い土地”の動画に出てきた

神が魔物に負けて地獄になった場所

 

SUGIZOに限らず、

日本のスピリチュアル界隈でも最近イスラエルへ出入りしてる人が何人かいるのは偶然とは思えない。

 

天下泰平ブログの滝沢さん

tenkataihei.xxxblog.jp

 

Happyちゃん

ameblo.jp

 

イスラエルパレスチナ問題とは?

www12.plala.or.jp

 

 

hide

もう20年前になるけど、X JAPANのhideもチャネリングをしていたと思えるような発言があった。

 

hideは、90年代のビジュアル系全盛期を創ったとも言われている。

 

 

全然追ってなくてよく知らなかったけど、
SUGIZOX JAPANに加入してたらしい。
 
“hideのチャネラーのようにX JAPANのステージに立ってる”とか。
 
SUGIZOとhide、別々に気になってシンクロしたもの同士が繋がっていくのもまた面白いシンクロ。
 
 
 
 
 

須藤元気

 

 

自分自身、昨年6月に高幡不動尊でミニお遍路をした後、

釈迦三尊像の前で一つの気付きを得た。

その後の生活にも劇的な変化があった。

 

10年前にバシャールとの対談本も出している。

「バシャールVS須藤元気」対談が実現!「バシャール スドウゲンキ」

 
当時格闘技ブームの時に、K-1 MAXで魔裟斗山本KIDたちと格闘家として第一線で活躍していた。
当時自分も格闘技見るの好きで、k-1やPRIDEあたりはかなり見ていた(ヒョードル、ミルコ、ノゲイラとか熱かった)。
引退後はWORLD ORDERというユニットを立ち上げて活動していたのは知っていたけど、特にYouTubeに力を入れていたようで、これが海外で注目されているらしい。
中には2000万回も再生されている動画もある。

 

格闘技の試合後に掲げていたWE ARE ALL ONEの旗も、WORLD ORDERのPVに出てくる。

 

2000万回以上再生されている「HAVE A NICE DAY」のコメント欄には、

色んな国から1万件以上ものコメントが(2018年11月時点)。

 

それで、このツイートのわずか1時間半後、須藤元気氏本人が再生2000万回突破についてツイートするというシンクロが…。

 

4年前にアップされた動画の2000万回再生に、本人がツイートする直前にたまたま気付いてツイートできる確率ってどのくらいだろう。

見えない部分で繋がってる集合意識の存在?

やっぱり何らかの未知なる力の存在を感じざるを得ない。

 

しかも、本人のアカウントのホーム画面に、思いっきりWE ARE ALL ONEの旗の画像が掲げられている(念のため言っておくけど、須藤元気のアカウントに気付いたのはWE ARE ALL ONEに言及した後)。

 

感度の高い人たちは、早いうちから世界へ出て平和へのメッセージを呼び掛けている。

宇宙と調和すれば、自然と自分たちの使命に気付くのかもしれない。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

 

以前書いた、日本人は地球を統合させるために創造された説にも信憑性が出てくる。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 

世界の平和は、どれだけ多くの日本人が彼らの姿から受け取り、自らが選んだ使命を思い出し、どう行動していくかに掛かっているのかもしれない。

 

 

須藤元気さんは、朝晩と1日2回瞑想をしているとか。

ただ、ユリゲラーと対談して以降はスピリチュアル系の話しはあえて封印しているらしい。

 

 

斎藤一人

銀座まるかん創業者の斎藤一人さんという方がいます。

かつて長者番付12年間連続10位以内(現在は長者番付は廃止)。

実質手取り額で日本一の方。

斎藤一人 - Wikipedia

 

 

YouTubeでもたくさん動画が上がっていて、

話を聞いていると光の玉と交信していた旨の発言がある。

この動画の6:30~

www.youtube.com

 
その光の玉から、人間が死ぬとどうなるか教えてもらったらしい。
 
 
斎藤一人さんが光の玉から教わったという天国言葉の言霊
愛してます 
ついてる 
うれしい 
楽しい 
感謝してます 
しあわせ 
ありがとう 
ゆるします
 

 

 
 
一言でチャネリングと言っても、
人間に様々な性格の人がいるように、
高次元の意識体も様々だと言われている。
 
どの意識体にチャネリングするかは、自分の周波数をどこに合わせるかによって変わってくるようです。
 
以下は、引き寄せの法則で有名な、
エイブラハムの感情22段階

f:id:utyuu_no_housoku:20181122140510j:plain

 
エイブラハムとは、アメリカのエスターヒックスという方が、瞑想中にコンタクトを取るようになった高次元意識体。
エスターヒックスさんは、引き寄せの法則で、日本でも少し前にブームになった。
 

感情に従うことの大切さが書かれている。

実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川

実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川"を下ろう (引き寄せの法則シリーズ)

 

 

エスターヒックスさんの引き寄せの法則のDVD映像。

最初にめちゃくちゃデカい大型バスのキャンピングカーで登場する。

www.youtube.com

 

引き寄せの法則 ヴォルテックス (2枚組) [DVD]

引き寄せの法則 ヴォルテックス (2枚組) [DVD]

 

 

 

アレックス・コリアー

アンドロメダ星人とコンタクトしたというアレックス・コリアー氏
動画の56:37~1:38:42にアレックスコリアーのインタビューあり
 
 
解説はnaokimanが詳しい
 
 
10/24、10/25にも8を観測
 
 
タツムリシンクロ
※数日前に見ていたガンジーについての動画のタイトルがカタツムリだった。
 
 
福原愛シンクロ

 

 

太陽と月~猿田彦と月読~

10/26フォローされたアカウントの誕生日が8月8日

f:id:utyuu_no_housoku:20181120164433j:plain

 
 
 
家の車が親の仕事で使えず、足がなく遠出ができなかった。
普段バイクに慣れててフットワーク軽いので、足がないとかなり不便を感じる。
バスで移動し、青森駅の方へ。
善知鳥神社に立ち寄る。
 
 
 
青森市は、元々善知鳥村という地名だったとか。
 
猿田彦とキリストは同一人物説がある。
 
猿田彦と月読は、青森市内の祖父母の家の近所の神社にも祀られていた。
 
十和田神社の灯籠にも
 
東京都内の神社の灯籠にも同様のシンボルが見られる。
 
井の頭弁財天
 
 
 
 
というような形で、
神社には太陽と月のマークが見られることが多い。
 
 
以前の記事で書いた、君が代ヘブライ語

君が代の部分は動画の12:28~

 

これらは、日本人は地球を統合させるために創造された説を補強するものであり、
日本の神社に、統合の象徴が描かれていることにも繋がる。
 
 
日本人は二元性を統合させる特性に長けている説

 

 

大麻の形のミステリーサークルにも(右の〇に・が月という意味らしい)
 
 
 
 
善知鳥神社の近くで、
“テントむし”シンクロ

 

 
 
 
キャンピングカー調べてるとATキャンパーの秘密基地さんの動画に高確率でヒットするから結構見ている。
ソーラーパネル付けたいと思ってたら付けたし。
 
よく見ると、車体に23の数字が…

f:id:utyuu_no_housoku:20181122180048j:plain

f:id:utyuu_no_housoku:20181122180107j:plain

 
23はシリウスナンバーだけど、偶然なんだろうか。
 
 
この後もシンクロが続く。
 
 
その後、青森市内をぶらついてたら、
子どもの頃に車の中から見て、ずっと気になっていた三角の形の建物を発見。
調べたらアスパムという観光物産館らしい。
 
 
 
またまたATキャンパーの秘密基地さんのYouTube動画で、
同じ青森県内にあるキリストの墓にも、謎のピラミッド型モニュメントがあった。

 

 
 
フィボナッチも宇宙の法則だと思うので、
研究したいテーマのひとつ。
 
 
ATキャンパーの秘密基地さんとはシンクロ続きですが、
実はこの一週間後に急遽参加することになった長野のキャンパーフェスに行った際に、実際にお会いすることになってびっくり。
 
しかも、主催者が上で書いたディーゼルエンジンの廃油トラックキャンパーを実践してる人。
さらに上で書いたKEN'SキャンプTVのケンケンさんや、
パーマカルチャーの有村さん、臼井さんも来ていた。
自分の中ではシンクロオールスターだったけど、人には伝わらないことなのでなかなかもどかしい。
このイベントについては別に記事を書きたいと思う。
 
 
 
観光物産館アスパム中では、ねぶたをバックに津軽三味線の演奏会が行われていた。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20181120222225j:plain

 
 
津軽三味線と言えば少し前に吉田兄弟が活躍していたけど、
YouTubeで色々聞いてるとエッジの効いた音でかっこいい。
 
バスタブが置いてあるのが芸術性高い
ある意味西洋の文化との融合

 

フレットないのに三味線でハモれるのがすごい

 
 

岩木山神社とUFO

10月27日
岩木山といえば、奇跡のリンゴの木村さんのリンゴ農園の近く。
昔からUFOの目撃情報が多いらしい。
 
木村さん地震もUFOに誘拐された体験談を話してる。
(木村さんは2つめの動画)
 
 
 
 
UFOに誘拐された際、宇宙人からUFOの動力源はケイ素だと言われたとか。
 
 
 
リンゴ農園を横目に、岩木山神社に到着。
参道は緩やかな登り坂で、楼門もあって、日光東照宮に似た雰囲気があった。
実際に外観が似ているとして「奥日光」とも呼ばれているという。
 
次第に雨が強まる中、本殿と白雲大龍神を参拝。
 
 
丁度奉納行事のようなものをやっていた。

f:id:utyuu_no_housoku:20181121175844j:plain

 
 
帰り途中に浪館の道の駅に立ち寄る。
車も多く盛況だった。
 
 
帰った後にどの辺りを通ったかGoogleマップで確認していたら、
浪岡の道の駅の近くに“いじめ中学校”という表記が目に付く。
 
 
 
調べてみると、正しくは青森市立浪岡中学校で、
この中学校でいじめが原因で自殺した生徒がいることが関係しているらしい。
 
これ、ツイートした時は気付かなかったけど、
サイトのアイキャッチ画像が
 
 
 
 

三内丸山遺跡縄文人と龍型シリウス人~

10月28日
三内丸山遺跡は、1994年に栗の6本柱が発見されたことにより、
当初予定されていた野球場の建設が中止となり、本格的な発掘が始まった。
過去最大級の規模の縄文遺跡で、当時教科書の内容が変わるくらいの発見。
 
自分は1996年に一度来ていて、
夏休みの自由研究で三内丸山遺跡を取り上げた記憶がある。
その時以来、22年ぶりの三内丸山遺跡
 
当時どうだったか忘れたけど、着いて入場料が無料なことに驚いた。
丁度ボランティアガイドの人がガイドをしてくれるらしく、
希望の人は指定場所に集まるようにアナウンスがあった。
せっかくなのでガイドさんに案内してもらった。
 
遺跡内では当時の道がそのままの道幅で再現されていた。
道は真っすぐの直線ではなく、あえてカーブさせていたという。

f:id:utyuu_no_housoku:20181121181349j:plain

上で紹介したパーマカルチャーの臼井さんの話しを思い出す。
 
現代の建物は直線で男性的な感じ
男性的なものというのは合理的で作りやすい
でも自然界は非常に曲線が多くて、安定感と美しさがある。
ガウディ、フンデルトヴァッサー、ライト、シュタイナー
色んな人が曲線を多用している。
本来自然界は曲線で成り立っている。
ライトなんかは自然界に直線はないんだと言ってるくらい。

 

 
 
三内丸山遺跡は、他の縄文の遺跡の中でも土偶などの出土が突出して多いなど、祭祀が執り行われていた形跡が多くあるらしい。
 
 
 
武器が見つかっていないこと、遺骨などを見ても争った形跡がない(弥生以降には頭蓋骨に矢が刺さった跡がある)ことなどから、
平和な時代だったことがわかっている。
 
また、翡翠(ひすい)などの副葬品を伴う人骨は出てきているが、
大きい墓がなく、王墓のような突出した墓ではないことから、
支配者はおらず、集落の長老や代表などリーダー的存在の人物がいたのではないかとのこと。
 
会社でもなんでも、ピラミッド型のヒエラルキー構造の現代とは全然違ったようです。
 

f:id:utyuu_no_housoku:20181121182142j:plain

 
竪穴住居や高床式のものもある。
住居の支柱には栗の木が使われている。
一番大きいもので32m×10mもあるものが復元されていた。
栗は計画立てて栽培されていたらしい(遺伝子の配列が天然のものと栽培されていたものだと異なるとか)。
 
 

f:id:utyuu_no_housoku:20181121182343j:plain


f:id:utyuu_no_housoku:20181121182435j:plain

f:id:utyuu_no_housoku:20181121182654j:plain

f:id:utyuu_no_housoku:20181121182732j:plain

 
この六本柱の建物は、柱の直径が1m。高さもかなりある。
少し内側に向いている。
当時これだけのものを建てる技術があったということ。
 
現在はこの大きさの栗の木は日本にはないため、復元するためにロシアに生えていたものを譲ってもらったらしい。
祭殿、もしくは物見やぐらに使われていたのではないかとのこと。
 
 
 
これらの建物を見ていて思い出すことがある。
就職して最初の配属が公共の児童館だったこともあり、
毎年夏に公園でやる野外行事に携わっていた。
市内の木材屋で集めた廃材を使って、
小学生を対象に、中学生、高校生、大学生、大人のボランティアの協力の元、
みんなで1週間かけて小屋づくりをして、最終日にその小屋に泊まるというもの。
 
 
もう10年前くらいだけど、探したら当時の写真があった。
グループで作った高床式の小屋

f:id:utyuu_no_housoku:20181121230428j:plain

 
 
ターザンロープのための建物も作った。
穴掘りは、すっぽり背丈が隠れるくらいまでの深さまで掘った。
真夏の炎天下の作業はかなりきつく、古代の奴隷になった気分だった。

f:id:utyuu_no_housoku:20181121230016j:plain

 

結構太い丸太を使用

f:id:utyuu_no_housoku:20181121230029j:plain

 
支柱建ては数人掛かり

f:id:utyuu_no_housoku:20181121230807j:plain

 

f:id:utyuu_no_housoku:20181121230925j:plain

 

固定はボランティアの大工さんに協力してもらった(雷の鳴る中での作業)

f:id:utyuu_no_housoku:20181121231105j:plain

 

足場も作って、ターザンロープの土台の完成。

結構高さがある。

f:id:utyuu_no_housoku:20181121231309j:plain

 

と、当時を振り返ってみたら、

高床式の小屋といい、物見やぐら的な建物といい、

今思えば思いっきり縄文人的なことをやっているシンクロ…。

 

 

そして、当時資材の運搬のために運転していた車。

 

 
市内の小学生から公募した絵を描いたものだったけど、
改めて見るとの絵が描かれていた。
 
 

 

 

三内丸山遺跡の話しに戻る。

 

ボランティアガイドさんのガイドが終わって、敷地を歩く。
さっきまで少し降っていた雨も上がっていた。
なんとなく人のいない、敷地の端の方の少し高地になっている方へ歩いていく。
 
振り返って空を見たら…
 
 
 
9月に東京国立博物館へ縄文展を観に行ったときにも、
博物館前の広場でを見た。

 
 
虹は龍神のサイン
 
 
ここで思い出すのは、縄文人は 龍型シリウス人と交信していたという話。
 
 
上のサイトから引用
三輪山の山頂で交信した龍型シリウス人は、大物主(おおものぬし)という神である。
この時、実際の人間で地元の王は大国主(おおくにぬし)という神であった。
しかし大国主は国造りで相棒を失い、途方に暮れていると、海の彼方から光り輝く生命体がやってきて言った。
「私はあなたの非物質の部分です。禁物質界に具現化したのがあなたです。」
つまり物質界に具現化したのが大国主で地元の王であり、その非物質バージョンが大物主神である。
大国主は、龍型シリウス人が物質界に具現化したものだという。
 
縄文人は、龍型シリウス人を、龍神、あるいは蛇神ととらえていた。
 
それらを踏まえると、大国主が祀られている、
 
 
これらに関連して虹が出現したのは、龍型シリウス人からのサインである可能性が高いと言えるのではないだろうか。
 
 
 
 
 
 
日本人の起源がシリウスにあったとする説は以前ブログに書いたとおり
 
 
去年から、弁財天や瀬織津姫関連の神社でもよく現れる虹もシリウスに繋がる。

 

 

 
青森の岩木山神社津軽富士と呼ばれているらしいけど、
以前、須藤元気さんがやりすぎ都市伝説に出演した際に、
東京タワーと富士山について興味深い話しをしていた。

 

それで、ピンときたことだけど、

縄文時代には先端で、そこから先は海だったという立地は、三内丸山遺跡も一致している。

東京タワーが古墳で、周辺に宗教施設やパワスポが多いという点も、

三内丸山遺跡土偶などの出土が突出して多いなど祭祀の形跡が多くある点と共通する。

東京タワーに当たるものが、三内丸山遺跡の六本柱建物にも見えるし、

東京タワーのすぐ下には蛇塚というパワースポットがある。

 

matome.naver.jp

※蛇塚は現在、都の改修工事のため2020年3月まで立入禁止なので注意)。

 

 

さらに岩木山津軽富士とも呼ばれ、富士山と同様に山岳信仰の対象とされていた。

地図上で比べてみると、方角など同じような雰囲気がある。

 

この共通点は何を意味するのか?

日本人のDNAがそうさせているのか(でも東京タワーの建設はGHQらしいけど)

東京タワーのすぐ下にフリーメイソンの日本総本部があるのも気になります。

 

 

 
10月29日
翌日、青森駅方面へ行ったら、
歩道の脇に遮光器土偶銅像が立っていた。
Twitterでフォロワさんがプロフィール画像にしていて気になっていた。
実物は片足が欠けて無いけど、両足のある完全体。
 
 
 
 
これ、写真撮った時には気付かなかったけど、
後からよく見たらminiminiの旗にも虹が描かれてる。
 
 
 
 
 
その後、青森湾沿いのアスパム観光物産館の方へ(この旅2回目)
 
 
 
 
海の方に目をやると、またまた虹が!!
 
 
 
 
 
 

スサノオとツキヨミの復活。アマテラスと統合する?

10月30日
青森には一週間程の滞在で、東京へ帰ることになった。
 
 
青森駅で新幹線を待っている際、スサノオのねぶたを発見。
 
逸話を調べると、やたら8が関係してる、
 
 
 
そういえば、夏に近所のスサノオが祀られてる神社に寄った際にも、
境内にも8にまつわる神が祀られていたし、

 

 
神社の目の前でも8888ナンバーの車が横切った。
 
 
スサノオと言えば出雲王朝を開いたとも言われていて、
大国主スサノオの子孫だとか、娘婿だとかいう説がある。
 
 
スサノオで思い出したけど、
今年の6月頃に、ふと昔から知ってるバスケ選手が島根スサノオマジック入りしたことを思い出してツイートしたら、
 
 
丁度、同時期に、ドクタードルフィン松久さんが、壱岐島スサノオ、ツキヨミの復活に立ち会った(神事?)という動画がアップされていた。
 
 
半田広宣さんのヌーソロジーにもこれと関連する表現がある。
 
スサノオとツキヨミが復活して、アマテラスと統合する…
プレアデスとシリウスが復活して、オリオンと統合する?
 
 
これは、下記の地球再生計画の記事でも取り上げた、
靖国神社素戔嗚尊(スサノオ)の魂が出来上がっていて、
伊勢神宮天照大神(アマテラス)と融合させて新たな生命体を創っている。
これが地球再生後の新たな神的生命体。

という内容にも繋がる話し。

utyuu-no-housoku.hateblo.jp

 
 
 
蛇、虹、龍は大国主だけでなく、スサノオの象徴とする説もある。

 

東京から青森へ行く新幹線では、西側(日本海側)の座席だったが、

青森から東京へ帰る新幹線では、東の窓際(福島側)に座っていた。

Twitterを見ていたら、こんなツイートが流れてきた。

 

地を這うようなすごい虹。

福島側を見ていたが、山にさえぎられていたせいか肉眼では見えず。

 

大宮で888万円の家の看板を発見。
 
 
青森の旅も8ゾロ目で始まって8ゾロ目で終わる。
たくさんの虹といい、シンクロといい、龍神の気配を感じられた旅だった。